カープ森の粘投で連敗を2で止め、再び首位と1ゲーム差へ!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0120

本日のDeNA戦は4-2でカープが勝ち

チーム
DeNA 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2
広島 1 1 0 0 0 0 0 2 × 4

 10連勝後、引き分けを挟み3連敗中のカープ、今日は、森を始め投手陣が踏ん張ると、打線も効率よい責めで4得点、11安打のDeNAに対し6安打のカープが競り勝ち、連敗を3で止めると、首位阪神が敗れ、再びゲーム差を1にしています。

 

スポンサーリンク

森はいつもの粘投

 今日の先発は森でした。

 森は不思議なもので、ある程度、打たれますが、打線の援護に恵まれ勝ちを拾っています。

 今日も、初回は三者凡退も、2回、先頭の牧にヒット、ただ、佐野をダブルプレー。

 3回、先頭にヒットを許し、濱口に送られるも、後続を断ちます。

 ただ、続く4回、先頭から4連打で1点を奪われ、なおもノーアウト満塁でしたが、大和、山本、濱口を打ち取ります。ここは1点でよく凌いだと思います。

 5回は、三者凡退、また、プロ入り後初めて6回も登板し、ツーアウトランナーなしから大田にツーベースを打たれ、続く大和に12球粘られますが、最後は三振に抑えます。

 結局、6回、投球数85、被安打8、奪三振3、失点1でした。

スポンサーリンク

リリーフはターリー、島内、矢崎

 7回から継投に入ります。

 7回、ターリーはツーアウト1,2塁のピンチを招くも、宮崎を三振。

 8回、島内は三者凡退。

 ただ、9回矢崎は乱調でした。

 先頭の大和にフォアボール、梶原にタイムリーツーベースを打たれ1失点

 更に楠本フォアボールで、ノーアウト1,2塁の大ピンチ。

 ただ、桑原をセカンドゴロダブルプレー

 これは大きかったですね。

 更に、関根をショートゴロで締めています。

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、菊池、野間、秋山、上本、坂倉、堂林、小園、末包、森でした。

 今日も昨日と同様、ピッチャー以外は同じメンバーでしたね。

初回に先制

スポンサーリンク

 今日も先制はカープでした。

 先頭の菊池がヒット、野間がフォアボールでノーアウト1、2塁。

 秋山の併殺崩れでワンナウト1,3塁から、上本が先制タイムリー

 しかし、秋山は重症ですね。 

2回に追加点

 続く2回も先頭の小園がツーベース。

 末包の進塁打でワンアウトサード、ここで森がショートゴロ。この間に小園がホームインして2点目。

 小園もよく走りましたね。

8回にも2点

 8回は、ワンナウト後、野間がフォアボール、秋山が倒れるも、上本がレフト前ヒット、坂倉フォアボールで満塁。

 ここで、代打、松山はピッチャーのグラブを弾くショートへの内野安打で1点

 更に小園のタイムリーでこの回2点目

 

最後に

 今日はDeNA相手に11安打打たれながらも、投手陣が要所を締め、6安打で4得点のカープがカープが勝ちました。

 これで首位阪神とは再び1ゲーム差になっています。

 しかし、6連戦が続くこの8月、投手陣もアップ、アップになるでしょうし、打線の奮起が必要になります。

 西川やマクブルームの復帰が待たれますね。

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 阪神時代、16歳と117日での初登板という、戦後最年少での公式戦出場記録を持ち、1982年、カープに移籍すると、登板中、6基の照明灯がすべて停電になるという前代未聞の事態に巻き込まれ、現役引退後は、カープアカデミーで指導者としても活躍した古沢憲司氏

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました