ピレラに続きクロンが韓国球界入りへ!!

スポンサーリンク

カープをクビになったクロンが韓国球界へ

 今シーズン、カープに入団したものの、期待外れの成績に終わり戦力外となったクロンが、来シーズン韓国SSGランダースに入団するとの報道がありました。昨シーズン退団したピレラに続き、2年連続でカープを退団した助っ人が韓国球界入りすることになります。

スポンサーリンク

クロンの契約について

 報道によると、SSGランダースは、クロンと総額100万ドル(契約金15万ドル、年俸60万ドル、インセンティブ25万ドル)で契約した模様です。

 カープは、今シーズン、クロンに対し、契約金30万ドル、年俸80万ドル+出来高払いで契約していますので、それよりはかなり低く抑えられていますね。

 ただ、今シーズンのクロンは、42試合に出場し、打率231、ホームラン6本、打点16と、期待外れの成績ですから、出来高はそんなに支払われなかったと思います。

スポンサーリンク

韓国で大活躍したピレラ

 昨シーズンは、クロンと同様にカープを1年で退団したピレラが韓国球界入りしています。

 ただ、ピレラの場合、クロンと違い、99試合に出場し、打率266、ホームラン11本、打点34ですから、クロンよりは活躍しました。まだ1年目ですし、てっきりスコットがクビでピレラは残留かと思ったのですが、どうも年俸で折り合いが付かなかったようです。

 今シーズン、ピレラは、韓国サムスン・ライオンズに入団し、140試合に出場、打率286、ホームラン29本、打点97と大活躍しています。

 カープ時代は、朝山コーチが、彼は、超積極的な1番打者として面白いなど、訳のわからないことを言い、開幕から1番を任されたものの、盗塁をしない、四球も選ばないということで出塁率も低かったですね。

 ただ、1番を外れてからは、慣れもあり、徐々に良くなったような気がします。守備でも走塁でもがむしゃらにプレーはしていまし、もう1年、カープでも良かった気はします。

スポンサーリンク

過去、カープから韓国球界入りした助っ人は

 昨シーズンのピレラ、今シーズンのクロンと2年連続して、カープから助っ人が韓国球界入りしますが、過去には、2002年、カープを退団し、クロンと同じく韓国SSGランダースに入団したディアスを思い浮かべます。

スポンサーリンク

 ディアスは、カープで4年プレーしましたが、最終年は96試合に出場し、打率280、ホームラン17本、打点51をマークしました。ただ、故障の影響で前年より成績を落とし、こちらも年俸面で折り合いがつかなかったため退団しています。

 ディアスの場合、韓国では2年間プレーし、通算182試合に出場し、打率262、ホームラン29本、打点89の成績を残しています。

クロンは活躍できるか

 韓国の報道によると、クロンについては同じく日本球界を退団してSSGで今シーズンまで活躍した元横浜のロマックを連想しているようです。

 ロマックは、2016年、横浜で30試合に出場し、打率113、ホームラン0本、打点2と期待を裏切りましたが、韓国では5年間在籍し、通算626試合に出場、ホームラン155本を記録しました。

 ロマックが引退するため、その背番号もクロンが引き継ぐようですね。

 ただ、クロンが活躍できるかどうかはわかりません。クロンは、打撃コーチからアドバイスを受けても受け入れようとしませんでした。

 ピレラのようにがむしゃらにプレーすれば、いい結果は出るかも知れませんけどね。

韓国球界と日本球界ではアテにならない

 カープの場合、カープを退団した選手が韓国でプレーすることはあっても、韓国でプレーした選手を受け入れることは少ないですね。

 他球団、特に阪神あたりは、韓国球界で大活躍した選手を大金叩いて獲得していますが、あまりフィットしていません。2018年、球団史上最高の3億4000万円という高年俸で獲得したロサリオは、打率.242、8本塁打、40打点に終わり、1年で退団しています。

 やはり、助っ人は来てみないとわかりませんね。

(良かったらクリックお願いします)↓ 😛 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ PVアクセスランキング にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました