集中力の切れた巨人とノビノビ野球のカープ 4連勝!!

スポンサーリンク

本日の巨人戦は7-1でカープの勝ち

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
広島 2 0 1 1 0 1 2 0 × 7

 昨日、投打ががっちりかみ合い3連勝を飾ったカープ。今日は左腕高橋昂也を先発に立てました。高橋昂也は、ランナーを許すものの要所を締め得点を与えません。一方、打線は見事につながります。もはや巨人は集中力の切れたようなプレーも目立ち、ノビノビ野球をするカープとの差は歴然でした。7-1でカープが完勝です。

スポンサーリンク

高橋昂也は粘りのピッチング

 先発、高橋昂也はランナーは許すものの、要所を締めたピッチングを見せてくれました。初回、ワンナウト1,2塁を岡本三振、丸レフトフライ、2回も先頭を許すもダブルプレー、そして一番のピンチは5回でした。各打者に粘られ先頭岸田を四球、続く若林を三振に抑えたものの、松原に四球でツーアウト1,2塁。ここで廣岡をレフトフライ、坂本を三振に仕留めました。

 四球は出しますが、打者に向かっていっていましたね。低めへのカットボールも有効でした。

 結局、5回、球数105、被安打4、奪三振5、与四球3、失点0の内容で降板しています。これで5勝目(7敗)を挙げています。

 今シーズンはあと2つ勝って、せめて勝ち星と負け数を同じにしてほしいですし、また、次回以降はもう少し長いイニングを投げてほしいものです。

スポンサーリンク

リリーフはケムナ、高橋樹也、島内、コルニエルと繋ぐ

 6回からはケムナ、7回高橋樹也、8回島内、9回はコルニエルと繋ぎました。コルニエルは丸にホームランを浴びて失点しますが、3投手は無失点でしのぎましたね。

 ただ、ケムナは岡本の走塁ミスに助けられた感があります。先日のバンテリンドームでも9回出てきてピンチを招き、栗林に交替したシーンがありましたし、9回被弾のコルニエルとともに、僅差の試合に登板させるのは厳しいでしょう。

 場合によっては2軍で調整させてみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

打線は多彩な攻撃で得点を重ねる

スポンサーリンク

 打線は初回から繋がりましたね。ツーアウトランナーなしから西川がヒット、鈴木誠也が三塁線を抜くツーベース、これを若干ウイラーが処理をもたつき、長期西川がホームイン。更に坂倉も続き2点目。3回は先頭の宇草が3塁打で出塁すると、西川のセカンドゴロの間に1点。4回は先頭の坂倉が四球で出塁すると、菊池とのヒットエンドランが決まり1,3塁、ここで林が犠牲フライ、6回は菊池をランナーに置いて代打松山がサードベースを直撃するラッキーなヒットで1点。7回はワンナウト1,3塁から坂倉が2点タイムリーツーベース。

 この試合、エンドランあり、犠牲フライあり、また、菊池は1塁へヘッドスライディングを見せるなど、強い時期のカープを彷彿させる攻撃でした。

鈴木誠也と坂倉が首位打者争い

 昨日までで、セリーグ首位打者は鈴木誠也、2位が桑原、3位が坂倉となっています。今日、鈴木誠也、坂倉ともに3打数2安打で、鈴木誠也は321、坂倉は317と打率を上げています。横浜の桑原は今日ノーヒットで314に落としていますので、4位近本の状況次第では1位、2位とカープの選手が独占することになります。

 鈴木誠也の前後の打者の出来が得点力に大きく影響すると言われていましたが、5番に好調の坂倉が座っていることで得点力も高まっているような感じです。

 このまま、どちらかが首位打者を獲ってほしいですね。

巨人は緊張感が切れたプレー、一方のカープはノビノビ

 巨人は、6回、ノーアウトランナー1塁で、丸の打球を西川が好捕。ランナー岡本は2塁ベースを回っており、慌ててファーストベースに戻りますが、何とセカンドベースを踏まずに帰塁したということでダブルプレーになります。

 敵チームのことをあまり悪くいいたくはありませんが、巨人は簡単に三振したりする選手もいますし、何か元気がないように感じます。一方のカープは、何かふっきれたのか、多彩な攻撃も見せますし、ノビノビ感が伝わってきました

明日は森下が先発

 明日は、侍ジャパン森下が先発します。ご承知のとおり後半戦、まだ勝ち星がありません。ここは勢いに乗って何とか勝ち投手になってほしいですね。

(良かったらクリックお願いします)↓ 😀  

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ PVアクセスランキング にほんブログ村
広島東洋カープランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました