カープ、ベンチ入り選手全員使い切る総力戦も延長12回ドロー

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0133

本日のヤクルト戦は7-7の引き分け

チーム 10 11 12
ヤクルト 2 0 2 3 0 0 0 0 0 0 0 0 7
広島 6 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 7

 昨日はヤクルトびいきの主審相手も、デビットソンの2発などで4カード連続勝ち越しを決めたカープ、しかし、今日は先発黒原が大乱調、初回、2点を奪われますが、その裏、打線がツーアウトランナーなしから6点を奪う猛攻で逆転、しかし、黒原は立ち直れず、2番手森浦も乱調で再逆転されるも、8回同点に追いつくと延長戦へ。カープはベンチ入りの選手すべて使い切るという総力戦、7-7の引き分けに終わっています。

 

スポンサーリンク

黒原は進歩せず

 先発は約2か月振りの一軍登板となった黒原でした。

 しかし、前回、交流戦でロッテ相手に5回もたず5失点で負け投手になって以来、全く変わっていませんでしたね。

 初回、ワンナウト後、青木にツーベース、ワイルドピッチでランナーサードへ。ここで山田を打ち取ると、村上をフォアボール、サンタナに2点タイムリーツーベースを浴びます。

 しかし、今日もボール先行で制球が悪かったですね。

 2回も先頭の丸山にヒット、高橋に送られるも、武岡を三振、ただ青木にフォアボール、山田を何とか三振で無失点に切り抜けます。

 しかし、3回、ワンナウト後、サンタナにツーベース、オスナは打ち取るものの、古賀にヒット、丸山に2点タイムリーツーベースを許します。

 結局、3回、投球数62、被安打6、奪三振3、与四球3、失点4という内容でした。

 今日は期待していたのですが、前回と全く変わっていませんね。

 残念ですが明日には2軍落ちでしょう。

スポンサーリンク

2番手、森浦も期待外れ

 2番手で登板した森浦ですが、こちらも期待外れでしたね。

 4回、武岡を三振に打ち取るも、青木、山田に連続フォアボール、村上は打ち取るもサンタナに痛恨のスリーランを打たれます。

 森浦も相変わらずの制球難、フォアボール、フォアボール、一発ホームランですからね。

 たまったもんじゃありません。

 森浦も即刻2軍落ちでいいでしょう。

スポンサーリンク

3番手以降は何とか踏ん張る

 3番手以降は何とか踏ん張りました。

 5回、益田も先頭を歩かし、ツーアウトランナーセカンドから武岡にライト前ヒットを打たれるも、末包の好返球で本塁タッチアウト

 6回、大道も先頭を歩かせ、山田を三振に仕留めるも村上にツーベースを打たれます。ただ、ここも見事な中継プレーで本塁タッチアウト

 7回、中崎は先頭のオスナにヒット、古賀に送られるも、丸山を打ち取り、代打川端フォアボールも武岡を打ち取ります。

 8回、アンダーソンは好守備もあり三者凡退。

 9回、栗林も三者凡退、10回島内は先頭の丸山にヒット、内山に送られると、武岡を三振、続く長岡への打席でワイルドピッチ、ここでランナー丸山が本塁を狙うも、ホームタッチアウト

 これでこの試合、3回目の本塁タッチアウト

 11回、最後に残っていたアドゥワが登板します。

 この回、ワンナウトからランナーを許すも後続を断つと、12回も三者凡退に抑えます。

 アドゥワはしばらく見ないうちに、やや横から投げるフォームに変えていますね。

 ここは最後の砦、良く投げました。

今日のスタメン

 今日のスタメンは、菊池、野間、小園、西川、デビットソン、坂倉、堂林、末包、黒原でした。

スポンサーリンク

 今日は再び、デビットソンを5番に上げてきました。

初回、ツーアウトランナーなしから6点

 打線は2点先制された直後の1回、ツーアウトランナーなしから反撃します。

 小園がヒット、西川フォアボール、デビットソンデッドボールで満塁。ここで坂倉がセンターへ2点タイムリーツーベースで同点、更に堂林フォアボールで再び満塁。

 ここで末包が右中間への満塁ホームラン。

 この回はツーアウトランナーなしから見事な攻撃でしたね。

2回以降、チャンスを作るも

 ただ、2回以降はチャンスを作るもホームが遠い状況が続きます。

 特に7回、先頭の菊池がツーベース、暴投でノーアウトランナー三塁。しかし野間がファーストゴロ、小園が三振、西川がセカンドゴロ。

 ここで得点できなかったのは痛いですね。

 8回も先頭のデビットソンがショートゴロエラーで2塁まで進塁。

 ここで坂倉が送ると堂林が詰まりながらもタイムリーでようやく同点に追いつきます。

12回の攻撃も

 延長12回、ツーアウトランナーなしから坂倉がツーベース、堂林申告敬遠で1,2塁。

 坂倉には羽月、堂林には中村奨成が代走に起用され、代打磯村

 これでこの試合、ベンチ入りの選手全員を使いきります。

 ただ、磯村は、ショートへ深い打球を放つもサードをオーバーランしていた代走羽月がタッチアウトでゲームセット。

 これは惜しかった。

 しかし、ファーストランナーまで代える必要があったのか

 もし、磯村に頭部死球でもあって退場すれば、代わりの選手はいませんし、磯村が出塁すると、矢野のところで中村奨成を代打でも良かったような気がします。

 

最後に

 この試合、延長12回、投手も野手も使い切るという、今まで見たことのない総力戦でしたが、残念ながら勝つことはできませんでした。

 残り試合数が少ない中、引き分けではダメなんですが仕方ないですね。

 しかし、今日は黒原、森浦の2名が全く期待外れでした。

 初回、6点を奪っただけに、もったいなかったですね。

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 まだ、「トレーナー」という言葉が定着していなかった1963年、カープに加入すると、東京オリンピックで遭遇した、アメリカのトレーナーが実践していたケア方法を取り入れるほか、肩や肘をケアするアイシングをいち早く日本球界に持ち込むなど、時代のパイオニアとして活躍、2020年まで58年の長きにわたり、裏方としてカープを支えた福永富雄氏。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました