カープAクラス浮上へ、今週は上位2チームとの直接対決!! 気になるポイントは 

スポンサーリンク
雑感

今週は阪神、横浜DeNAとの6連戦

 先週は、主力がコロナ不在のため最悪6連敗も覚悟しましたが、27日から菊池ら少しづつメンバーが戻り、3勝3敗で終え4位に浮上したカープ今週は3位阪神、2位横浜DeNAとの直接対決となります。ここで叩けばAクラス入りに向け大きく前進するだけに、目の離せない戦いとなりそうです。

 

スポンサーリンク

先発陣は相変わらず頭痛のタネ

 先発投手陣に関しては、大瀬良が大不振、床田が骨折とコロナに関係なく離脱、アンダーソンも上半身の違和感があるところにコロナ感染という状況にあり、今週もこの3人抜きに戦うことになりそうです。

 先週は森下、九里が先発した試合を落とし、どうなるかと思いましたが、野村、遠藤がまずまずのピッチング、玉村は立ち上がり不安定も何とか持ちこたえましたが、大道は相変わらずの背信投球で本日抹消されました。

 森下、九里、野村、遠藤が本来の投球を見せ、玉村が粘り、大道に代わる薮田か高橋昂也あたりが踏ん張ってくれると、道は開けるのではないかと思います。

スポンサーリンク

リリーフ陣

 リリーフ陣に関しては矢崎が戻ってきたのが大きいですね。

 8回矢崎、9回栗林は確定でしょう。となると問題は7回に登板する投手ですね。

 先日、森浦が巨人の主軸相手に3者連続三振と、素晴らしい投球を見せてくれました。これが本物ならば、大きな戦力になるでしょう。また、ターリーもそこそこの内容でした。

 ですから、この二人のどちらかが7回を賄うことになるのではないかと思います。

 島内、松本、ケムナ、塹江あたりは、一時勝利の方程式の一角を担っていましたが、投げてみなければわかりません。

 ただ、カープのリリーフ陣は、他球団に比べ相対的に登板試合数が少ないですし、これから気温も下がってくるでしょうから、大崩れすることはないと期待しています。 

スポンサーリンク

野手はベストメンバーが揃う

スポンサーリンク

 一方の野手に関しては、コロナで離脱していた菊池、野間、小園、上本が復帰を果たしました。また、微熱が続いていた秋山も明日から復帰する見込みです。

 主力離脱中に、矢野と大盛がいい働きをしていますし、坂倉も2試合連続ホームランを放つなど一時の不調から抜け出しています。

 ですから、野手に関しては、かなり期待できるのではないでしょうか。

 スタメンについては、1番野間(大盛)、2番菊池(矢野)、3番秋山、4番マクブルーム、5番西川、6番坂倉、7番會澤、8番小園というオーダーになるのではないかと思います。

最後に

 以上のとおり、野手とリリーフ投手に関してはある程度、計算ができると思います。

 問題は先発投手でしょう。

 不思議なもので、前半戦、カープの先発6人は他球団にもヒケを取らないメンバーで、リリーフ投手陣、野手に不安を抱えていましたが、今や真逆になってしまいました。

 今週対戦する阪神、横浜DeNAに対しては、今シーズン、相性がいいチームです。しかも阪神は先週、横浜DeNA、中日に対して共にカード負け越し。横浜DeNAは阪神に勝ち越したものの、ヤクルトに3連敗を喫しています。

 今週、カープは離脱組が復帰して上昇ムード、一方の阪神、横浜DeNAは下降気味で、明るい要素もありませんので、ここはカープが叩く絶好のチャンスと思います。

 3位阪神とのゲーム差は1.5ですから、3連勝すれば3位浮上です。是非、頑張ってほしいですね。 

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました