カープ 今季退団者の明暗くっきり!!

スポンサーリンク
雑感

今季退団者の去就が徐々に明らか

 カープは今オフ、一岡が引退、岡田、薮田、三好、藤井と育成の中村来生、行木、木下が戦力外通告を受けました。その中で育成で再契約を結ぶ選手、裏方として球団に残る選手、それ以外で明暗が分かれています。

 

スポンサーリンク

育成で再出発

 まず、育成契約で再出発するのが岡田と藤井です。

 岡田はかつてのドラフト1位、手術もあり、ここ最近は1軍での登板はありませんが、故障が癒えたら、また三連覇のときに見せてくれた快投が蘇るのではないかと、期待しての育成契約でしょうね。

 また、藤井黎來は、元々育成でドラフト指名された選手で、2020年に支配下登録されると、昨年は12試合に登板しています。

 まだ24歳と若く、ちょっとのきっかけで化ける可能性もあるのでしょうね。

 ただ、育成は1年間が勝負だと思います。

 来季、結果を残さなければ、今度こそ、本当に戦力外になり兼ねません。

 頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク

コーチに就任

 コーチに就任するのが、三好匠選手です。

 守備には定評があるし、まだ若いのでてっきり2軍のコーチかと思いきや、1軍でした。

 こればびっくりしましたね。

 まだ30歳ですから、菊池などの方がはるかに年齢も高いですし、守備も当然ながら上手い。

 菊池に指導するとは思えませんが、ちょっと意外でした。

 ベテランの田中広輔、菊池への指導はないでしょうけど、林や末包などはしっかり鍛えてほしいですね。

スポンサーリンク

裏方に転身

 裏方に転身するのが、一岡選手です。

 アナリストに転身するとか。

 これは珍しいケースですね。

スポンサーリンク

 最も、一岡選手は、沖データコンピュータ教育学院出身ですから、データ分析等は得意なのかも知れません。

木下はオリックス育成なのか?

 このほか、他球団から声が掛かったのは木下でしょうか。

 まだ、正式発表はないものの、オリックスが育成で獲得するとかの報道が出ていましたね。

 木下と言えば、昨年秋のキャンプで新井監督から絶賛された選手。

 頑張ってほしいですね。

薮田などはどうなるのか

 一方、薮田は、支配下からの戦力外ながら、育成でも裏方でも声が掛かっていないようです。

 2017年には、自己最多の15勝を挙げ自身初タイトルとなる最高勝率を獲得したタイトルホルダーで、地元、広島出身の選手だけに、寂しい去り際になりました。

 先日のトライアウトで好投するも、どこからも声が掛からず。

 かつて、ファンからの野次に対し、インスタグラムで「日本人は有名人に対する敬意がない」などと英語で書き込んだことがありました。

 何か性格的なもので敬遠されているのでしょうか。

 残念ですね。

行木、中村来生も未定

 育成の行気、中村来生も未定となっています。

 育成で戦力外となると、なかなか厳しいですね。

最後に

 カープは、相変わらずトレードに消極的で、今のところ動きはありませんが、12月になり、自由契約選手の公示や現役ドラフトが行われると、また、状況に変化が表れるかも知れませんね。 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 本日、ユーチューブをアップしました。

 栄えある第1回目のカープドラフト1位選手で、1年目から一軍に出場するものの、課題の打撃力を克服できず、また、怪我の影響もあり、わずか4年間で引退した佐野真樹夫氏、ただ、現役引退後は、シニアリーグで指導すると、長男の心氏も、ドラフト指名されており、これが史上初の親子でのドラフト指名となっている佐野真樹夫氏です。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました