田中広輔は大減俸!! カープ主力組2日目は厳しい現実!?

スポンサーリンク
雑感

主力組契約更改2日目はアップなし

 昨日から始まったカープ主力組の契約更改は、2日目、田中広輔、松山、秋山の3名が交渉に臨み、田中広輔、松山が減俸、秋山は現状維持と、全員アップだった昨日と裏腹に、今日は厳しい更改となりました。

 

スポンサーリンク

田中広輔は1億2千万円減の3000万円プラス出来高

 田中広輔は、不振だった昨年を更に下回る低調ぶりで、出場は約半分の41試合、40打数8安打、打率200という結果に終わりました。

 また、2軍でも126打数31安打、打率246と低調で、この数字は石原捕手とほぼ同じ、ただ、石原が4本のホームランを放っているのに対し、田中広輔は0本と精彩を欠いています。

 このような成績なので、来季年俸は、今季の1億5000万円から野球協約の減額制限を超える80%ダウンとなる1億2千万円減の年俸3千万円プラス出来高になる模様です。

 球団からは、「まだまだ戦力としてやってもらわないと困る」というコメントがあったそうで、本人は、もう一度、勝てるショートを目指し勝負したいと話しているようですね。

 ただ、ここ数年この成績ならば、今季、戦力外となってもおかしくないです。ですからある意味、カープはあったかいです。

 ただ、年齢は33歳とまだ老け込む歳ではないですが、来季も今季と同様の成績であるならば、いよいよ戦力外が現実味を帯びてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

松山は1千万円減の年俸6500万円プラス出来高

スポンサーリンク

 松山は15年目の今季、開幕こそ、マクブルームが間に合わず、スタメン4番でスタートしましたが、その後はじり貧で、専ら代打要員となりました。88試合の出場、152打数33安打、打率217、2本塁打という数字が残っています。

 来季年俸は、今季の7500万円から1千万円減の年俸6500万円プラス出来高になる模様です。

 1学年上の長野が巨人に移籍、同学年の白浜が現役引退したため、来季はチーム最年長となり、なかなかスタメンで出続けるということは難しいと思います。ですから、左の代打の切り札として、勝負強いバッティングを見せてほしいですね。

スポンサーリンク

秋山は現状維持の1億5000万円

 秋山は、今年、アメリカから帰国、6月に途中加入しコンディションも十分ではなかったと思います。44試合に出場、155打数41安打、打率265という結果に終わりました。

 今季の年俸は7500万円だったとみられ、来季年俸1億5000万円と、実質的には現状維持のようですね。

 故障等なければ開幕からスタメンで十分に活躍できる選手なので、来季は3番センターで1年間スタメンを張ってほしいものです。

 

最後に

 昨日は、堂林、上本、森浦と、今季活躍した3人でしたので、アップが目立ちましたが、今日は、田中広輔、松山がダウン更改、秋山が現状維持と、一転、厳しい更改になりました。

 特に田中広輔はいよいよ後がなくなった感じです。精一杯頑張ってほしいものです。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

 

コメント

  1. max より:

    こんばんは。
    田中に関しては残念でもないし当然です。
    19年からずっとチームに迷惑をかけてますし、個人的には小園も必要ないとは思っていますけど、田中広輔はそれ以下ですからね。
    松山や會澤よりも害悪と言われても仕方ないですし、むしろクビにしないことすら甘い気もします。
    個人的には2,000万ならいいなと思っていた中で、広島としても思ったよりは頑張って減俸したねとは思いました。
    新井監督の中でも構想外に近いでしょうし、来年中崎と一緒に引退セレモニーする可能性もありそうですね。

    松山はほぼ代打なのに堂林より貰えるなんてリッチすぎますよ。
    DHに入れるにしても打力が足りませんし、堂林以下の年俸でいいです。

    後、契約が切れる主力や功労者で言えば會澤ですが、どのような契約になるかは気になりますね。
    中崎同様貢献度は低いけどそれなりに一軍に居座ってますから田中広輔みたいな大減俸はないかもしれません。

    • こんにちは
      本来なら、戦力外なんでと思います。
      ただ、3連覇戦士を大事にしているというイメージなんでしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました