脇役陣の活躍、カープ逆転勝ちで3連勝!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2024年)
DSC_0120

本日のヤクルト戦は6-3でカープの勝ち

チーム
ヤクルト 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
広島 0 0 0 0 0 0 2 4 × 6

  昨日は雨天中止となった地元開幕シリーズ第2戦、今日は天気も回復し第2戦が行われました。試合は0-0の投手戦も6回、3点を先制される苦しい展開でしたが、7回1点差に詰め寄ると8回には逆転し、そのまま逃げ切り3連勝としています。

 

スポンサーリンク

大瀬良は6回に崩れる

 先発は、手術明けの大瀬良でした。

 今日はランナーを出しながらも粘りのピッチングでしたね。

 4回は先頭のオスナにヒット、村上をゲッツーに打ち取るも、サンタナにツーベースと、相手のチグハグな攻撃もあり、無失点に抑えます。

 ただ、6回、先頭の塩見にフォアボール、西川に送られオスナ、村上に連続フォアボールで満塁。

 ここでサンタナに先制タイムリーを浴びます。

 更に、中村のショートゴロを小園がタイムリーエラー

  小園は焦ったのですかね。

 ここで降板しています。

 ただ、代わった塹江が長岡にタイムリーを打たれています。

 結局、5回1/3、投球数101、被安打5、奪三振4、与四死球3、失点3という内容でした。

 今日は味方のエラーに足を引っ張られましたので、気の毒な面はありました

スポンサーリンク

リリーフ陣は塹江、コルニエル、中崎、栗林

 リリーフ陣は塹江の後、コルニエル、中崎、栗林と繋ぎました。

 コルニエルはツーアウトからオスナにヒット、村上にフォアボール、サンタナに内野安打で満塁のピンチを招くも、抑えます。

 中崎も先頭の長岡に内野安打を許すも、矢野の好守備もあり無失点に抑えます。

 そして、逆転した9回には栗林が三者凡退に締めています。

 栗林以外は、いわゆる勝ちパターンではありませんでしたが、良く抑えました。

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、野間、菊池、小園、堂林、上本、中村奨成、會澤、久保、大瀬良と、またまた新打線を組んできました。

 相手が左腕ということもあり、秋山、坂倉、田村は外れましたね。

6回まで無失点

スポンサーリンク

 打線は、序盤、ヒットは出るものの、盗塁失敗などもあり無得点に抑えられると、中盤はランナーすら出せない苦しい展開。

 やはり、秋山、坂倉などがいないと厳しいですね。

7回に2得点

 6回表、3点を先制されイヤな流れでした。

 ただ、7回、ワンナウト後、堂林がヒット、上本のショートゴロを相手がエラーし2,3塁。中村奨成は倒れるものの、會澤が右中間に2点タイムリー

 この辺りはさすがですね。

8に逆転

 更に8回には、先頭の野間がサード強襲のツーベース、菊池が進塁打でワンナウト3塁。

 ここで、小園のファーストゴロで、野間が突入も本塁憤死。

 これで、今日はダメかと思ったのですが・・・・。

 続く堂林がフォアボール、すると上本がライトへタイムリーで同点

 更に松山が2点タイムリーで逆転、矢野もタイムリーでこの回、一挙4点

 この攻撃は見事でしたね。

最後に

 今日は、劣勢の中、よく打線が奮起しましたね。

 特に、普段、控えに回っている會澤、上本、松山、矢野が大活躍。

 これは強いです。

 明日も勝って連勝を伸ばしてほしいですね。

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブにアップしています。

  今回のレジェンドは、1965年、カープに入団し、背番号3を与えられるなど期待されるも、選手としては特筆すべき成績を残すことなく引退、ただ、古葉竹識氏に請われ、カープ、大洋ではコーチとして支え、カープのコーチ時代には、高橋慶彦に鉄拳制裁を加えるほか、外野ノックの名手として長嶋清幸や山崎隆造などを指導、その後、ダイエーのほか、韓国で2年、台湾で11年など、プロでは現役8年に対し、コーチ・監督を33年務め、名指導者として活躍した寺岡孝氏です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました