カープ先発ローテ―残り2枠を3人で競争は時期尚早か!? 森も玉村も撃沈

スポンサーリンク
雑感

先発ローテ―残り2枠を争う森と玉村が打ち込まれる

 カープは、本日、横浜DeNAとのオープン戦に臨み、先発ローテーション残り2枠を争う森と玉村が登板しましたが、両投手とも横浜DeNA打線に打ち込まれ撃沈しました。佐々岡監督は残り2枠について、この2人と小林の3名で競わせると話していましたが、時期尚早のようです。

スポンサーリンク

森は4回持たず、被安打6、与四球6、失点4と散々

 ドラフト2位ルーキー森が先発したこの試合、立ち上がりからサッパリでした。初回、ワンナウトから大田、神里に連打、牧を四球で歩かせると、宮崎にタイムリー、ソトの犠牲フライで3失点。球数も34球を要しています。

 2回三者凡退に抑え立ち直ったかと思いきや、3回は、先頭の牧を四球で歩かすと、宮崎にレフト前ヒット、知野にライト前ヒットで満塁。ここでソトのダブルプレーの間にもう1点、そして4回、先頭から伊藤、桑原と2者連続四球、大田を三振に仕留めますが、神里に四球を与えたところで降板しました。

 結局、3回1/3を投げ、球数92、被安打6、与四球6、失点4という内容でしたね。このキャンプ、高橋投手コーチが課題として取り組んでいる四球を6つも与えるほか、球威もなくこれではローテーションどころではないですね。

スポンサーリンク

玉村は3回5安打5失点

 先発枠を争う玉村は3番手として6回から登板しました。しかし、先頭の梶原に死球、楠本にヒットで繋がられた後、細川にスリーランホームランを浴びます。続く7回も先頭の倉本にフォアボール、山本にヒットで繋がれ戸柱のタイムリーなどで2失点となります。

 こちらも球威不足です。また、森も玉村も四球がいけませんね。しかも先頭打者ですから・・・。厳しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

残り2枠の候補は玉村、森、小林に絞っていいのか?

 佐々岡監督は、この2人に再度チャンスを与えるようですが、ちょっと甘いような気がしますね。日南キャンプ終盤、紅白戦で打ち込まれた高橋昂也は、この試合の結果だけで2軍降格です。

 高橋昂也は日南キャンプ第1クールでは、佐々岡監督に投球内容を絶賛されていましたし、また、2軍降格後の巨人との練習試合では先発して好投しています。

 何故、高橋昂也を1回だけで見限り、玉村、森は何回もチャンスを与えるのか、その意図がよくわかりません。

 佐々岡監督は、残り2枠について、よほどのことがない限り、玉村、森、小林で競わせると明言しています。一方、4番打者については、残り1か月あるのでじっくり考えると言っています。

 先発ロ―テーションの残り2枠についても、そこまで早急に、候補を3人に絞る必要はないのではないかと思います。

 まだ、遠藤もいますし、アンダーソンも間もなく来日する見込みです。もう少し候補者を前広に考えてみてもいいような気がしますね。

 

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました