カープ キャンプメンバー再振り分け コロナ以外での要因も!!

スポンサーリンク
雑感

カープ春季キャンプメンバーを見直し

 カープ球団は、明日から始まる春季キャンプメンバーについて、コロナの影響及びコンディション不良の選手が発生したとの理由により、一部見直しを行ったことを発表しました。そこで、今後、どのような影響があるのか考えてみました。

 

スポンサーリンク

コロナ陽性者

 まず、コロナで陽性と判定された選手についてですが、今日、新たに育成の木下元秀選手が陽性判定を受けました。この結果、矢崎拓也、田中広輔、中神拓都、矢野雅哉、長野久義、西川龍馬を含め7名については、療養期間が終わり次第、医師の診断を受け、PCR検査での陰性が確認され次第、合流するとの報道です。

 今日、新たにコロナ陽性と判断された木下はショックでしょうね。何せ、持丸泰輝、二俣翔一と揃って育成3人組が1軍キャンプとなったので、本人の意気込みは半端じゃなかったと思います。

 上手くいけば、支配下登録を勝ち取れるチャンスだっただけに、木下は悔しいと思いますが、早く治して頑張ってほしいです。

 また、これら、コロナ陽性と判定された選手が合流する場合について、報道でも1軍に合流なのか2軍に合流なのか書かれていません。ただ、これは、合流できる時期や、選手のコンディションの状況等によって、変わってくるかも知れないですね。

 ですから、合流するにしても、身体が出来ていなければ2軍に合流するのではないでしょうか。

スポンサーリンク

濃厚接触者

 続けて、新型コロナの陽性者との濃厚接触の疑いがあるとして隔離されたのが、上本崇司、野間峻祥、大盛穂の3名です。この3人についても、隔離期間が終わり次第、合流するということです。

スポンサーリンク

菊池、羽月は予定どおり

 当初、コロナ陽性判定を受けた矢野選手と一緒に自主トレを行っていた、菊池、羽月については、当初の予定どおり1軍キャンプとなっています。

スポンサーリンク

 これは隔離期間が終わったのか、そもそも濃厚接触者に認定されなかったのかわかりませんが、これは明るいニュースですね。良かったです。

韮沢雄也が初の1軍キャンプに

 また、韮沢雄也が初の1軍キャンプに抜擢されました。韮沢は、2019年ドラフト4巡目で花咲徳栄高校から入団した内野手で、打撃と守備は評価が高いものの、走力が課題という珍しい選手です。

 羽月と同年代で、ポジションも同じ内野手ですから、高いレベルで競争してほしいですね。

3軍調整選手

 逆に衝撃が走ったのが、昨シーズン、大躍進を果たしリーグ第2位の打率を残した坂倉と貴重な中継左腕、高橋樹也の3軍調整でした。この二人は、上半身のコンディション不良のため、リハビリ組の3軍スタートとなるようですね。

 

今回の影響について

 今回、クリーンアップ候補である坂倉が離脱となったのは痛いですね。しかも、同じ中軸候補の西川はコロナ陽性、もう一人の中軸候補、新外国人マクブルームは来日のメドすら立っていません

 ただでさえ、鈴木誠也の離脱で打線の立て直しが急務なだけに非常に残念ですね。ただ、他の選手はレギュラー取りへのチャンスになるので、頑張ってほしいです。

 一方の投手については、あまり影響はないように思います。

 いずれにせよ、明日からキャンプスタート。楽しみにしましょう。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました