2軍では正随がウエスタンリーグ優秀選手賞を受賞!!

スポンサーリンク

正随ほか4名がウエスタン優秀選手賞を受賞

 NPBは、カープの正随、阪神の村上、ソフトバンクの柳町、中日の岡野、オリックスの来田の計5選手を、2021年ウエスタンリーグ優秀選手賞として表彰しました。そこで、正随のプロ入り後ここまでの球歴とカープの過去の受賞者を調べてみました。

 

スポンサーリンク

正随は2軍でリーグ2位の11本塁打

 正随は、今シーズン、1軍では14試合出場、打率115、本塁打1、打点4の成績でした。2軍では、70試合出場、打率293、本塁打11、打点40を挙げています。

 昨シーズンは、1軍では7試合出場、打率143、本塁打1、打点12軍では、50試合出場、打率295、本塁打2、打点17の成績です。 

 そしてルーキーの2019年は、1軍出場なし、2軍では、105試合出場、打率208、本塁打6、打点39を挙げています。

 このように、2軍では打率、本塁打、打点ともにキャリアハイの活躍でしたね。

 また、1軍でも着実にレベルアップしています。

スポンサーリンク

痛かったコロナ離脱

 正随は、今シーズン、春先から調子が良く、開幕1軍は叶いませんでしたが、2軍で26試合に出場、リーグ2位となる打率313、本塁打4、打点18の好成績で、5月4日に一軍へ上がりました。

 ただ、5月17日、コロナの陽性判定を受け、抹消されます。これが非常に痛かったですね。わずか2週間足らずしか1軍にいませんでした。

 その後は、2軍ではそこそこ調子を維持するものの、なかなか1軍に上がってこれませんでした。当時、1軍では不振にあえぐ堂林や田中広輔などがいたのですが、何故か入れ替えが行われず、当時は何故早く上げないのかと思っていました。

スポンサーリンク

来季は大きなチャンス

スポンサーリンク

 何度も書きますが、来季は鈴木誠也が抜ける見込みなので、1軍定着の大チャンスです。ドラフトで社会人から2名の外野手が加わりますが、確実に力を付けていますので、このチャンスをものにできるかどうかですね。

過去10年間のカープ歴代ウエスタンリーグ優秀選手賞受賞者は

 過去10年間における、カープの歴代ウエスタンリーグ優秀選手賞を受賞した選手を調べてみました。御覧のように、意外と投手が少なく遠藤1名しかいません。

 鈴木誠也や菊池の名前もありますね。

 逆に、美間はソフトバンクへトレードされた後、戦力外に、またメヒアも今年戦力外と力を発揮できずにクビになった選手もいます。

 メヒアも2018年当時は、打率337、本塁打20、打点59に加え、出塁率でもトップで4冠を達成するなど、2軍では大活躍でした。ところが、その後は皆さまご承知のとおり、じり貧です。

 メヒアのように、2軍で大活躍したから必ずしも1軍で活躍するとは限りません。かつての斎藤浩行は、目のケガの影響で、ナイターでの試合に弱く、専らデーゲームが主の2軍で活躍した選手です。斎藤のファーム通算161本塁打はいまだに破られていません

 ですから、正随は2軍の殻を破ってほしいですね。

 

選手 ポジション
2021 正随 外野手
2020 羽月 内野手
2019 遠藤 投手
2018 メヒア 内野手
2017 坂倉 捕手
2016 野間 外野手
2015 磯村 捕手
2014 美間 内野手
2013 鈴木誠也 外野手
2012 菊池 内野手

新井も正随もドラフト6位

 あの新井もドラフト6位で入団しました。新井の場合、ドラフトでの指名も見合わせようとした位、酷かったそうですが、入団後は猛練習で一流選手の仲間入りをしました。

 来季、鈴木誠也は抜けますが、このポジションをライバルが目の色を変えて狙っています。みんな、切磋琢磨して高いレベルで競ってほしいですね。

(良かったらクリックお願いします)↓ 😛 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ PVアクセスランキング にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました