拙攻の連続も最後はデビットソンが決めた!! カープ連夜のサヨナラ

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0120

本日のDeNA戦は4-3でカープのサヨナラ勝ち

チーム 10 11
DeNA 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3
広島 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 4

  昨日は堂林のヒットと曽根の快走でサヨナラ勝ちを収めたカープ、今日は大瀬良が序盤から失点、打線も拙攻の連続で、完全な負けパターンでしたが、6回同点に追いつくと、延長11回、ツーアウトランナーなしからデビットソンがサヨナラホームラン、カープ連夜のサヨナラ勝ちを収めています。

 

スポンサーリンク

大瀬良は序盤から失点

 先発は、ここ2試合、勝ち投手になっている大瀬良でした。

 ただ、今日は序盤から失点。

 初回、佐野のホームラン、2回、ツーアウトランナーサードで京田を敬遠し、ピッチャー今永と勝負も何とタイムリーを浴びます。 

 また、今永には5回も先頭で三塁打を打たれ、この回も失点しています。

 しかし、投手相手に投げにくいのか、非常にもったいない投球でしたね。

 結局、5回、投球数81、被安打5、奪三振1、与四死球3、失点3でした。

 まあ、大瀬良にはあまり期待していないので、こんなもんでしょうかね。

スポンサーリンク

リリーフは無失点リレー

 今日も6回から継投に入りましたが、全員無失点に抑えます。

 アドゥワ、アンダーソン、大道、栗林、矢崎、益田と、アドゥワ、アンダーソン、大道、益田はいわゆる勝ちパターンの投手ではないですが、ここは起用に応えました

 あまり、ピンチも作らず、ランナーを許しても併殺などありで、みんなよく投げました。

 そして、益田はプロ初勝利でしたね。

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、小園、野間、堂林、デビットソン、坂倉、末包、マクブルーム、矢野、大瀬良でした。

 今日は菊池がベンチ、デビットソンが4番でしたね。 

序盤は拙攻の連続

 打線は、今永相手にヒットを打つもなかなかホームが遠かったですね。

 初回はワンナウト1,2塁でデビットソンが併殺。2回から4回まで、いずれも先頭がヒットで出塁もあと一本が出ず。

 5回も、ワンナウト1,3塁で堂林、デビットソンが連続三振。

 非常にイヤな流れでした。 

6回、ようやく同点

スポンサーリンク

 6回、ようやく得点します。

 先頭の坂倉ヒット、末包は倒れるも、マクブルームヒットで1,2塁。

 ここで矢野、矢野はここまで2打席連続三振と、全く打てそうになかったので、代打でもいいと思ったのですが・・・・。

 案の定、三振でまたダメかと思いましたが、代打會澤が難しい球をレフト線へ2点タイムリー、更に小園も三塁打で同点に追いつきます。

 ここも采配ミスを會澤が救った感じですね。

デビットソンがサヨナラ

 その後、8回、9回、10回とチャンスを作るもあと1本が出ず。

 ただ、11回、簡単にツーアウトとなり、ダメかと思ったところでデビットソンが一発

 今日は久々の4番もことごとくチャンスで凡退するなど、精彩を欠いていましたが、最後に大仕事をやってくれました。 

 

最後に

 今日は、拙攻の連続でフラストレーションが溜まる試合でしたが、何とか勝ちました

 しかも連夜のサヨナラ。

 また、デビットソン、マクブルームにも長打が出るなど、残り試合少ないですが、楽しみになってきました。

 やはり、デビットソン一人よりはマクブルームがいた方がコミも取りやすいと思います。

 明日も期待ですね。

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 本日、ユーチューブに動画をアップしました。

 1975年、カープに移籍すると、昭和50年代の中継ぎエースとして、第一次黄金期のカープのブルペンを支えると、現役引退後もカープに残り、スコアラー、広報など裏方として活躍した三輪悟氏です。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました