カープ コロナ禍の超非常事態! チーム一丸で阪神に逆転勝利!! 

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2022年)

本日の阪神戦は5-3でカープが逆転勝利

チーム
阪神 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3
広島 1 0 0 0 0 0 4 0 0 5

 昨日は打線が繋がらず、阪神に完封負けを喫したカープ。今日の試合前には堂林、マクブルームもコロナ陽性で抹消、2軍から登録する選手もないという非常事態となりました。試合もアンダーソンが序盤に3失点するなど、負けを覚悟しましたが、7回、チーム一丸となって4点を奪い逆転、リリーフ陣がリードを守り切り、見事な逆転勝利を挙げています。

 

スポンサーリンク

アンダーソンは2死からの詰めが甘く

 先発、アンダーソンですが、阪神打線に研究されていた感じの投球内容でした。

 初回、簡単にツーアウトを取りますが、近本をフォアボールで歩かすと、佐藤に詰まりながらもレフト前ヒット、大山にセンター前タイムリー、糸原にはライト前タイムリーと、ツーアウトランナーなしから2失点します。

 続く2回も、ツーアウトランナーなしから、中野にヒット、島田にタイムリーツーベースを浴び、この回も失点します。

 今日の阪神打線は、特にランナーを出すと、ファーストストライクを狙い撃ちしましたね。追い込まれる前に甘い球をドンドン振っていこうという指示があったのかも知れません。

 ただ、3回、4回は三者凡退、5回はツーアウトから佐藤にツーベースを打たれますが、大山を三振に打ち取りました。

 ただ、今日は序盤に球数を多く投じた影響もあったのか、5回で降板しています。

 結局、5回、投球数103、被安打6、奪三振5、与四球2、失点3という内容でした。

 アンダーソンも昨日の床田と同様に、ツーアウトランナーなしからの失点ですので、詰めが甘い印象を受けましたね。

 ただ、3回以降はまずまずの内容でした。次回に頑張ってもらいましょう。  

スポンサーリンク

6回以降リリーフ陣が踏ん張る

 リリーフ陣では、最近いい働きをしているターリーが不在となりましたが、今日は皆いい投球を見せてくれました。

 6回松本、7回薮田はいずれも三者凡退に抑えます。

 逆転してから、8回は森浦、9回は栗林と勝ちパターンのリレーを見せます。

 森浦は先頭の近本を内野安打で出塁を許しますが、佐藤をセンターフライ、大山をダブルプレー。近本の打球は森浦が素早くファーストベースカバーに入っていれば防げた失点だと思います。

 また、栗林はツーアウトランナーなしから、梅野にセンター前ヒットを打たれますが、代打ロハスジュニアを三振に抑えました。 

 今日は薮田が2020年10月22日の阪神戦以来、久々の勝利となりました。最近はウエスタンリーグで安定したピッチングをしているので、このまま頑張ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

初回に1点返す

 今日は初回に2失点しますが、その裏1点を返します。

スポンサーリンク

 野間、菊池のランエンドヒットでノーアウト1,3塁。ここで秋山がセカンドゴロダブルプレー、この間に野間がホームインしました。

 今日の秋山は4打数ノーヒット、二つのダブルプレー、1三振といいところがありませんでしたが、2打席目のダブルプレーとなる打球は、いい当たりでしたし、そんなに心配しなくてもいいように思います。

 ヒットがでなくても、ベンチでナインを鼓舞したり、よくやっているのではないでしょうか。

打線が7回に大逆転

 2回以降、阪神の先発、西に抑え込まれていましたが、7回に逆転します。

 先頭の坂倉が詰まりながらもレフト前ヒット、ここで西が降板し渡辺にスイッチします。昨日も6回、ツーアウト1塁、バッター坂倉の場面で、ウィルカーソンから渡辺にスイッチしており、昨日と同じような継投でしたね。

 今日は松山を三振、すると今度は渡辺から浜地にスイッチします。

 ただ、長野が三塁線への内野安打、続く小園がライト前ヒットを放ちますが、ライト佐藤が後逸して、やっと2点目を入れます。

 続く磯村の打球はいい当たりでしたが、センターフライと思いきや、何と近本がエラーしワンナウト満塁。ここで代打羽月が二遊間へ打球を飛ばしますが、セカンド小幡が好捕。しかしゲッツー崩れでサードランナーホームインで3点目。ついに同点に追いつきました。

 更に、野間がライト前タイムリーで逆転、続く菊池もタイムリーを放ち、この回4点、初回の1点と合わせ5点目を入れました。

 しかし、相手のミスがあったとはいえ、この回の集中打は見事でしたね。

最後に

 今日は、2軍で始まったコロナ大離脱の波が1軍にも押し寄せ、昨日のターリーに続き、マクブルーム、堂林までがコロナ陽性となりました。しかも、2軍から1軍登録選手がいないという非常事態。 

 ハンディがある中で始まった今日の試合ですが、まさにチーム一丸となった見事な勝利でしたね。この1勝は非常に大きいと思います。

 試合展開からして、逆転するのは難しいと思っていた中で、選手はよく頑張ったと思います。

 明後日から、前半戦ラスト、首位ヤクルトとの3連戦となります。

 ただ、カープはハンディがある中で戦わなければなりませんし、ましてやコロナ陽性者が拡大する懸念もあります。

 試合云々の前にこれ以上、コロナ陽性者が増えないのを祈るだけですね。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

 

 

コメント

  1. max より:

    試合展開が優勝してた頃みたいでしたよね。
    あの頃は誰かを固定化して聖域にするんじゃなくて、みんなで戦って、レギュラーが不調でも誰かがチャンスでやってくれる。
    そんな感じの試合だったように思います。

    コロナクラスターで巨人対中日は中止みたいなので、広島対ヤクルトをやるのかよく分かりませんけど、やるなら誰かを依怙贔屓しない選手起用をしてもらいたいですね。
    ただ、大瀬良は波に乗れてないので不安ではあります。

タイトルとURLをコピーしました