カープ、CS前ラストの練習試合で打線が爆発!! 

スポンサーリンク
雑感

JFEとの練習試合は15-3で圧勝

 本日、カープは、マツダスタジアムで、JFE西日本との練習試合を行い、15-3で圧勝、先発した益田が初回から失点するなど、若干の課題は残りましたが、打線は小園の2打席連発、デビットソン、會澤、末包にも一発が出るなど、圧勝しています。

 

スポンサーリンク

本日の練習試合

 本日の練習試合、カープは先発した益田が、初回2失点するなど、やや不安を残すも、アンダーソンや、復帰したターリーなどはしっかり抑えています。

 特にターリーの復帰は大きいですね。

 カープは、中継ぎ左腕が不在で、苦労していましたから、これは朗報です。

 また、打線は小園が2打席連続ホームラン、會澤、デビットソン、末包にもホームランが飛び出すなど圧勝しています。

 社会人相手とは言え、打たないよりは打つ方がいいに決まっています。

スポンサーリンク

今日で対外試合が終わり

 今日で、社会人との練習試合3戦が終了し、いずれもカープが勝利しています。

 相手が社会人ですから、当然と言えば当然かも知れませんが、ただ、先日の伯和ビクトリー戦のように、ちょっとした左腕が出てくると、打ちあぐねる傾向は変わっていません。

 DeNAは、CSの第1戦に東、第2戦に今永が先発すると、三浦監督が明言しました。

 ですから、左腕をどう打ち崩すかが、カギになりますね。

 新井監督は、相性だけでなく、総合的に判断するような感じです。

 今日、大活躍した小園に関しても、1番で起用するのか、クリーンアップで起用するのか明言しておらず、本当にまだ決めかねているのかも知れません。

スポンサーリンク

 まだ、あと4日ありますので、そこまでの練習で見極めるのではないでしょうか。

 一方、投手に関しては、第1戦、2戦に、大瀬良、九里が中継ぎ待機するらしいのですが、これは個人的にはどうかと思いますね。

 シーズンを通じて中継ぎで頑張った選手がいる訳ですし、また、最終戦に、中継ぎで登板した床田のように、不慣れで打ち込まれることもあるでしょう。

 最も、床田の場合、上本がWエラーを犯すなど、野手に足を引っ張られた面は否めませんが、ここで踏ん張るのが一流投手。

 やはり、いつも先発をやっていた人が中継ぎをやると戸惑いもあるのかも知れません。

 また、数日後に先発するとなると、その疲労感も背負っていかなければなりません。

スポンサーリンク

最後に

 今日の練習試合、黒田アドバイザーが姿を見せていました。

 投手コーチとの関係が気にはなりますが、最後の最後、いいアドバイスを期待したいですね。 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブをアップしています。

 時速150キロを投げる速球派として入団するも、芽が出ず、ノーワインドアップにチェンジし、制球力を身に付けると、カープ黄金期を支え、特に日本シリーズでは無類の強さを見せ、カープ最後の日本シリーズ胴上げ投手となっている山根和夫氏です。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました