床田がまさかの大乱調、中継ぎも撃沈! 今年もマツダでのヤクルト戦は鬼門なのか!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2022年)

本日のヤクルト戦は8-2でカープが大敗

チーム
ヤクルト 1 3 0 2 0 1 0 1 0 8
広島 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2

 横浜DeNAに3連勝し、今週はヤクルト、中日との連戦となるカープ。昨日は雨天中止となったため仕切り直しとなりました。しかし、ここまで抜群の安定感を見せていた床田がまさかの大乱調。中継ぎ陣も崩壊し、8-2で大敗を喫しています。

 

スポンサーリンク

床田が大乱調

 今日の先発は、今や安定感抜群で4本柱の4人目に成長した床田です。

 ところが、初回からピリッとしませんでしたね。初回、ツーアウトランナー無しから山田にホームランを浴びると、2回にはデッドボールとツーベースでノーアウト2,3塁のピンチを招きます。

 何とかツーアウトまでこぎつけますが、塩見に2点タイムリーを浴びると、更にランナー1,2塁から山田にタイムリーを浴び、この回3点目。3回はワンナウト満塁のピンチを招きますが後続を抑え無失点。

 結局、4回、投球数87、被安打7、奪三振2、与四死球3、失点4という内容でした。

 今日は全体的に球も高く制球が悪かったですね。開幕から1か月が経過し、疲れもあるのかも知れませんが、昔の悪い時のように、おどおどしながら投げているような印象を受けました。

 これで、開幕から続いていたクオリティースタートは4試合連続で止まり、今季3勝目とはいきませんでした。次回はしっかり修正してリベンジを果たしてほしいものです。

スポンサーリンク

リリーフは矢崎、松本、森浦と繋ぐも全員失点

 床田が4回で降板した後は、矢崎、松本、森浦と繋ぎました。

 しかし、矢崎は4回、村上にツーランホームラン、松本は6回、塩見にホームランと、一発攻勢にやられました。また、森浦は村上にタイムリーを浴びます。

 カープの投手陣が悪いのか、ヤクルト打線が上なのかわかりませんが、昨年からヤクルトには好き勝手やられていますね。

 配球でも読まれているのかよくわかりませんが、何とかしてほしいです。

スポンサーリンク

カープ打線は原を捉えるも

スポンサーリンク

 カープ打線は、ヤクルト先発の原を捉えていたように思います。

 初回は、ツーアウト1,2塁で、最も期待の持てる坂倉でしたが、ショートゴロ。ここで得点できなかったことが、今日の大敗に繋がったように思います。しかし、坂倉は責められないですよね。

 3回は、ツーアウト1,2塁で、マクブルームの当たりはピッチャーライナー

 また、7回末包のレフトへの大飛球が風の影響なのか、ホームランにならなかったり、他にもいい当たりが正面を突くなど、ツキがなかったですね。

 得点は、6回、ワンナウトランナーサードで、坂倉の内野ゴロの間に1点、8回、マクブルームのタイムリーで1点と、この2点のみに終わっています。

最後に

 昨年、同一リーグでカープが負け越しているのはヤクルトだけで、このほか交流戦での惨敗が響き4位に沈んでいます。

 ヤクルトに対しては8勝14敗3分と負け越しが6つ。特に地元マツダスタジアムでは2勝9敗1分と圧倒的に分が悪い状況で、マツダスタジアムでヤクルトに初勝利を挙げたのは8月20日でした。

 昨年までは観客制限があり、地の利が生かせなかったかも知れませんが、今年は制限がありません。

 まだ、従来のトランペットを使用した応援や声だしはできませんが、それでも昨年、一昨年とは雲泥の差があると思います。

 何かに、憑りつかれているようで不気味ですが、明日は必ず勝利してほしいですね。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました