カープ、粘って粘って連勝で2位死守!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0133

本日の阪神戦は6-5でカープの勝ち

チーム
阪神 2 0 0 0 2 0 1 0 0 5
広島 0 0 3 0 0 1 1 1 × 6

  昨日、ようやく連敗を6で止めたカープ、今日は相性の悪い移動ゲーム、しかも初回いきなり2点を先制され、イヤな流れでしたが、その後、お互い点の取り合いも8回、松山の勝ち越し打、9回、栗林がノーアウト1,3塁の大ピンチも凌ぎ、連勝で2位を死守しています。

 

スポンサーリンク

床田は夏バテなのか

 今日の先発は、3連敗中の床田でした。

 今日も初回、ワンナウトから中野ヒット、森下センターフライも、大山ヒット、佐藤のタイムリー、小野寺のタイムリーで2点を先制されます。

 今日も、上手く打たれていますね。

 2回から4回まで無失点に抑えるも、5回、ワンナウト後、中野にアンラッキーな、ぼてぼてのヒット、森下にレフト前、大山にタイムリー、佐藤にもタイムリーでこの回も2失点

 どうも打たれだすと止まりませんね。

 6回、先頭の小幡にフォアボール、長坂に送られますが、近本、中野を打ち取ります。

 ここは、阪神の1,2番、失点を覚悟しましたが、よく凌ぎました。

 結局、6回、投球数111、被安打9、奪三振3、与四球2、失点4という内容でした。

 床田は1年間通して投げるのは初めてですし、やはり、昨年の怪我の影響でキャンプでの走り込み不足が原因で、夏バテでしょうか。

 何とかあと数試合、乗りきってほしいですね。

スポンサーリンク

リリーフ陣は1失点に凌ぐ

 今日もリリーフはよく投げました。

 7回、矢崎は、ワンナウト後、大山にフォアボール、佐藤を三振も小野寺にライトオーバーのタイムリーツーベースを打たれます。

 8回、島内も、先頭をデビットソンのエラーで、ノーアウトセカンド。長坂に送られますが、ミエセス、中野を連続三振。ここはお見事。

 9回、栗林も先頭の森下にフォアボール、大山にヒットでノーアウト1,3塁

 ここも失点を覚悟しましたが、佐藤を三振、続く小野寺の打席、大山の二盗を刺すと小野寺を三振。

 ここもよく凌ぎましたね。

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、野間、羽月、小園、堂林、坂倉、デビットソン、マクブルーム、田村、床田でした。

 今日は、田村がスタメンに復帰

3回に逆転

 打線は、初回、2回と先頭が出塁するも、初回は羽月、2回は坂倉がダブルプレーと、イヤな流れでした。 

 ただ、3回に逆転します。

 この回も先頭のマクブルームがフォアボールで出塁、田村がセンター前、床田が送ると野間が2点タイムリーツーベース。

スポンサーリンク

 ただ、野間が故障なのか途中交代。ここは心配ですね。

 代走の大盛が三盗すると、羽月が三振も小園がタイムリー

 ここはツーアウトから小園がよく打ちました。

6回、7回、8回に1点ずつ

 6回、先頭の坂倉がツーベース、デビットソン三振もマクブルームがタイムリー

 7回、先頭の大盛がヒット、羽月が送ると、またもや小園がタイムリー。この後、堂林フォアボールで1、2塁も坂倉センターフライ、デビットソンが三振

 8回、先頭のマクブルームがヒット、代打磯村が送ると、パスボールで代走の矢野がサードに、ここで代打松山が勝ち越しとなるセンター前

 さすがに松山は代打では頼りになりますね。

デビットソンは重症、何故使うのか

 ここ最近、全く当たっていないデビットソンが今日もスタメンも3三振。特に7回の1,2塁のチャンス、何故、代打を出さないのか、解せませんね。

 ここで松山でも良かったと思います。

 デビットソンは直後の8回表、先頭の小畑のゴロを後逸し、大ピンチを招いています。

 昨日も4三振。しかも打順は7番、

 どうしてもスタメンで使いたいなら8番でいいのでは。

 調子を上げてきたマクブルーム、田村の方が打ちますよ。

 今日、勝ったからいいものの、負けたら戦犯はデビットソンでしょうね。 

最後に

 今日は、二日酔いの阪神相手で、プレッシャーがあったと思いますが、よく勝ちました。

 残り10試合、野間の状態が心配ですが、無理なら代役は秋山でしょうね。

 全部、勝ってほしいですね。 

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

「渇」で有名な、日本ハムの監督などを務めた大沢啓二氏の兄で、高校時代、度々暴力事件を起こして退学処分になった啓二氏を再生させるほか、自身は、右打ちの名手、「ワンバウンド捕球」の名人と呼ばれ、戦前から主力選手として活躍、1952年、石本監督から懇願され、当時、縁もゆかりもなく、貧乏球団であったカープに移籍すると、第7代4番打者として活躍、カープで引退した後は、母校、國學院大學の野球部監督を経て、教授まで上り詰めた大沢清

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました