先発益田が好投! 開幕ローテ―は混とんに

スポンサーリンク
雑感

オープン戦スタート

 カープは、本日からオープン戦をスタートさせ、中日相手に10対0と快勝、先発益田が3回無失点の好投を見せました。今季、カープの先発陣は開幕投手に決まっている九里を始め、床田、森下は確定も、手術明けの大瀬良がどうなるのか、ドラフト1位、常廣は出遅れで混沌としてきました。

 

スポンサーリンク

益田の投球内容

 益田は、3イニングを投げ、打者10人に対し被安打0、与四球2、奪三振1という内容でした。

 持ち味のツーシームを中心に強気のピッチングを展開したようで、右肘の位置をやや下げる新フォームが馴染んできたようです。

 ただ、やはり、課題は制球難で、2つのフォアボールでしょうかね。

 益田の場合、昨シーズンも秘密兵器になるのではないかと期待された投手で、てっきり中継ぎかと思っていたのですが、今日のオープン戦初戦、先発させましたね。

 今日の投球だけでは何とも言えませんが、まずまずだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2番手、黒原

 本日のオープン戦、2番手で登板したのが、こちらも先発ローテ―を争う黒原でした。

 黒原は、3回、打者11人に対し被安打2、奪三振1ながら無四球という内容でしたね。

 こちらもまずまずではないでしょうか。

スポンサーリンク

先発争い

 当初、今季の先発陣は、開幕投手に決定した九里をはじめ、床田、森下、大瀬良の4本柱に、ドライチの常廣、新外国人のハッチ、遠藤、玉村、森、黒原辺りで争うのかと思っていました。

スポンサーリンク

 ただ、常廣が開幕間に合いそうになく、大瀬良も開幕大丈夫との報道が出て以降、あまり聞かなくなりましたので、もしかしたら微妙なのかも知れません。

 その影響なのか、アドゥワも先発に再転向させています。

 新井監督が、常に口にする競争でしょうか。

 こうなると、開幕ローテ―確定は九里、床田、森下だけで、残り3枠を競う構図になっているのかも知れませんね。 

最後に

 今日のオープン戦は、中日相手に10対0と快勝。

 打線では、期待の田村が先制のタイムリーを含む5打数3安打2打点の大活躍

 今季、対外試合1試合目でホームランとインパクトを残しましたが、その後は結果が出ていなかっただけに嬉しいですね。

 また、小園、坂倉と侍ジャパンに選出されたメンバーもマルチヒットを放つほか、二俣、林などもタイムリーと、カープのいいところが存分に出た試合でした。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 本日、ユーチューブにアップしています。

 現役時代、「打撃の職人」「シュート打ちの名人」「オールスター男」などと呼ばれ、数々のタイトルを獲得するほか、伝説となった「振り逃げ満塁ホームラン」を演出、晩年、カープに移籍すると、創設以来初のAクラス入りに貢献、予告ホームランを放つほか、その野球に対する取組姿勢で、山本浩二、衣笠などに影響を与え、1975年のカープ初優勝へ繋げると、現役引退後はその熱心な指導ぶりから、「かっぱえびせん」との異名を取り、数々の名選手を輩出、カープでは臨時コーチとして、高橋慶彦選手の打撃改造に着手した山内一弘氏です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました