カープサヨナラで開幕4連勝!! 早くも単独首位

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2022年)

本日の阪神戦は3-2でカープサヨナラ勝ち

チーム
阪神 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
広島 0 0 1 0 0 0 0 0 3

 開幕カードを敵地で3連勝し、最高のスタートを切ったカープ。今日から阪神を迎えての3連戦となります。初戦の今日は、難敵西に苦戦を強いられましたが、中継陣がピンチを再三しのぎ最少失点でしのぐと、9回阪神のクローザーのケラーを攻め、西川のライトオーバーで逆転サヨナラ勝ちを収めています。これでセリーグ唯一の負けなし4連勝で、単独首位に立っています。

 

スポンサーリンク

先発九里は粘りのピッチング 

 今日の先発は昨年の最多勝投手九里でした。

 九里は毎回のようにランナーを背負うものの、いつもと同様粘りのピッチングで無失点に抑えていましたが、6回に捉まりました。

 この回、先頭のマルテ、佐藤、糸原と3連打でノーアウト満塁のピンチを招くと糸井のセカンドゴロの間に1点、更に大山の犠牲フライでもう1点追加されました。

 しかし、糸井のセカンドゴロはボテボテの打球を、菊池が見事な守備を見せてくれました。また、タイムリーは打たれておらず、ここは2点でよく凌いだと思います。

 続く7回もピンチを招きました。この回、ワンナウト後、中野の内野安打、マルテへデッドボール、続く佐藤はライトフライに打ち取りますが、あわやホームランかという大飛球でしたね。ツーアウト2,3塁の場面で降板となりました。

 結局、6回2/3 投球数112、被安打8、奪三振5、与四死球2、失点2という内容でした。

 いつもなら、文句なしでしょうけど、今日の相手投手が西で、援護点が1点しかなかったので、勝ちを付けることができませんでしたね。次回に期待です。

スポンサーリンク

リリーフ陣も黒原、松本、矢崎が粘投

 九里が二人のランナーを残した後、マウンドに上がったのがドラフト1位ルーキー黒原でした。プロ初登板がいきなりのピンチで、かなり緊張もしたと思います。

 糸原に対し、球が上ずりノーストライクスリーボールとしますが、ここからストレート2球でフルカウントにすると、最後は鋭い変化球で空振りを奪い、ピンチを脱しました

 8回はドラフト5位ルーキーの松本。こちらは先日、雨の中、横浜スタジアムでデビューを果たしましたが、連打を浴び失点していましたね。

 今日も先頭の糸井にライト前ヒットを打たれました。しかし、今日は、大山をライトのファールフライ、坂本を三振、代打ロハスジュニアをサードファールフライに打ち取りました。

 9回は矢崎がマウンドに上がりました。矢崎も先頭の近本をフォアボール、ただ、続く中野のバントを會澤が見事に処理し、セカンドホースアウト、マルテをショートゴロ、佐藤を歩かせるも糸原をレフトフライに打ち取りました。 

 勝ちパターンの投手ではありませんでしたが、全員粘って失点を許しませんでした。これが大きかったですね。

スポンサーリンク

今日も西から1点しか取れなかったが

スポンサーリンク

 阪神の先発は難敵の西でした。

 西に対して、3回、先頭の西川がヒット、菊池がファーストよりにプッシュバントで西川をセカンドに進め小園のタイムリーで1点を先制しましたね。これは見事な攻撃でした。

 結果、西から1点しか奪えませんでしたが、打球が正面を突く当たりも多く、全くきりきり舞いに抑えられた訳ではないのでこれは紙一重だと思います。ですから、次回の対戦の際にも、期待が持てる内容だったのではないでしょうか。

打線はマクブルームがデビュー

 中村奨成が登録を抹消され、時期尚早と思われたマクブルームが登録、即6番レフトでのスタメン出場となりました。

 西の前に、ヒットは出ませんでしたが、中々選球眼は良さそうな印象でしたね。慣れてくればクロンのようなことにはならないのではないかと思います。

 また、9回1点ビハインドの場面で、先頭打者となったのがマクブルームでした。ここは阪神の新クローザーのケラーのカーブに上手くタイミングを合わせヒットを放ち、チャンスメイクしています。

9回は全員野球でサヨナラ勝ち

 マクブルームが出塁すると、代走の曽根がまさかの単独スチールでした。タイミングはアウトでしたが、相手の落球を誘う見事な走塁でしたね。

 會澤は三振に倒れるも、上本がなんと12球粘ってのフォアボール代打長野の当たりはピッチャーゴロと思いきや、ケラーのグラブをはじき内野安打、ここで阪神はケラーから湯浅にスイッチしますが、カープの打者は今、最も期待ができる西川でしたね。

 ものの見事にライトオーバーの逆転サヨナラとなりました。先日の横浜スタジアムでも決勝のタイムリースリーベースを放っており勝負強さが際立っています。

 鈴木誠也がいなくなり、全員がとにかく次の打者へ繋ぐという意識が非常にいい方向にでている感じがしますね。

最後に

 カープが3連覇した当時、逆転のカープと言われ、逆転勝ちが異常に多かったです。ただ、打線ばかりピックアップされますが、中継投手陣が余分な追加点を与えることなく、粘っていたので打線が奮起して、逆転に繋げたという構図でした。

 今日の試合は、まさしくその構図ですね。気が早いですが、セリーグ唯一の4連勝で、単独首位です。上本がヒーローインタビューで、「下馬評の低い評論家を見返してやろう」といった趣旨の発言をしていました。

 今シーズンのカープ、意外に期待が持てるかも知れませんね。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました