大瀬良がノックアウト! ローテ―を任せて大丈夫か!?

スポンサーリンク
雑感

大瀬良が4回途中4安打3失点で降板

 カープは、本日、西武とのオープン戦を戦い、手術からの復活を期待される大瀬良が先発しましたが、不運な当たりもあり、3回0/3を4安打3失点でマウンドを降りています。今季、ここまで順調に来ていましたが、最終段階で不安が残る内容となりました。

 

スポンサーリンク

今日の大瀬良

 今日の大瀬良は、初回、いきなり先頭打者にフォアボールも、後続を断つと、2回は三者凡退といいスタートでした。

 しかし、3回、ワンナウト後、西川にツーベース、1塁内野安打で1,3塁。外崎に粘られてフォアボールで満塁。

 ここで栗山に詰まりながらも2点タイムリー、更にアギラーにもタイムリーツーベースを浴び3失点となります。

 続く4回、先頭の源田に、またもや粘られフォアボール。ここで降板となりました。

 しかし、エースと呼ばれた男が、イニング途中で降板というのは、いかがなものですかね。

 球数も76球ですし、打者に粘られるということは、球のキレがないのか、わかりませんが、いい状態ではないでしょうね。

 本人によると、キャンプから課題として、得意球であるカットボール以外の球種を多く使ったようですが、オープン戦も最終盤ですからね・・・・。

 今季は手術明けでしたが、調子がよさそうで期待していたのですが、ちょっと残念です。 

スポンサーリンク

開幕ローテ―

 九里、森下、ハッチ、大瀬良、床田の5人は開幕ローテ―確定だそうですが、やはり大瀬良だけは心配ですね。

スポンサーリンク

 注目の6番手は、まだ結論が出ておらず、黒原、アドゥワの一騎打ちかと思いきや、玉村もまだ残っていたようで、三つ巴の展開となっています。

 しかし、大瀬良がコケルようでしたら、6番手の争いに敗れた2人から選定してもいいのではないかと思います。

スポンサーリンク

岡田が久々の登板

 今日は、今季から育成契約となった岡田が登板し、1回、3安打、1失点となっています。

 ただ、パスボールもあり、球速はそこそこ出ています。

 2軍からの推薦もあったようですので、何とか復活してほしいですね。

最後に

 本日、西武とのオープン戦が終わり、残るはソフトバンクとの3連戦で、開幕を迎えます。

 田村がまたまたホームランを放っていますし、小園も絶好調、逆に公式戦に入って調子を落とさないか心配するほどですね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブにアップしています。

 即戦力投手としてカープに入団するものの、当時、投手王国と言われた時代のため、先発するチャンスはほぼ主力投手の谷間に限られ、主に中継ぎで登板、1990年、高橋慶彦らとともにロッテに移籍すると、初の二桁勝利を達成するなど、このトレードで移籍した計5人の中で唯一成功を収めるも、最後はカープに復帰、チーム一の酒豪と呼ばれ、二日酔いで登板したこともあるようですが、現在では、カープのスカウト部長を務める白武佳久氏です。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました