大盛が休日返上で練習!! カープ左打ち外野陣の競争は熾烈!

スポンサーリンク
雑感

大盛が休日返上で練習

 キャンプに入り2度目の休日となった、本日のカープですが、昨日、ヘルメットに送球を受けて心配された大盛が休日返上で練習を行った模様です。

 

スポンサーリンク

左打ち外野陣の競争がし烈

 今シーズン、カープの外野陣は、西川、秋山、野間の3人がわずかに抜けている印象です。

 ただ、3人ともに左打ちですから、バランスを考えるためにも、右打ちの外野手が欲しいところでしょう。

 逆に言うと、西川、秋山、野間以外の左打ち外野手については、かなりの競争になるのではないでしょうか。

 ですから、大盛、宇草、田村の3人は特に必死なのだと思います。

 もちろん、野間も西川、秋山に比べたら、落ちるので、必死だとは思いますが、彼の場合、シーズン後半には、粘りのバッティングができるようになり、一皮むけた印象を受けました。

スポンサーリンク

今日の大盛

 大盛は、昨日、三本間のランダウンプレーの練習中、キャッチャーからの送球をヘルメットに受け、大事を取って、午後からの練習を欠場していました。

 今日は休日ですが、このまま練習しなかったら、置いて行かれそうなそんな危機感があったのではないでしょうか。

 今日は、室内練習場で、午前10時半ごろからおよそ1時間半練習したようですね。

 大盛の場合、守備と足は一級品なので、あとは打撃だけですよね。

 特に落ちるボールへの対応がキーになるのですが、これが中々難しいです。

 しかし、これを乗り越えなければ、レギュラーへの道が開かれません。

スポンサーリンク

誰が勝ち残れるのか

 大盛、宇草、田村という3人の左打ち外野手ですが、西川、秋山、野間の3選手に特段の問題がない限り、3人とも1軍というのはあり得ないでしょう。

スポンサーリンク

 2人も無いでしょう。せいぜい1軍に入れるのは1人だと思います。

 では、誰が残るのか、将来性でいけば田村がいいでしょうね。

 ただ、まだ高卒2年目なので、現実的には大盛か宇草でしょうか。

 宇草の場合、守備に難がありますが、走塁とかは素晴らしいものがあります。

 一方の大盛は、打撃が課題です。

右打ちはどうか

 忘れてはいけないのが右打ちの外野手。

 昨季オフには、正随が現役ドラフトで移籍しましたので、ライバルは減ったものの、中村健人、末包の一騎打ちでしょうか。

 また、育成の木下などもいますし、堂林が外野に回る可能性もあります。

 ただ、中村健人、末包には、もう一皮むけてほしいですね。

最後に

 いよいよ、明日からは日南キャンプ最終クールに入り、実戦も多くなります。

 この中で、沖縄キャンプメンバーに入れるかどうか、ふるいに落とされるので、特に当落線上の選手にとっては、大事な5日間となりそうですね。

お知らせ

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 日系2世で俊足、好打、ガッツあふれるプレーでファンを魅了、塀ぎわの魔術師、と呼ばれ、アメリカに帰国してからは、カープの駐米スカウトとなりますが、実は現役時代も特命スカウトとして活躍した、フィーバー平山こと平山智氏です。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました