野村が2年振り復活勝利、打線も2ホーマーでカープ快勝!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2022年)

本日の西武戦は 6-3でカープが先勝

チーム
広島 0 1 1 1 1 1 1 0 0 6
西武 2 0 0 1 0 0 0 0 0 3

 今シーズンも厳しい戦いが続くカープの交流戦。いよいよ本日から最後のカード、西武との3連戦になります。今日の先発は大瀬良の離脱で、チャンスが回ってきたベテラン野村でしたが、野村は粘りのピッチング、打線もやっとホームランが出るなど6得点を挙げ、西武に先勝しています。 

 

スポンサーリンク

野村はストライク先行で粘投

 今日の先発は、不振で離脱した大瀬良に代わり、チャンスを掴んだベテラン野村でした。

 昨年の野村は、2軍で好投→1軍で乱調→2軍降格→2軍で好投→1軍で乱調→2軍降格の繰り返しで、遂に1軍での勝利がありませんでした

 今日は初回、ホームランで先制されるも、ストライク先行で粘りのピッチングを見せてくれました。

 初回は、先頭の若林がヒット、ツーアウトまで行くも山川にホームランを打たれ先制されます。2回は三者凡退、3回はフォアボールで一人ランナーを出すも後続を抑えます。

 4回、ワンナウト後、栗山にツーベース、愛斗のセカンドゴロで、ツーアウト3塁。オグレディがフォアボール、続く外崎はサードゴロでピンチを脱したかと思いましたが、坂倉がタイムリーエラーを犯します。

 ここは坂倉を責められないでしょう。慣れない球場ですしね。

 5回は三者凡退に抑えるも、6回、簡単にツーアウトを奪うも、愛斗にフォアボール、続くオグレディ―はショートゴロかと思いましたが、小園がセカンドベースにへばりついており、レフト前ヒットに。ここで降板となりました。

 結局、5回2/3 投球数104、被安打4、奪三振3、与四球3、失点3という内容でした。

 今日は投球数も100球を超え、久々の登板ということもあり、5回途中で降板したと思いますが、これなら次回も1軍で大丈夫ではないでしょうか。

スポンサーリンク

リリーフはターリー、ケムナ、森浦、栗林と繋ぐ

 6回のピンチで登板したのはターリーでした。ツーアウト1,3塁の場面、外崎をボール球でしたが空振り三振に打ち取りピンチを脱します。

スポンサーリンク

 7回、ケムナは一人フォアボールを許すも後続を断つと、8回森浦、9回栗林はパーフェクトに抑えます。今日は8回、9回と完璧でしたね。

スポンサーリンク

打線が繋がる

 交流戦に入り、深刻な貧打に苦しんでいましたが、今日は打線が繋がりました。

 初回こそ三者凡退でしたが、2回はマクブルームがツーベース、坂倉が進塁打、上本が詰まりながらもセンター前にポテンヒットで1点を返します。

 3回は小園が内野安打、會澤がセンター前、野間が送ってワンナウト2,3塁。菊池はサードゴロで3塁ランナー小園がホームに突っ込み、サードからキャッチャーに送球されますが、この送球が若干逸れ、もたつく間に小園がサードに帰塁し満塁になります。

 ここで松山がセカンドゴロダブルプレーかと思いましたが、松山がよく走りファーストが間一髪セーフ、この間に小園がホームインし同点に追いつきました。ここはミスに付け込むなど、従来のカープ野球ができましたね。

 4回も坂倉がツーベース、上本が送って、堂林がタイムリー、すると、5回は菊池、6回は坂倉がホームラン。ここまで交流戦で唯一ホームランが出ていなかったカープですが、これでほっとしました。7回も菊池のタイムリーと、小刻みに得点を奪いました。

 今日は11安打で6得点と、いつもの繋ぎの野球が、交流戦最後のカードでやっと見れたような気がします。

最後に

 やはり、相性というものがあるのでしょうか。パリーグ6球団のうち、カープが唯一勝ち越しているのが西武です。

 楽天には負け越しましたが、昨年まで対戦成績は5割です。もっとも楽天戦は上手く采配をしていれば、3連勝できたと思いますしね。

 また、今日は野村が2年振りの勝利、ここまで交流戦出ていなかったホームランが出る、打線がつながり6得点と、非常にいい勝ち方ができたと思います。

 既に交流戦の負け越しが決まっていますが、残り2試合も勝っていい形で後半戦に備えてほしいですね。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました