かつての指名候補、阪神の北條が戦力外! カープは動くのか!?

スポンサーリンク
雑感

阪神・北條が戦力外

 本日、阪神は第1次戦力外通告を行い、北條も含まれています。北條と言えば、2012年ドラフトにおいて、鈴木誠也とどちらを指名するか迷った選手、そこで、今後、カープの獲得可能性について考えてみました。

 

スポンサーリンク

アマチュア時代の北條

 北條は大阪府出身ながら、高校は青森の光星学院に進学すると、甲子園には3季連続で出場し、清原に並ぶ通算29打点、また、高校通算25本のホームランを放っており、また、ショートを守れる選手ということで、注目されていました。

スポンサーリンク

2012年のドラフト

 カープは、この年、東福岡高校の森雄大を指名するも、楽天と重複して抽選で敗れ、今度は増田を指名するも、またもや西武と重複して、抽選で敗れたため、野手に路線変更しています。

 ドラフト1位が高橋大樹、2位には尾形スカウトが推す鈴木誠也か、近藤スカウトが推す北條かで、迷ったそうです。

 鈴木誠也については4位で獲れるのではないかとの声もある中、尾形スカウトが猛アピール

 最終的には、野村監督の「どちらが足が速いのか?」という質問に対し、鈴木誠也と答えた尾形スカウトの意見が採用されます。

 北條は阪神にドラフト2位で指名されています。

 どちらが正しかったのかと言えば、答えは明らかですね。

スポンサーリンク

北條の成績

 プロ入り後、北條の成績を調べてみました。

 3年目の2015年、初の1軍で1試合の出場、続く2016年にキャリアハイの122試合に出場していますが、その後は、怪我の影響もあり、じり貧で、2021年は33試合、2022年は32試合、そして今季は1軍出場はありませんでした。

 通算、1軍でもホームラン18本だけです

 今季は2軍でも打率234、ホームランも2本だけ。

スポンサーリンク

 ただ、2本目のホームランは10月1日、ウエスタンリーグ最終戦で、カープ長谷部から、「最後になるかも知れない」と思い、集中して打席に立った結果、打てたようで、まだまだやれそうな感じはします。 

カープはどうするのか

 カープの場合、右打者が慢性的に不足しており、特にショート、セカンドができる右打者は菊池くらいですかね。

 2軍でもサード内田、二俣くらいでしょうか。

 また、おそらく三好は戦力外でしょう。

 ですから、補強ポイントにはマッチしそうです。

最後に

 カープの補強ポイントは、やはり、全体的に高齢化が進んでいますので、捕手以外はすべてでしょうか。

 その中でも野手については、右打者が不足ですね。

 阪神の大竹、DeNAの東など、苦手にしている左投手が多くいます。

 北條を獲得できなくても、右打者は複数欲しいですね。 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブをアップしています。

 カープがチーム力アップのため本腰を入れた1958年、獲得を目指した長嶋、杉浦ら立教三羽ガラスの獲得に失敗すると、そのチームメイトに触手を伸ばし、当時、破格の契約金800万円で入団、超スローボールや、ステップした左足を一度止めて投げるなど、「ミラクル投法」と呼ばれた投げ方で一世を風靡するものの、わずか4年間で退団、退団後は、高校の先輩だった大女優のツテで、地元政治家の秘書まで務めた、拝藤宣雄氏です。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました