野間 野手キャプテン大丈夫か!? 歴代のキャプテンと比較して

スポンサーリンク
雑感

来季、野手キャプテンに野間、投手キャプテンに九里

 カープは、来季の野手キャプテンに野間、投手キャプテンに九里を指名、新選手会長の大瀬良とともに、チームを引っ張ることになりました。そこで、歴代のキャプテンと比較し、感想を書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

選手会長とキャプテンの役割とは

 先日、来季の選手会長に大瀬良が就任すると発表されました。大瀬良に関しては、こちらに書いていますので、よかったら御覧ください。

田中広輔から大瀬良へ 選手会長交代で世代交代が進むのか!?

 また、先日、會澤が労働組合選手会の会長に就任すると発表されました。會澤に関しては、こちらに書いていますので、よかったら御覧ください。

會澤が契約更改 選手会会長と選手の両立は困難か!?

 そもそも、選手会長とキャプテンの違いは何でしょうか。選手会長は、チームの代表として選手からの意見、要望等を球団に伝える役目があります。施設の充実とか、移動手段とか、色々あると思います。

 一方のキャプテンは、グラウンド内のリーダーであり、声や態度、プレースタイルでチームを引っ張っていきます。

 そのため、選手会長は必ず選出しなければならないのに対し、キャプテンは配置しないケースもあります。

スポンサーリンク

歴代のキャプテン

 カープの場合、今年12年振りにキャプテン制度を復活させ、野手キャプテンに鈴木誠也、投手キャプテンに大瀬良大地を指名しました。

 次の表が最近のカープ歴代キャプテンの一覧です。このように、2006年と2007年は、野手前田、投手黒田が務めていましたが、2008年、2009年は石原一人が務めています。

 

野手 投手
2006 前田智徳 黒田博樹
2007 前田智徳 黒田博樹
2008 石原 慶幸
2009 石原 慶幸
2021 鈴木 誠也 大瀬良大地
スポンサーリンク

野手キャプテンは野間

スポンサーリンク

 上記のとおり、歴代のキャプテンはバリバリのレギュラー選手が務めています。

 選手会長の場合、チームの代表として選手からの意見、要望等を球団に伝える役目ですから、極端な話、1軍にずっと帯同していなくても務まると思います。事実、昨年の田中広輔や3連覇当時の小窪あたりはそうでしょう。

 しかし、キャプテンはどうでしょうか。高校野球で補欠の選手がキャプテンに就任することはありますが、プロの場合、まだ1軍にいればいいでしょうが、2軍落ちしたらどうなんでしょうか

 と考えると、野間は大丈夫なのか心配になります。外野手のレギュラーは西川がほぼ当確でしょうけど、残りの2枠について、宇草、大盛、中村奨成、正随、堂林、中村健人、末包あたりと競争になります。また、代打要員として松山、長野は1軍に残すと思います。

 

菊池か西川ではダメなのか

 野手キャプテンが何故野間なのか解せません。

 順当であれば、菊池か西川になると思うのですけどね。野間の状態が悪く2軍落ちしたらどうするのでしょうか。

 ただ、一番やってほしくないのは、キャプテンという理由だけで、不振にもかかわらず、レギュラー、あるいは1軍で使い続けることです。

 今年も途中まで選手会長田中広輔を使い続けました。選手会長という理由だけで1軍に置いていた訳ではないと思いますが、それはやめてほしいですね。

キャプテンは必要なのか!?

 そもそも、3連覇当時、配置していなかったキャプテン制度を復活させたのは意味があるのでしょうか。

 確かに、今、チームは3連覇のメンバーから坂倉、小園、林を中心とした若い世代へ移行する過渡期だとは思いますけど、果たしてキャプテンは必要なんでしょうか。

(良かったらクリックお願いします)↓

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました