カープ、新たな天敵、大竹を今日も打てず首位阪神と再び3.5差へ

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0120

本日の阪神戦は2-0でカープが負け

チーム 9
阪神 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 昨日から始まった首位阪神との3連戦、昨日は床田の快投、打線も爆発し大勝したカープ、今日は、森下が粘投も、天敵・大竹の前に打線が0行進、昨日とは一転で打線が沈黙したカープは敗れています。

 

スポンサーリンク

森下が粘投も

 今日の先発は、先週、自らのホームランもあり投打に大活躍の森下でした。

 今日は、初回いきなり島田に先頭打者ホームランを浴び先制されます。

 2回も先頭のノイジーにツーベースを打たれますが、ここは後続を抑えます。

 ただ、3回、先頭の島田にフォアボール、中野のヒットで1,2塁、ここで前川にタイムリーを浴び2点目を奪われます。

 更に大山の内野安打でノーアウト満塁のピンチ、ただ、ここは佐藤、ノイジー、坂本を打ち取りました。

 その後、4回以降は、フォアボールは出すものの、ノーヒットに抑えています。

 結局、6回、投球数121、被安打6、奪三振4、与四球3、失点2でマウンドを降りています。

 今日は、珍しくフォアボールが多かったですね。

スポンサーリンク

リリーフは中崎、大道、栗林

 7回からリリーフした3人はパーフェクトピッチングでした。

 特に9回栗林は三者連続三振。本来のピッチングに戻ってきましたね。 

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、菊池、野間、秋山、西川、田中、デビットソン、會澤、小園、森下でした。

 今日も小園がスタメンとなりましたね。

天敵、大竹の前に0行進

 ただ、打線は新たな天敵、大竹の前に0行進でした。

スポンサーリンク

 チャンスは、初回、ワンナウト後、野間がヒット、秋山が倒れるものの、西川がヒットで1,2塁。ただ、田中広輔が三振

 その後はチャンスらしいチャンスはなかったのですが、7回、ワンナウト後、西川がヒット、田中が絶妙なバントヒットで1,2塁

 ただ、デビットソンがフルカウントまでいくもショートフライ、會澤も三振でチャンスを逸します。

 大竹の前に最後まで得点できませんでしたね。

最後に

 今日も大竹の前に打線が沈黙し、森下を見殺しとなりました。

 ただ、投手陣はリリーフも含め、よく投げましたね。

 これは明日以降も安定したピッチングが期待できます。

 問題は打線でしょうか。

 やはり、打線の主軸に左打者が多いだけに、いい左腕が出てくると今日のような展開になってしまいます。

 マクブルームの復調が待たれますね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープランキング
広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 現役時代は阪神と毎日に在籍し、日本球界初のトリプルスリーを達成するなど強打者として活躍、現役引退後は、毎日、近鉄、大洋で監督を務めたあと、縁もゆかりもないカープで、1年間だけ指揮を執るも、将来的にカープの代表になる予定でもあった別当薫氏です

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました