森が5回2失点、デビットソン久々の一発でカープ3位浮上!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0118

本日の巨人戦は3-2でカープが勝ち

チーム 9
巨人 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2
広島 0 2 0 1 0 0 0 0 × 3

 昨日は、2カ月ぶりに大瀬良が勝利し、再び3位巨人に0.5ゲーム差としたカープ、今日は若手の森が先発し、何とか5回2失点に抑えると、打線はデビットソンが久々の一発、リリーフ陣も巨人の反撃を封じ、このカード勝ち越し、順位も巨人に代わって3位浮上です。

 

スポンサーリンク

森はまずまず

 今日の先発は、今季初先発の森でした。

 初回、2回は三者凡退、3回はワンナウトから中山に初ヒットを打たれるも後続を抑えます。

 ただ、ふた回り目から捉えられましたね。

 4回、先頭の吉川にツーベース、秋広が進塁打の後、岡本にタイムリーツーベース

 5回、ワンナウト後、山崎に不運な内野安打、オコエにツーベース、ここで吉川のツーベースの間に追加点

 結局、5回、投球数78、被安打6、奪三振5、与四球0、失点2という内容でした。

 中盤、打ち込まれはしましたが、与四球0ですし、まずまずよかったのではないでしょうか。

 これで今季初勝利。

 森は、なかなか強運ですよね。

スポンサーリンク

リリーフは大道、栗林、島内、矢崎

 6回から継投に入りました。

 6回、大道は、簡単にツーアウトを奪うも、ウォーカー、大城に連打を浴び、中山に粘られますが、何とかライトフライに打ち取っています。

 ここは、根負けしませんでした。この辺りは成長の跡でしょうかね。

 7回、栗林も簡単にツーアウトを奪うも、吉川にヒット、秋広の当たりは痛烈もファーストライナー

 8回、島内、今日は見事に三者凡退。

 9回、矢崎は先頭の大城にヒットを打たれ、中山に粘られるもダブルプレー、重信もファーストゴロで締めています

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、菊池、野間、秋山、西川、坂倉、田中、デビットソン、林、森でした。

 今日は、右投手相手でもあり、末包はベンチスタート、できれば常時出してほしいですね。

デビットソンが久々の一発

 今日も先制はカープでした。

 2回、先頭の西川がヒット、坂倉、田中が倒れるも、デビットソンが5月3日以来の一発

スポンサーリンク

 徐々にですが、状態を上げつつあるでしょうか。

田中広輔が追加点

 追加点は4回でした。

 ワンナウト後、西川ツーベース、坂倉が倒れるも、田中がタイムリーツーベース

 ただ、セカンドけん制タッチアウト。

 最近、サードはデビットソンが戻ってきたので、ショートは田中か上本が多い印象です。

 矢野の出番は減っていますね。

 やはり、打撃力が落ちるということでしょうか。

秋山が全くダメ

 今日も秋山が全く機能しませんでした

 4打数ノーヒット、2三振。

 特に6回、ノーアウト1塁で三振ゲッツー

 これで4割近くあった打率も304まで急降下。

 新井監督は、使い続けるようですが、本人も参っている様子ですから、ちょっと休ませてあげてもいいように思います。

最後に

 カープは何とか競り勝ち、これで3位に浮上しました。

 来週はいよいよ好調のDeNAとの3連戦が待っています。

 とにかく、カード勝ち越しできるように頑張ってほしいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープランキング
広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 精密機械と言われるコントロールを武器に、カープ歴代最多、9度の開幕投手を務め、5度のリーグ優勝に貢献、また、2度の沢村ショウ、MVPを獲得するほか、カープ歴代最多の通算213勝を挙げ、20世紀最後の200勝投手となるなど、カープ黄金期を支えた大エース、北別府学氏です。 

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました