大瀬良はやはりダメだが、カープ何とか連敗ストップ!! 

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0120

本日の阪神戦は7-6でカープが勝ち

チーム
阪神 2 0 3 0 0 0 0 0 1 6
広島 2 0 0 0 2 3 0 0 × 7

 先週はロードで悪夢の1週間、6連敗中のカープは、今日から首位阪神との3連戦。しかし、先発は大瀬良、やはり、ダメでした。4回5失点と今日も大乱調。しかし、打線が粘り強く逆転、リリーフ陣も9回の1点に抑え、やっと長いトンネルを抜けました

 

スポンサーリンク

大瀬良はお馴染みの背信投球

 先発は連敗中の大瀬良でした。

 満を持しての登板だったとは思いますが、今日もやはりダメでしたね。

 初回、近本にヒット、盗塁もあり、ワンナウトサード、ここで森下に先制のホームラン。

 今日も初回に失点ですからね。イヤになります。

 2回は無失点に抑えるも、3回、ワンナウト後、近本、中野に長短打を浴び2、3塁。

 ここで、またしても森下に2点タイムリー。

 しかし、森下に打たれ過ぎですよね。打率だってそんな高い訳でもないのに、もっと研究してほしいものです。

 更に佐藤にもタイムリーを浴び、この回3点目

 結局、4回、投球数76、被安打6、奪三振3、与四球0、失点5という内容でした。

 いい加減、2軍に落としてほしいですね。

スポンサーリンク

リリーフは、大道、ターリー、栗林、島内、矢崎

 5回から継投に入りました。

 大道、ターリー、栗林はいいピッチングでしたね。

 ただ、島内、矢崎がヒヤヒヤ

 島内は、森下、大山の長短打でいきなり、ノーアウト2,3塁のピンチ

 ただ、佐藤、糸原を連続三振、原口をショートゴロでピンチを切り抜けます。

 矢崎も、木浪、小野寺に連打、近本はダブルプレーに打ち取るも、中野にタイムリーを浴びます。

 矢崎は、先日、中日戦で、ノーアウトから2者連続ホームラン、今日も連続2安打で、4者連続ヒット、どうも疲れがきているのかも知れませんね。

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、菊池、野間、小園、西川、上本、坂倉、デビットソン、堂林、大瀬良でした。

 今日は初めて3番に小園が入りました。

 今日は、この打順が機能しましたね。 

初回、小園がツーラン

 初回、2点を先制された直後、ワンナウト後、野間がフォアボール、小園がライトスタンドへホームラン。

 ここは思い切りのいい打撃を見せてくれましたね。

5回に1点差まで詰め寄る

スポンサーリンク

 チャンスは5回にやってきました。

 菊池、野間の連打で1,2塁、小園が併殺でツーアウト3塁となり、チャンスが途絶えたと思いましたが、西川が粘って末にレフト線にタイムリーツーベース。

 更に代打、會澤が詰まりながらもセンターへタイムリーで1点差。

 會澤は良く打ってくれました。

6回にデビットソンの同点アーチ&小園が逆転タイムリー

 続く6回。デビットソンが同点ホームラン

 やはりホームランがある打者は、一振りで決めてくれます。頼りになりますね。

 ワンナウト後、田中、菊池が連続フォアボール、野間は倒れるも、小園が今度は流してレフトへタイムリー、更に西川も連続タイムリーで、この回3点。 

疑問の采配は曽根へのチェンジ

 勝ったからいいものの、よくわからない采配もありましたね。

 7回、ワンナウト後、デビットソンがツーベース、代走矢野が3盗。ここは見事でした。

 続く打者は曽根。前のイニングから堂林に代えて外野の守備に入っていました。

 曽根に代えてもいいけど、早いと思っていたらチャンスで回ってきました。

 控えの野手を考えると代打、松山という訳にもいかず。

 結局、三振、しかも何故か矢野が飛び出し。矢野も何を考えているのか・・・

 

最後に

 今日も、先発が大量失点、大瀬良がまたも試合をぶち壊したかと思いましたが、打線がよく粘ってくれました。

 ただ、大瀬良はいい加減、2軍に落とすべきでしょう。

 新井監督は、フラットに見ると言っているのですから、いくらエースと思っていても、今日負けていたら大瀬良は10敗目でした。

 また、調子を上げて9月頃に戻って来てもらえばいいのではないでしょうかね。

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 まだ、「トレーナー」という言葉が定着していなかった1963年、カープに加入すると、東京オリンピックで遭遇した、アメリカのトレーナーが実践していたケア方法を取り入れるほか、肩や肘をケアするアイシングをいち早く日本球界に持ち込むなど、時代のパイオニアとして活躍、2020年まで58年の長きにわたり、裏方としてカープを支えた福永富雄氏。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

  1. max より:

    こんばんは。
    エース様()は巨人の菅野と変わらない哀れな裸の王様と化してますね。
    中継ぎは打たれましたけどまあ勝ったからとりあえずはいいでしょう。

    なんだかんだでライト守ってた人も四球選べているので調子はいいのかなと感じました。
    ただ彼の理想は代走ぐらいで外野手には長打もしくはハイレベルな守備走塁をまとめたいですが。

    日替わりヒーロー枠になれそうな人が見当たらないのは不安です。

    デビットソンは確実性はないですがたまに打ってくれますし、守備の面でもなかなかだと思います。
    三塁やりながら一塁やったりもしますし。

タイトルとURLをコピーしました