レフトのポジションを奪うのはまさかの大穴なのか!?

スポンサーリンク
雑感

若手外野手がアピール合戦

 今年、カープの注目ポイントの一つは、何といっても西川が抜けたレフトのポジションを誰が埋めるかということでしょう。一昨日から始まった紅白戦では、田村、中村奨成、中村貴浩などが結果を残していますが、思ってもいなかった選手も猛アピールしています。

 

スポンサーリンク

外野手争い

 当初、ポスト西川の一番手は、昨年二桁ホームランをマークした末包、成長著しい田村の一騎打ちかと思われていました。

 ところが末包がケガで離脱すると、田村のほか、中村奨成、中村貴浩、中村健人と3人の中村に加え、大卒2年目の久保が猛アピールしており、混沌としてきました。

 もしかしたら、思ってもいなかった大穴の久保選手がポジションを奪うかも知れません。

スポンサーリンク

久保外野手とは

 久保外野手は、大阪府出身で、2022年ドラフト7位で指名され2年目の選手です。

 担当の鞘師スカウトによると、守備と走塁は一級品だそうで、後はバッティングだけ。

 昨年、一軍経験はありませんが、大学時代、カープでもコーチ経験のある伊勢氏の指導を受け、打撃力が向上したそうで、今年もヤクルトの山田と自主トレを行い、何かを掴んだようです。

 ただ、昨年、一軍での起用もなく、ドラフト7位なので、正直、あまり注目していませんでした。

スポンサーリンク

紅白戦でアピール

 久保選手は、10日から始まった紅白戦で2試合連続のマルチヒット、盗塁も決めるなど存分にアピールしており、15日から始まる沖縄一軍キャンプへの参加も決まったようです。

 これは嬉しいですね。

外野手争い

スポンサーリンク

 現在、外野のレギュラーは、野間、秋山が確定と思いますが、2人が左なので、個人的にはもう一名は右を期待したいですね。

 ただ、一番手だった末包が離脱しましたので、右の候補となれば、中村奨成、中村健人、そして久保の3名になります。

 ただ、このような高レベルの争いになると、野間や秋山などもうかうかしていられないでしょう。

 高いレベルで競い合ってほしいですね。

最後に

 本日、15日から行われる沖縄キャンプのメンバーが発表されました。

 しかし、例年と違うのは、多くの若手選手が抜擢されているということでしょうか。

 外野の秋山、野間などは2軍ですし、松山、上本などもいません

 どこかで合流するのでしょうけど、それまでの間、若手はアピールするしかありませんね。 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 本日、ユーチューブにアップしています。

 地元、崇徳高校では春の選抜で全国制覇、走攻守3拍子揃った好選手としてカープに入団すると、スイッチヒッターに転向、プロ5年目に外野守備でコンクリートフェンスに激突して大怪我のアクシデントに見舞われるも、不屈の精神で乗り越え、803試合連続出場のほか、3年連続3割、26試合連続安打、通算228盗塁など数々の記録を樹立、選手会長となった1991年には、病に倒れた津田のためにも優勝をと訴えるなど、カープ黄金期を支えた山崎隆造氏です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました