森下の粘投、栗林の守護神返り咲きでカープ、今季巨人戦勝ち越し決める!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0133

本日の巨人戦は6-3でカープが勝ち

チーム
巨人 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
広島 0 1 0 0 3 2 0 0 × 6

 昨日は3点先制するも、島内、矢崎が乱調で痛い星を落としたカープ、今日は森下の粘り、抹消された矢崎に代わり、守護神に返り咲いた栗林が危なげなく9回を抑えカープが6-3で勝利しています。

 

スポンサーリンク

森下は8回3失点

 先発は前回、中日戦、7回3失点も負け投手になった森下でした。

 今日も序盤、制球に苦しみますが何とか無失点に凌ぎました。

 初回、2回とツーアウトランナーなしからツーベースを打たれるも後続を断ちます。

 また、3回は先頭の梶谷にアンラッキーなヒットを打たれ、ワンナウト1,2塁のピンチを招くも、岡本を三振、大城フォアボールも、丸をライトフライに打ち取ります。

 序盤は球数も多く、どうなることか不安でしたが、4回以降はナイスピッチングで、7回まで三者凡退に抑えます。

 ただ、8回、先頭の梶谷にヒット、吉川を打ち取るも秋広にヒットで1,2塁。

 ここで岡本に痛恨のスリーラン。カウントツーストライクノーボールと追い込んでいただけに、非常にもったいない1球でした。

 結局、8回、投球数120、被安打7、奪三振5、与四球2、失点3という内容でした。

 今日も序盤良くなかったですが、粘りを見せてくれました。

 強いて言うなら、8回、岡本への投球が悔やまれますね。

スポンサーリンク

守護神は栗林

 本日、矢崎が抹消され、9回の抑えは栗林しかいないと思っていましたが、そのとおりでしたね。

 今日は、長野をライトフライの後、2者連続三振と、危なげなく抑えました。

 守護神、返り咲きですね。

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、野間、矢野、菊池、西川、坂倉、デビットソン、会澤、末包、森下でした。

 今日は矢野が2番、末包が8番スタメンでしたが、この起用がはまりましたね。

2回、末包のタイムリーで先制

 初回、2回ツーアウトまで、巨人先発、横川にのらりくらりと嫌な感じでしたが、デビットソンのツーベースでチャンスを作ります。

 会澤フォアボールのあと、末包が右中間にタイムリーツーベース。

スポンサーリンク

 ここは見事なバッティングでした。

5回、相手のミスに付け込む

 追加点が欲しかったカープ。

 5回、ワンナウト後、森下の左中間のフライを、丸と秋広がお見合いで記録はツーベース

 ここはラッキーでした。続く野間がタイムリー、しかし、森下がホームに帰ってくるとは思ってもいませんでしたが、よく回しましたね。

 ただ、野間の盗塁失敗でチャンスがつぶれたと思いましたが、矢野がしぶとくセンター前、すかさず盗塁を決めると菊池がフォアボール。

 更に西川の打球、レフトフライかと思いきや、レフト秋広の頭上を越える2点タイムリー

 ここは見事でした。

6回は一発攻勢

 続く6回もデビットソン、末包の2本のソロで追加点。

 右の長距離砲2人が揃ってホームランですから、ここは素直にうれしいですね。

 

最後に

 今日は、森下、栗林という、昨年までの黄金リレーで勝利しました。

 また、打線も相手のミスに付け込む、機動力を使うなど、小技のほか、2本のアーチもあるなど、大技でも見せてくれました。

 阪神との差はなかなか詰まりませんが、カープは勝つのみ。

 明日、カード勝ち越しを掛け、絶対に勝ってほしいものです。

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 まだ、「トレーナー」という言葉が定着していなかった1963年、カープに加入すると、東京オリンピックで遭遇した、アメリカのトレーナーが実践していたケア方法を取り入れるほか、肩や肘をケアするアイシングをいち早く日本球界に持ち込むなど、時代のパイオニアとして活躍、2020年まで58年の長きにわたり、裏方としてカープを支えた福永富雄氏。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました