マクブルームがブレーキ 栗林が大誤算! カープ交流戦2カード連続負け越し!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0118

本日のソフトバンク戦は3-2でカープが負け

チーム 9
ソフトバンク 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
広島 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2

 昨日は、最終回までヒヤヒヤながら勝ったカープ、今日も初回に先制、アンダーソンもノーヒットの快投を見せるも、6回に登板した栗林が3失点の大乱調、打線もランナーを置いて、何度もマクブルームが打席に入るも全くダメ、これで交流戦2カード連続の負け越しとなっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】MT1601 広島風お好み焼き(4枚セット)
価格:16,000円(税込、送料無料) (2023/5/25時点)

 

スポンサーリンク

アンダーソンはノーヒットの好投もアクシデントか

 今日の先発は、先週のヤクルト戦で7回1失点で勝ち投手となったアンダーソンでした。

 今日は、初回からリズムよく投げ込んできました

 3回まではフォアボール一つ与えただけで、このままいくのかと思われたのですが、4回、ツーアウト後、突如、制球を乱しました。

 柳田、柳町と連続フォアボール、最後、栗原を何とかレフトフライに打ち取りましたが、この回で降板となっています。

 結局、5回、86球、被安打0、与四球3、奪三振5、失点0という内容でした。

 アンダーソンは先日も、足がつったとかで途中降板していますが、今日はどうなんでしょうかね。

スポンサーリンク

栗林が崩れる

 6回に登板したのは栗林でしたが、失点します。

 先頭の中村の打球はレフト西川が目測を誤りツーベース。牧原の打球は投手前に大きく弾んだ打球、これを栗林が太陽が目に入り、内野安打となり1、3塁

 ここで近藤にライト前タイムリーで同点に追いつかれると、更に柳田にもスリーベースヒット、近藤はホームタッチアウトになるも、逆転を許すと、柳町にもタイムリーツーベースを浴びます。

 栗林は不運な当たりがあったとはいえ、まだまだ本調子ではないですね。

 昨日、8回、9回に登板しなかったことも頷ける内容でした。

スポンサーリンク

7回以降、なんとか粘る

 7回は森浦、8回はターリー、9回は矢崎が登板し、いずれも先頭打者をヒットで出塁させますが、何とか後続を抑えています。

 ここで粘ることができるか、できないかが大きいですね。

今日のスタメン

  今日のスタメンは、菊池、矢野、秋山、マクブルーム、西川、坂倉、林、曽根、アンダーソンでした。

 今日も、非力な曽根がスタメン

打線は初回に先制するも

 打線は、今日も初回に先制しました。

 ワンナウト後、矢野が初球をヒット、すかさず盗塁を決め、更に悪送球でサードへ。

 ここで秋山がセンタータイムリー

 ここはさすがの内容でした。

 しかし、マクブルームが三振、西川も倒れます。

 2回先頭の坂倉がツーベースも、林がいい当たりのショートライナー、曽根、アンダーソンも倒れ得点ならず。

スポンサーリンク

 4回もワンナウト後、西川ヒットも坂倉がダブルプレー。

 5回もワンナウト後、曽根がヒット、代打韮沢フォアボールで1,2塁。ただ、菊池がショートゴロ併殺崩れで1,3塁。しかし矢野が三振。

6回に代打4人攻勢も1点どまり

 6回は、先頭の秋山がフォアボール、マクブルームはレフトフライ、ただ、西川、坂倉と連続フォアボール。

 ここで相手の藤井をマウンドから降ろすと代打攻勢。

 林に代わる代打上本が執念のポテンヒットで1点差

 続く、曽根に代わり堂林、ただ、相手も投手交代で、代打の代打、松山、しかし、ファーストゴロ、続く代打磯村もピッチャーゴロ。

 この回、4人代打を送りますが1点止まりでしたね。

7回のチャンスもマクブルームがダブルプレー

 7回も、先頭の菊池が内野安打、矢野が送ると秋山フォアボールで1,2塁、しかし、マクブルームが最悪のダブルプレー。

 やはり、4番が打たないと勝てませんね。

 

最後に

 今日の試合も工夫次第で勝てた試合だと思いますが、残念な結果になりました。

 特に、打線ではマクブルームがランナーを置いて全く仕事ができずブレーキ、また、なんで曽根がスタメンなのか、理解に苦しみます。

 打線は、西川、坂倉が好調なだけに、マクブルームが流れを分断していますね。

 確かにいい当たりもあるのですが、ランナーなしの場面が多いです。チャンスで打つのが4番ですからね。

 また、曽根のスタメンって、一体何がしたいのか。

 チャンスで代打を出されるくらいなら、最初から出さなければいいんです。そうでないと、コマ不足が響いてきます。

 投手陣については、こんなもんでしょうか。

 ただ、栗林は、再調整した方がいいかも知れません

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 1964年、カープに入団すると、あの沢村栄治しか達成していない、3度のノーヒット・ノーラン、うち1回は完全試合を達成するなど、大エースとして活躍、1975年には、20勝を挙げ、最多勝のタイトルに輝くなど、カープ初優勝にも大きく貢献した、外木場義郎氏です。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

  1. max より:

    顔見せのための曽根スタメンでしたが別に特に意味はなかったですね。
    そもそも顔見せするなら代走でもいいんですけど。

    4番にいる聖域は監督に選ばれてるから危機感なんてないと思いますよ。
    たまに帳尻ヒットを打つからタチが悪いですよね。
    マクブルームが出てきたらファンはブーイングでいいんじゃないですか?

    栗林に関してはもう本人が大丈夫と言ってもトレーナーがダメと言うならもう登板させないとかでいいと思いますよ。
    そもそも侍のトレーナーに壊されたと言うならさっさと侍の関係者を訴えればいいんですけどね。

タイトルとURLをコピーしました