栗林がプロ初勝利!! カープ逆転勝ちで貯金1へ! 

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0133

本日の日ハム戦は3-2でカープが勝ち

チーム 9
広島 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3
日ハム 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2

 先週から始まった交流戦、カープは2カード連続の負け越しで、今年も交流戦苦労しています。今日からは日本ハムとの3連戦、2点を先制され、カープもすぐに1点を返します。その後、大瀬良が粘投を見せると、8回ツーアウトランナーなしから2点を入れて逆転したカープが逃げ切っています

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】MT1601 広島風お好み焼き(4枚セット)
価格:16,000円(税込、送料無料) (2023/5/25時点)

 

スポンサーリンク

大瀬良は粘投

 今日の先発は、先週のオリックス戦で負け投手となった大瀬良でした。

 今日は序盤は良かったのですが、2回はワンナウトからデッドボール、ただ、ここは盗塁失敗に助けられました。

 ただ、3回、先頭の郡にヒット、バントで送られ、細川に進塁打を打たれランナーサード、ここで松本にツーランホームラン。ここはツーアウトをとっていただけにもったいなかったですね。

 その後も、4回、ワンナウト1,3塁のピンチを招くも、スクイズ失敗などもあり無失点

 5回、ツーアウト1,3塁のピンチも万波を三振

 6回も、ワンナウト1,2塁のピンチを招きますが何とか抑えました

 結局、6回、投球数115、被安打7、与四死球3、奪三振6、失点2という内容でした。

 今日は2点取られましたが、その後は良く粘ったのではないでしょうかね。

スポンサーリンク

リリーフは栗林、島内、矢崎

 7回は、先日、大乱調で負け投手となった栗林でした。

 今日は、ツーアウトからヒットを許すも後続を抑え無失点。何とか抑えましたが、まだまだ全盛期には程遠い印象ですね。

 ただ、登板後、味方が逆転し、これでプロ初勝利となりました。

 8回は味方が逆転し、島内が登板しました。

 島内はハンソンを三振に打ち取るものの、野村にフォアボール、しかし、ここで三振ゲッツー。ここはラッキーでしたね。

 9回は1点差で矢崎が登板すると、今日は危なげなく三者凡退で締めています。

スポンサーリンク

今日のスタメン

  今日のスタメンは、菊池、野間、秋山、マクブルーム、西川、上本、堂林、會澤、矢野でした。

  今日は野間がスタメン復帰しましたね。

序盤拙攻で無得点

 打線は2回、マクブルームがヒット、西川フォアボールでノーアウト1,2塁のチャンス

スポンサーリンク

 ただ、上本が三振、堂林レフトフライ、會澤三振に倒れます。ここは上本バント失敗で送れなかったのが痛かったですね

 3回も先頭の矢野がヒットで出塁も、菊池がレフトフライ、野間がダブルプレー。ここは何か動きがあると思ったのですが、簡単に打ち取られましたね。

 最近、菊池の当たりが止まっているだけに、せめて、エンドランなりかけてほしかったです。

4回、1点を返す

 4回、ツーアウトランナーなしから、西川ツーベース、上本ヒットで1,3塁。ここで堂林がタイムリーツーベースで1点を返します

 ただ、會澤がセカンドゴロ。會澤は全く打つ気配がないですね。

 今日は相手投手が左なので使ったのかも知れませんが、坂倉でいいのではないでしょうかね。

8回、ツーアウトランナーなしから逆転

 5回以降チャンスがなかったのですが、8回も、ツーアウトランナーなしからチャンスを掴みます。

 秋山がヒット、マクブルームフォアボールで1,2塁。ここで西川がレフトへタイムリー、更に代打松山がレフトライン際にポテンヒットで逆転。

 ここはマクブルーム、西川がよく粘って繋ぎましたね。

 

最後に

 今日は、序盤の拙攻でイヤな流れでしたが、大瀬良がツーランホームランの2点に抑え、再三のピンチも凌ぐ粘投でした。

 8回ツーアウトから、よく繋いでの勝利。

 先発の大瀬良に勝ちは付きませんでしたが、不振の栗林にプロ初勝利が付き、これをきっかけに乗っていってくれればと思いますね。

 チームは、今日負ければ、5割を切るところでしたし、また、週の初めできつかったのですが、よく勝ちました。交流戦3カード目で初めて初戦をモノにしました

 明日も勝ってカード勝ち越しを決めてほしいものです。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 1975年、カープに移籍すると、貴重な中継ぎ左腕投手として、55試合に登板、特にオールスターゲーム明けの後半戦は28試合、50イニング以上投げ切り、防御率、0.55をマークするなど、古葉監督から、「陰のMVP」と言わしめ、初優勝に大きく貢献した渡辺弘基氏。 

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

  1. max より:

    おはようございます。

    正直野間は毎年見なれた怪我から復帰→経験値リセットでしたね。
    主力選手、周りの記者、首脳陣などの権力ある人にゴマスリするのは得意なので起用されますし、自分が試合出れていれば勝ち負けなんて関係ないような感じに思えますからどれだけチームに迷惑かけようがお構いなし、チームは勝ちましたけど必要ないので帳尻ヒット打ちましたが二軍強制送還でいいですよ。

    DHマクブルームは意味不明でしたね。
    坂倉でいいのでは?と思いました。
    マクブルーム一塁、堂林ライトの方が守備の面でまだいいですよ。

    矢野が2番でそれなりに結果出せていたのに、DHの兼ね合いで9番なのでしょうが代わりの2番が残念でした。

タイトルとURLをコピーしました