カープ外野陣が3捕殺で九里を援護も、投手陣が踏ん張り切れず!! 

公式戦試合の感想(2022年)
スポンサーリンク

本日の巨人戦は3-6でカープが敗北

チーム
巨人 0 0 0 0 0 3 1 2 0 6
広島 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3

 昨日は、菊池のコンディション不良のため、若手主体で臨んだカープ。今日も昨日と同様のメンバーで臨み、中盤まではカープ外野手の3捕殺などで失点を防いでいましたが、中盤以降、先発九里を始め中継投手陣も踏ん張り切れず、逆転負けを喫しています。

 

スポンサーリンク

九里の制球難を外野手が3捕殺で救うも

 先発はここまで防御率リーグトップの1.65を誇る九里でしたが、今日は細かいコントロールがなく、制球に苦しみました。

 2回までは三者凡退に抑えていましたが、3回以降はピンチの連続でした。

 3回、ツーアウトセカンドの場面、吉川がライト前ヒットを放つもライト中村健人のバックホームでセカンドランナー大城が本塁憤死。

 4回、同じくツーアウトセカンドの場面、丸がライト前ヒットを放つもライト中村健人のバックホームでセカンドランナー香月が本塁憤死。

 5回、ツーアウト1,2塁の場面、吉川がセンター前ヒットを放つもセンター西川のバックホームでセカンドランナー大城が本塁憤死。

 以上のとおり、3イニング連続で中村健人、西川の捕殺が九里を助けました

 この後、味方が3点先制し、九里は、これでリズムに乗るかと思いましたが、最後までダメでしたね。

 6回、香月にヒット、ボランコにフォアボールでノーアウト1,2塁。ここで岡本に対しノーストライクスリーボールとなったため、真ん中に投げたボールを見逃してくれませんでした。打った瞬間ホームランで同点とされます。

 同点に追いつかれ、更に丸にヒット、ウォーカーを打ち取ったところで降板となりました。

 結局、5回1/3、投球数97、被安打6、奪三振3、与四球5、失点3という内容でした。

 次回はしっかり立て直してほしいものです。

スポンサーリンク

リリーフは森浦が抑えるも塹江、黒原が打ち込まれる

 6回途中から登板した森浦は大城、湯浅を抑えますが、7回に登板した塹江は抑えきれませんでしたね。

 先頭の廣岡をフォアボール、暴投でセカンドに進まれ、吉川の進塁打でワンアウトサード。ここで中島にツーベースを打たれ勝ち越されました。やはり、先頭をフォアボールで出してしまうと、こうなるケースが多いですね。

 更に8回に登板した黒原も、ワンナウトからウォーカーにヒット、大城をセカンドゴロに打ち取るも、セカンド上本で併殺が取れず、続く湯浅をフォアボール、ここで廣岡に右中間を破られるスリーベースヒットを打たれ2失点、更に吉川にデッドボール。ここですかさず矢崎が登板し何とか松原を三振に抑えました。

スポンサーリンク

今日も菊池不在のラインナップ

 今日も菊池がベンチ外で、投手以外昨日と同じメンバーがスタメンに名を連ねました。ただ、チャンスは作るものの、ミスもありなかなか得点できませんでしたね。

 初回、ツーアウト満塁のチャンスを掴むも中村健人が内野ゴロ。

 3回は先頭の堂林がツーベースで出塁するも、上本がバント失敗で堂林がサード封殺。

 4回は先頭の坂倉がヒットで出塁し、中村健人がセフティー気味のバントを見せ、ワンナウトセカンドとしますが、小園、矢野が抑えられます。

 5回はワンナウト満塁から、マクブルームの2点タイムリー、中村健人のタイムリーで先制しますが、得点はこの回の3点のみでした。

野手の戦犯は上本、矢野、小園か

 今日は投手陣が踏ん張り切れませんでしたが、野手もチャンスをことごとく潰しています。

 野手の戦犯として、上本、矢野、小園が挙げられるでしょう。

 上本は、3回、ノーアウトセカンドの場面、バント失敗でセカンドランナー堂林をサードでアウトにされると、5回ノーアウト1,2塁の場面、ショートゴロでランナーを送れず

 走塁では、7回、ヒットで出塁するもけん制タッチアウト

 守備では、ワンナウト1塁で大城の打球を、突っ込まずに捕球して併殺を取れず

 ここまでよく頑張っていますが、やはり1年間レギュラーで出続けるには無理があるでしょうね。

 また、矢野についても、昨日はたまたま第1打席にタイムリーを打ちましたが、その後の打席はいいところがなく、今日も全く打てる気配がありません2軍では安部が絶好調なのに、何故非力な矢野をスタメンで使うのか意味がわかりません。

 小園に関しても、昨日は3安打しましたが、今日は4打席凡退といいところがありません。やはりたまたまだったのでしょうか。残念です。

最後に

 今日も菊池が欠場しましたが、記録に残らないものも含め、これが響いていますね。

 また、投手陣もシーズン前からの課題である四球病を克服することができず、勝ちパターンも形成できません。

 明日は、いよいよ新外国人投手のアンダーソンがベールを脱ぎます。

 野手については、2軍で好調の野間や安部を上げて、このイヤな流れを変えてほしいものです。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました