明日から後半戦開始 カープはどう戦う 2位狙いか、あくまでも優勝を目指すのか!?

雑感
スポンサーリンク

明日から後半戦が開始

 昨日、オールスター戦が終わり、プロ野球は後半戦に突入します。ただ、厳密に言えば、143試合のうち、カープは既に95試合を消化しており、残りは48試合しかありません。現在、首位ヤクルトとのゲーム差は11ありますので、残り試合数からして、逆転するのは至難の技です。カープは明日から2位狙いでいくのか、あくまでも優勝を目指すのか考えてみました。

 

スポンサーリンク

現在の順位

 次の表は、今日現在のセリーグの順位表です。

チーム 勝敗(勝率) ゲーム差
ヤクルト 56勝34敗1分(622)  
広島 46勝46敗3分(500) 11.0
阪神 46勝46敗2分(500) ---
DeNA 42勝45敗2分(483) 1.5
巨人 45勝50敗1分(474) 1.0
中日 38勝50敗1分(432) 3.5

 ご覧のとおり、カープは阪神と並んで2位です。ヤクルトとのゲーム差は11あります。

 もし、ヤクルトが5割のペース(26勝26敗)で戦った場合、82勝60敗(577)となります。

 カープがこれを上回るには、35勝13敗のペースで戦う必要があり、その場合、最終成績は、81勝59敗(579)となります。これは、かなりのハイペースとなりますね。

スポンサーリンク

優勝するためには

 カープがヤクルトを上回るためには、カープの調子がいいだけでは無理でしょう。カープが勝ち続けると同時に、ヤクルトも負け続ける必要がありますね。

 ただ、チャンスがない訳ではないと思います。阪神も開幕当初の大失速から、ここまでV字回復してきましたし、ヤクルトも今までどおり圧倒的な強さでは戦えないと思います。

スポンサーリンク

優勝を目指すのか、2位狙いか

 2位狙いで行くならば、上位との対戦は目をつぶり、下位チームにエース格をぶつけ、下位チームから確実に白星をゲットする方式です。

 かつて、カープは1998年から2012年まで15年連続Bクラスに沈んでいました。

 2013年、初のCS出場を果たすことになるのですが、当時のエース、前田健太は、横浜、ヤクルトなど下位チームを中心に登板しており、優勝した巨人戦にはほとんど登板しませんでしたね。

 ただ、カープはCSで、ファーストステージは勝ち抜くものの、ファイナルシリーズでは巨人に1勝もできませんでした

 ですから、あまり得策ではありませんし、ファンとすれば、最後の最後までヤクルトを追ってほしいですよね。

夏場を左右するのはリリーフ投手陣が持ちこたえるかどうか

 暑い夏場では、どうしても打者有利になります。となると、特に中継ぎ投手がへばることなく、持ちこたえることができるかどうかが鍵となりそうです。

 次の表は、登板数が多い投手上位20人を列記したものです。

順位 登板試合数 投手名
1 45 伊勢(横浜)、エスコバー(横浜)
3 42 鍬原(巨人)
4 39 今村(巨人)
5 37 岩崎(阪神)、湯浅(阪神)
7 36 清水(中日)、平内(巨人)、大勢(巨人)、高梨(巨人)
11 35 田中健二朗(横浜)、マクガフ(ヤクルト)
13 34 岩貞(阪神)
14 33 藤嶋(中日)、山崎(横浜)、入江(横浜)
17 32 マルティネス(中日)、今野(ヤクルト)、平田(横浜)、栗林(広島)
21 31 木澤(ヤクルト)

 この表を見ると、球団別では横浜DeNAが6人、巨人が5人、阪神・中日が3人、ヤクルトが2人、カープが1人となっており、横浜DeNAの投手陣が登板過多となっているような感じですね。

 カープは最多の栗林でも32試合ですし、上位20人の中に栗林以外の投手はいません

 これら、登板数が多い投手が、必ずしも夏にくたばると言い切ることはできませんが、ある程度の目安にはなるのではないでしょうか。

最後に

 いろいろ、検証してみましたが、一番のリスクは何と言ってもコロナです。

 一時のヤクルトのように、陽性者が大量発生すると一気に戦力がダウンし、順位も下がるでしょう。カープは今日、磯村が陽性判定を受けています。

 ただ、こればかりは、全く予想することができません。対策を万全にしていても陽性になりますし、ある意味、運としかいいようがないですよね。

 しかも、カープの場合、リーグの中で一番、移動距離が長く、その分リスクも高くなります

 ここは祈るしかないでしょうね。 

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました