4番に代打、新井監督執念の采配も、延長12回逆転サヨナラ負け!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0118

本日の巨人戦は5-4でカープがサヨナラ負け

チーム 10 11 12
広島 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 4
巨人 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 5

  今週から始まった2週間ロード、カープは4連勝と最高のスタートを切り、今日は2カード連続の勝ち越しを掛け、森下が先発し、6回2失点に抑えると、打線が同点に追いつき延長へ。延長12回、2点を奪って勝ち越しますが、その裏、松本が大乱調で逆転負けを喫しています。

 

スポンサーリンク

森下は粘りのピッチング

 今日の先発は、5月4日今季初登板を果たした森下でした。

 今日は、全体的に球が高かったですね。それでも、初回は秋山の好守備もあり、3人で抑えます。 

 ただ、2回は、ワンナウト後、大城、秋広に連打を浴びると、岡田フォアボールで満塁。ここで門脇の打球をマクブルームがよく抑えるのですが、ホームが間に合わず先制されます。

 これは仕方ないでしょうね。

 続く、3回、ツーアウトランナーなしから坂本にホームランを浴びます。

 ツーアウトで油断した訳ではないのですが、坂本はカープ戦によく打ちます

 その後、4回は一人ランナーを出すものの抑えると、5回、大きなピンチを招きます。

 先頭のグリフィンの打球、前進していたライト野間が追いつけず、三塁打。

 続く吉川の打球、韮沢が追いつくも内野安打。ただ、丸をダブルプレー、坂本フォアボールも岡本を打ち取ります。

 結局、6回、投球数94、被安打6、奪三振7、与四球2、失点2という内容でした。

 悪いなりにしっかりクオリティースタートを決めるのはさすがですね。 

スポンサーリンク

リリーフは戸根、ケムナ、島内、矢崎、塹江は無失点リレー

 7回は戸根が登板、ワンナウト後、ウォーカーにヒットを打たれますが、後続を打ち取っています。

 8回はケムナが登板、先頭の岡本にフォアボールを与えるも、大城を三振、ただ、秋広にヒットも、岡田、門脇と連続三振に抑えます。

 9回は島内が登板、ツーアウトから丸にヒットを打たれますが、後続を抑えます。

 延長10回は矢崎が登板、先頭の重信にフォアボールを与え、大城、秋広を抑えるものの、中山の打席でワイルドピッチ、中山の当たりはファーストゴロですが、1塁セーフの判定、重信がホームインでサヨナラかと思われましたが、リクエストで1塁判定が覆り、この回も無失点に抑えます。

 11回は塹江が登板、ワンナウト後、ブリンソンをフォアボールで歩かすも、けん制で誘い出しアウト、続く吉川をレフトフライ。

 ここまでは良く粘りました。

スポンサーリンク

延長12回、松本が乱調

 そして延長12回、味方が勝ち越しに成功し、登板したのは松本でした。

 ただ、松本が大誤算でした。

 先頭の丸にフォアボール、坂本ヒット、重信フォアボールでノーアウト満塁

 大城の当たりはライト大盛がフェンスにぶつかりながらも好捕。しかし犠牲フライで1点差

 続く秋広にレフト線へタイムリーを打たれ同点に追いつかれます。

 続く長野申告敬遠、廣岡を三振に打ち取るも、ブリンソンにサヨナラタイムリーを浴びました。

 いやはや、松本はボール先行で全くダメ、控えに大道、ターリーが残っていたのですが、連投になるので温存したのでしょうかね

打線は今日も初回拙攻

 今日の打線は、菊池、野間、秋山、マクブルーム、西川、デビットソン、韮沢、會澤、森下の並びでした。

スポンサーリンク

 今日は相手が左にもかかわらず、野間、韮沢を入れたということは、昨日、3三振の堂林や上本より打てるという判断でしょうかね。

 ただ、今日も初回、ノーアウト1,2塁のチャンスを作るも、クリーンアップの3人が三振で、チャンスを潰します。

 どうも、最近、こんな場面が多いですね。

6回に得点

 打線は、初回のチャンスを潰した後、グリフィンが立ち直り、三振の山を築きます。

 ようやく、6回、先頭の菊池がツーベース、野間が送ると、秋山がタイムリーで1点返します。 

 なおもチャンスでしたが、マクブルームの打球、いい当たりもサード門脇に抑えられダブルプレー。これは仕方ないですね。

 門脇には、7回、デビットソンのライン際、長打コースの打球も阻まれています

9回、4番に代打で同点

 1点ビハインドの9回、先頭の野間がフォアボールで出塁すると、代走羽月が初球、盗塁を決め、ランナーセカンド。

 ここで秋山がバントを決めると、続く4番マクブルームに、なんと代打、松山

 松山は高いバウンドのセカンドゴロ。羽月が生還して同点に追いつきます。

 しかし、ここは初球盗塁、4番に代打など、新井監督の執念の采配が実りましたね。

 ここはしびれました。

延長12回勝ち越し

 延長10回、11回とチャンスがなかったのですが、12回チャンスを作ります。

 先頭の秋山がヒット、松山セカンドゴロも、西川がレフト線へツーベースで2,3塁

 デビットソンが申告敬遠で満塁、ここで代打磯村が押し出しデッドボール、更に堂林がタイムリーで2点目を上げます。

 ただ、続くワンナウト満塁のチャンスで追加点を挙げることができなかったのが響きましたね。

 

最後に

 今日は、新井監督が9回、羽月の盗塁、秋山のバント、4番マクブルームへ代打、松山と、近年、見たことのない見事な采配で追いつき、12回、2点を奪って勝ちかと思ったのですが、松本が大誤算でしたね。

 やはり、コントロールは大事です。

 明日、引きずらないように、また0からのスタートで切り替えて頑張ってほしいものです。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 1950年、カープ創立時、栄えある最初の開幕投手に指名され、開幕戦は敗れたものの、3月14日、球団勝利第1号投手としてチームの歴史に名を残し、カープ移籍前には、日本プロ野球最初の本格派左腕投手として、あの沢村栄治を抑え、初代奪三振王に輝いたこともある内藤幸三氏です。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

  1. max より:

    こんばんは。
    ターリーは三連投になりますから使えませんよ。
    まあ野球賭博使うぐらいなら大道でよかったですが。

    やっぱり巨人で野球賭博してたので広島の選手の皮被った巨人のスパイでしたね。
    素行も悪いしさっさとクビにして欲しいです。
    この前も横浜戦でプーさん無警戒でサヨナラされてるのになんで使うのでしょうか?

    代打策は良かったと思います。
    會澤やマクブルームへの代打は前政権ならまずあり得ませんからね。
    まあマクブルームはまだしも會澤のスタメンは微妙なので松山と同じ代打枠でいいですけど。

タイトルとURLをコピーしました