カープ新外国人投手獲得で、補強は打ち止めか!?

スポンサーリンク
雑感

ハッチとハーンを獲得

 カープは、アンダーソン、ターリーに代わる外国人投手として、前パイレーツのトーマス・ハッチ投手と、前ロイヤルズのテイラー・ハーン投手の獲得を発表しました。これで、今季の補強は現役ドラフト、西川の人的保障を除き、終了するのではないかと思います。 

 

スポンサーリンク

ハッチとハーンについて

 トーマス・ハッチ投手は、185センチ、88キロで右投げ右打ち、テイラー・ハーン投手は左投げ左打ちの投手です。

  ハッチは今季パイレーツで12試合に登板するなど、メジャー通算で39試合に登板し4勝4敗、防御率4.96。

 ハーンはレンジャーズ、ブレーブス、ロイヤルズに所属し計13試合に登板、メジャー通算で101試合に登板し12勝15敗1セーブ、防御率5.35という数字を残しています。

 二人ともに、今季、メジャーで登板しており、中継ぎ・先発どちらでも登板できるとか。

スポンサーリンク

来季の投手陣はどうなるか

 ここで来季の投手陣を考えてみました。

 先発は大瀬良、九里、森下、床田の4本柱に、森、黒原、遠藤、玉村、野村、コルニエルなどが絡む構図でしょうか。

 ただ、大瀬良は手術明けなので、開幕は微妙かも知れません。

スポンサーリンク

 中継ぎは、抑えから逆算すると、栗林、島内、矢崎、大道の4人が抜けており、ここに戸根、アドゥワ、益田、松本辺りが候補となるでしょう。

 ハーンとハッチですが、中継ぎに左腕がいないので、ハーンの方が需要は高いでしょうね。

スポンサーリンク

今後の補強について

 本日、新外国人投手が発表されたことで、残るは現役ドラフトと西川の人的保障がどうなるかでしょうね。

 報道によると、新井監督は、外部補強に消極的だとか。

最後に

 外国人選手の場合、来てみないとわからないので、何とも言えませんが、当たりなら、かなりの戦力アップにつながるでしょうね。 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブをアップしました。

 1972年、カープに入団すると、高卒1年目ながら一軍に上がり、主に代走や守備固めで起用され、特に内・外野守れる守備のスペシャリストとして活躍するも、南海、阪神と渡り歩き引退、引退後は20年にわたり、カープ、阪神、オリックスでコーチを務めるなど、指導者としても手腕を発揮した岡義朗氏です。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました