クロン、ネバラスカス、スコット退団! 早くも新外国人選手の名前

スポンサーリンク

クロン、ネバラスカス、スコットが退団の見通し

 今年度の公式戦が終了したカープ。Bクラスに終わったため、当然CSはありません。そのため、ここから一挙にストーブリーグに突入です。今日は外国人選手の去就にかかわるニュースが入ってきましたので、展望してみたいと思います。

スポンサーリンク

クロン、ネバラスカス、スコットの退団はやむなし

 退団する見通しとなった、クロン、ネバラスカス、スコットですが、ネバラスカスとスコットは妥当でしょう。スコットは昨年でクビにする予定を、本人から大減俸でもいいので雇ってほしいと懇願され延長したものです。

 スコットはリリーフではダメだけど、もしかして先発で化けるのではないかとの期待感がありましたが、さっぱりでした。コルニエルのような剛速球もありませんし、球のキレもイマイチ。彼を使うなら、まだ若手を使った方がマシでしたね。

 続くネバラスカスも当然ですね。交流戦の時期、カープの選手が大量にコロナ感染したため、千葉ロッテ戦で1軍初登板、初先発を果たしましたが、2回2/3、被安打3、与四球5、失点3と乱調で、即刻2軍落ち、2軍では8月下旬から中継ぎに転向したものの、結果を残すことなく、このまま消えることになりました。

 クロンは微妙でした。そのうち爆発するのではないかと期待していましたが、ついに不発のままでしたね。後半戦、1軍に復帰したのですが、ダメでしたね。何でもコーチのいうことを聞かなかったとか。

 外国人選手はどうしても言葉の壁があるので、いかにコミュニケーションを取れるかが鍵なのですが、佐々岡監督では無理でした。

 外国人選手への対応については、こちらのブログに書いていますので、よかったら御覧ください。

野村監督と佐々岡監督、2年目の差 意外な相違点が!?

スポンサーリンク

フランスア、コルニエルは契約を更新

 フランスアとコルニエルについては、複数年契約を結んでいるため、契約を更新する模様です。フランスアは、今年病み上がりで従来の球威が戻っていない感じでした。ただ、往年の球威、制球力が戻れば、驚異ですからね。

スポンサーリンク

 また、今年は栗林が大活躍しましたが、終盤は疲れからか、左肩を回す仕草を見せたり、事実、最終戦ではホームランを浴びるなど、一時に比べ明らかに調子が落ちています。来年は非常に心配です。ですから、フランスアには是非復活してほしい。

 また、コルニエルについては、いい時と悪い時がはっきりしていましたね。ムラを無くしてコンスタントに活躍してくれれば、中継の厚みが増しますので期待大です。

スポンサーリンク

バード、メヒアは?

 ここで、バードとメヒアに関する報道が伝わってきません。

 おそらく、バードは後任次第なのだと思います。後任に、目星を付けた選手が入るならクビ、交渉がまとまらなかったら、残留っていったところでしょうか。確かに制球力がイマイチなところはありましたが、日本のバッターに慣れてくれば、もう少し活躍できるのではないでしょうか。

 最後にメヒアですが2017年から6年契約を結んでいます。となると来年までは契約が残っていますから、クビにはならないでしょう。ただ、今シーズンは一度も1軍に上がらず、2軍でも9本しかホームランを打っていません。

 どうも、バティスタがいなくなってから、彼の調子も急降下ですね。疑いたくはないですが、バティスタと二人で頑張っていたときは、薬物で調子を維持していたのではないかと思ってしまうほどです。

早くも新外国人選手の名前が

 ネット上では、早くも新外国人選手の名前が取りざたされています。まずは、野手のマクブルーム、29歳。今年は、ロイヤルズ傘下3Aオマハで115試合に出場、打率261、32ホームランを放つ左投げ、右打ちという選手で、ポジションは外野と1塁手とか。メジャー通算では、66試合出場、打率268、ホームラン6、打点16という内容です。

 投手では、アンダーソン投手、26歳。こちらはレンジャーズ傘下の3Aで、4勝5敗、防御率3.06。中継、先発どちらでもいける右腕のようですね。

 いずれにせよ、最近の外国人は外れが多いので、当たりの選手を獲って欲しいです。

 

(良かったらクリックお願いします)↓ 😛 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ PVアクセスランキング にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました