カープはいつまで松田一族の同族経営なのか!?

スポンサーリンク
雑感

オーナー職は松田家の世襲

 カープは、親会社を持たない市民球団と言われていますが、ファンの方ならご承知のとおり、実際は、松田一族の同族経営となっています。このため、特に、長年優勝争いすらできず、Bクラスに甘んじていた時代には、オーナーに対する批判が強まっていましたが、最近はどうなんでしょうか。

 

スポンサーリンク

松田オーナーの歴史

 元々、カープは、松田一族の同族経営ではありませんでした。

 1950年、カープ設立の際には、広島県、広島市、その他広島県内の企業が共同出資しており、マツダの前身、東洋工業はその中の一企業に過ぎず、当時、東洋工業の社長は、創業者の松田重次郎氏、現在の松田元オーナーの曾祖父に当たる人物です。

 松田家がカープと深いかかわりになるのは、1962年、2代目東洋工業社長の恒次氏が球団社長に就いてからですね。

 カープは親会社がなく常に経営に困窮しており、初代石本監督は試合を白石助監督に任せ、自らは金策に奔走しています。

 遂に、1951年には、カープが、当時下関を本拠地にしていた大洋への吸収合併寸前までいくなど、どうにもならない状態だったようです。このとき、東洋工業と恒次社長に助けを求めたとか。

 このため、1968年、松田家と東洋工業が共同出資した「広島東洋カープ」が設立され、恒次氏はオーナーに就いています。

 ただ、恒次氏は、就任当初「しばらく面倒を見るだけで、いずれは”東洋”の文字も消し、真の野球会社とする」と話しています。

 ですから、当時は、松田家が代々オーナーとなる考えはなかったようですね。

 しかし、恒次氏の死後は、息子の耕平氏が2代目、耕平氏が死亡するとその息子である元氏が3代目と、松田家の世襲が続いています。

 ですから、松田一族が現在までオーナーに君臨し続けているのです。 

 ただ、カープの黎明期において、松田家と東洋工業がカープを助けなかったら、カープはどこかの球団に吸収されていた可能性が高いです。

 そう考えると、当時、松田家の果たした役割というのは、素晴らしかったとも言えるでしょうね。

スポンサーリンク

松田家世襲の弊害

 プロ野球界は、良くも悪くも巨人が中心で回っていました。

 ドラフトの影響で、いい選手が獲得できなくなった巨人が、FA制度を導入、また、そのドラフトでも逆指名制度ができたため、資金力の乏しいカープは、一流選手の流出、また、ドラフトでいい選手が獲れないという、再び暗黒期に入ります。

 カープは、1975年、古葉監督によって初優勝を果たすと、1979年、1980年と連続日本一を達成するなど、黄金期を迎えました。

 その黄金期があるからこそ、ファンは、カープのふがいない戦いに憤りを感じ、その矛先をオーナーに向けるようになったと思います。

 私も、カネがないなら、資金力ある企業に身売りしたらどうかなんて思っていた一人です。

 2004年、近鉄とオリックスの合併に端を発した、リーグ再編問題で、いよいよカープも吸収合併される危機にありました。当時、松田オーナーは広島に球団を残すのが私の使命と話しています。 

 ただ、古田選手会長の尽力などで、この危機を脱すると、逆指名制度の廃止、新球場の建設など、カープに追い風が吹きます。更に、新井、黒田がまさかのカープ復帰で盛り上がり、セリーグでは、巨人以外で初めて3連覇を達成するなど、再び黄金期を迎えました。

 ここ数年、カープは再びBクラスに低迷していますが、これは監督や首脳陣の問題、また、コロナ禍で戦力が整わない、応援ができないなど環境面での影響があったと思います。

スポンサーリンク

 確かに鈴木誠也の抜けた穴は大きいですが、新外国人マクブルームも、よくやっているのではないでしょうか。

 また、従来、OBで固めていたコーチ陣について、来季は他球団の血も積極的に入れるなど、カープも変わりつつあります

 ですから、松田オーナーが居座り続ける弊害というのは、あまり感じないですね。

スポンサーリンク

他球団オーナーとの違い

 カープのオーナーは、以前のように、東洋工業(現マツダ)に関わることは一切ないので、カープのみです。ですから、余裕があるのでしょう。

 シーズン中は、2軍の試合もよく見に行っているようですね。

 これが他球団のオーナーだったら、絶対にありえないでしょう。

 先代の耕平オーナーは写真好きで、よく選手の写真を撮り、選手にプレゼントしていたようです。現在は、スマホで簡単に撮影できるので、そこまではしていないでしょうけど。

 ただ、特に他球団から移籍してきた選手は、オーナーとの距離感が近いと驚いていますね。

 それだけ、選手には慕われているようです。

次期オーナー

 先日、新井監督が湯崎広島県知事を表敬訪問した際、監督とともに、松田元オーナーと松田一宏オーナー代行の2名も同行しています。

 松田元オーナーは未婚で子どもがいないため、弟、弘氏の息子である一宏氏がオーナー代行になっていますね。

 ですから、現在の松田元オーナーが死去された際には、一宏氏がオーナー職に就くのは間違いないでしょう。となると、4代目ということになります。

 最近、一宏氏がメディア等へ露出する機会が増えているような気がしますね。

 一宏氏は、2003年慶応大学卒業とありますので、現在41歳か42歳といったところでしょうか。

 卒業後、すぐにカープへ入社、2007年から3年間、マツダへの出向を経て、2013年、常務取締役、オーナー代行として戻っています。現在は、グッズ販売等を手掛けているようです。

 今のオーナーは現在71歳。これまでの慣例では、死亡したら、次のオーナーに代わるようですが、ここは、死去まで待たず、早期にリタイヤして、次の一宏氏に譲渡してもいいような気がします。

 今の時代は、すごく回転が速いです。令和の時代に合わせ、若い世代でいいのではないでしょうか。今すぐとは言いませんが、数年後を見据えてもいいのでは・・・。

 現在のオーナーは名誉オーナーとかでも肩書を付けてあげればどうかと思います。

 

最後に

 以前は、ケチなどと、批判を浴び続けていた松田オーナー。しかしながら、現在まで安定した経営を続けていますし、オーナーの公言どおり、本拠地を広島以外に移転することもありません。

 同族が一国を何代にもわたり支配して、問題になっている国もありますが、一方、江戸時代のように、徳川一族が260年もの間、日本を統治したこともあります。

 ですから、同族経営が良いとか悪いとかわかりませんが、ただ、あまり権力が集中しないよう、また、時にはオーナーに意見できる人物がいることが重要になると思います。

お知らせ

 私事ですが、このたび、ユーチューブを立ち上げました。まだ、本数も少ないですが、良かったらご覧ください。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメント

  1. max より:

    こんばんは。
    再編の際にはライブドアが参入するとか言われてましたけど、ライブドアがカープ買えば良いのにねと思ってました。
    結果的に買ってたらそれこそチームなくなってましたけど、閉塞感はなくなるかなと思ってました。

    移転に関してはダイエー→ソフトバンクみたいに本拠地を変えないのを条件にすればファンにも受け入れられますからね。

    元ちゃんも年齢を考えたらそろそろ次を考える時期ではありますよね。
    家族が球団経営に興味がない人だったら今のエンゼルスみたいに売却がどうたらになりますけど、それがないなら無風でしょうね。

    • おはようございます。
      いつもありがとうございます。
      いずれにしても、ファンのため、選手のために企業努力は惜しまずやってほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました