佐々岡監督が遂に本気モード!!粘投九里を5回途中降板、栗林を8回投入の非常采配で阪神に先勝!崖っぷち踏みとどまる

公式戦試合の感想(2022年)
DSC_0120
スポンサーリンク

本日の阪神戦は6-3でカープが勝ち

チーム
広島 0 0 0 2 0 3 0 1 0 6
阪神 0 0 0 0 1 0 0 2 0 3

 昨日、阪神が中日に勝ち、カープとのゲーム差が2となって迎えた本日からの直接対決2連戦。カープは、あと2人アウトを取れば勝利投手の権利を得る、粘投1失点の九里を5回途中で交代させると、8回には矢崎が失点すると栗林を投入という、これまでにない采配を見せ、6-3で勝利。これで阪神とのゲーム差を1としました。 

 

スポンサーリンク

九里を5回途中で降板

 先発、九里ですが、再三ランナーを出しながら、いつもの粘りのピッチングを見せます。

 初回、ワンナウト後、糸原にセンター前ヒットを打たれるも、近本を三振ゲッツー。2回もワンナウト後、原口にヒットを打たれるも佐藤、木浪を打ち取ります。3回は先頭の坂本にフォアボール、青柳、中野を抑えるも、糸原にヒット、近本フォアボールで満塁のピンチを迎えますが、大山をセカンドゴロ。

 4回は、先頭の原口にヒット、佐藤、木浪を打ち取りますが、坂本にヒット。ただ、青柳を打ち取ります。

 ただ、5回、ワンナウト後、糸原、近本に連打を浴びると、大山のタイムリーで遂に失点ここで佐々岡監督が投手交代を命じました。

 結局、4回1/3、投球数91、被安打8、奪三振4、与四球2、失点1という内容でした。

 しかし、この交代には驚きましたね。九里は初回からピンチの連続でしたが、いつものように粘投で無失点に切り抜けていました。この回1失点しただけで交代とは。

 昨年の最多勝利投手で、今や森下と並んで数少ない計算できる先発投手の九里です。先週までの佐々岡監督であれば、間違いなく続投でしょうけど、この試合、絶対に負けられないという執念が感じられました。

 遅きに失した感はありますが、まあこれは素直に評価しましょうか。

スポンサーリンク

森浦が見事な火消し

 5回裏、ワンナウト1,2塁のピンチでマウンドに上がったのは森浦でした。

 森浦は先日のヤクルト戦、カープが1イニング12得点したにもかかわらず、野村、島内の乱調で5点差まで追い上げられ、なおも満塁の場面で登場、見事オスナを併殺に打ち取りピンチを脱しています。

 今日はワンナウト1,2塁の場面、原口をレフトフライ、佐藤をライトフライに打ち取り、今日も先日に続き、見事に火消しを務めました。

スポンサーリンク

6回、7回は松本、ターリー

 6回登板の松本は、木浪ファーストゴロ、坂本ショートゴロ、ロハスジュニアセンターフライと三者凡退で抑えると、7回登板のターリーも、中野レフトフライ、糸原ファーストゴロ、近本ファーストゴロと、こちらも三者凡退。今日は、見事に抑えていますね。 

8回矢崎は単調

 8回、5点差ありましたが、矢崎が登板しました。

 矢崎は先頭の大山を打ち取るも、原口にレフト前ヒット、佐藤にツーベースを打たれ、ワンナウト2,3塁。ここで代打マルテにレフト前タイムリーを浴びました。

 打たれたのはすべてストレート明らかに阪神打線はストレートを待っているのに、ムキになって投げ込んだ感じですよね。しかもコントロールが甘い。これでは打たれます

 ここで交代。何と栗林の投入です。

栗林が8回1死で登板

 これまで栗林は8回に登板したことは無かったと記憶していますが、今日は8回、ワンナウト1,3塁の場面で登板しました。これも驚きでしたね。

 栗林は島田に犠牲フライを打たれますが、ロハスジニアを三振に打ち取ります

 続く9回は、中野をサードゴロ、糸原をピッチャーゴロ、そして最後、近本を三振に打ち取りました。ここは見事、さすがです。

打線は青柳にリベンジ

 阪神の先発は、8月30日、7回4安打無失点に抑えられた青柳でした。

 今日も序盤、3回までは1安打と抑え込まれますが4回に先制します。

 4回、先頭の西川フォアボール、松山ヒットでノーアウト1,2塁。坂倉の打球はファーストゴロで、ワンナウト1,3塁。ここで、小園はセカンド併殺打と思いきや、中野がファーストへ悪送球し、その間に西川がホームインで先制します。更にツーアウト2塁から、磯村のセンターオーバーのツーベースで2点目を奪います。

 ここも相手のミスに乗じて上手く得点しましたね。

 5回は三者凡退に終わるも、1点差とされた6回、先頭、松山のツーベース、坂倉フォアボール、代打矢野のバントをファースト原口がサードへフィルダースチョイスでオールセーフ。

 このノーアウト満塁のチャンスで、磯村が高いバウンドのサードゴロで、サードランナーがホームイン、更に羽月の2点タイムリーツーベースでこの回3点目を奪います。この回の攻撃も見事でした。

 更に8回には、小園がヒット、磯村が送り、代打マクブルームは倒れるものの、途中出場の上本がレフトオーバーのタイムリーで1点追加します。

 マクブルームの打球はいい角度で上がったのですが、フェンス手前で失速。やはり、バットで球を押し込めていないのでしょうね。これで今日もヒットなし。ただ、何かのきっかけで変わってくれればと思います。

最後に

 今日、敗れれば阪神とのゲーム差が3となり、Aクラス入りが絶望となる大事な1戦でしたが、投打がかみ合い見事勝利しました。

 今日のポイントは何と言っても九里を勝利投手の権利目前で交代、また、点差が5点ありながら、矢崎を投入、しかも矢崎が失点すると、8回途中で栗林を投入したことも、これまでには無かった采配です。

 佐々岡監督の今日の試合は絶対に勝つんだという執念が選手にも乗り移り、その後の攻撃にも繋がったような気がします。

 本音を言えば、もう少し早く本気モードになってほしかったですよね。先日9月9日のヤクルト戦、乱調の大瀬良を6回まで引っ張るなど、全く最終盤の大事さがわかっていませんでした。

 ただ、明日勝たないと今日の意味がありません。今日勝って阪神とのゲーム差が1、明日勝つと並びます。森下に期待しましょう。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

  1. max より:

    バカ岡さんはいつも今更感強い采配するのがよくわかりませんよね。
    投手は期待しすぎて裏切られるので、選手に期待なんてしなきゃいいのにと思います。
    信頼しても信用するなって言いますしね。

    問題はこれを投手であればエース扱いして残留してもらった大瀬良に、野手であれば自分がいる間レギュラーを保証した會澤に代打を出すってことをやれるかどうかですよ。
    やれるなら問題ないと思いますよ。

    • maxさま
      おはようございます。
      今シーズン、巨人戦で3試合連続満塁アーチとか、DeNA戦で3試合連続完封勝ちとか、乗っていけるかと思うと、こけたりすることが多いので、見守っていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました