丸が野村監督から教わった金言 丸ノート!! カープ若手も肝に銘じるべきでは!!

スポンサーリンク
雑感

巨人、丸が若手に苦言

 原監督が、来季の外野ポジションに関し、丸外野手をセンターからライトにコンバートし、センターを若手で競わすと言う方針を打ち出しましたが、これに対し、丸自身、「殻を破ってこれる若手がいるのか」と苦言を呈しました。そこには、かつて、カープの野村監督から教わった金言なども影響しているようです。

 

スポンサーリンク

丸の苦言

 丸は、来季、ライトへコンバートし、センターを若手で競わすと言う方針に対し、「正直、外野手争いというほど選手がいるのかな…と思っている」と心境を語っています。

 それは、丸自身、高校からドラフト3巡目でカープに入団し、厳しい下積み生活を経て、レギュラーにのし上がったという、自負や重みが感じられますね。

 現状、巨人のセンター候補としては、増田陸、増田大などに加え、現役ドラフトで加入のオコエ、ドラフト1位、浅野、2位、萩尾などの若手、これに加え、ベテラン長野、新外国人などが候補になっています。

 ただ、これらの選手にセンターを任せられるのか、疑問を呈しているようですね。

スポンサーリンク

野村監督から言われた金言

 丸は、カープでまだレギュラーを取り切っていない頃、当時の野村監督から、「出てる間に野球選手としてのページを1枚ずつ増やしていかなあかんぞ」とハッパを掛けられたそうです。

 それまでも懸命に練習していたと思いますが、この言葉を受け、更に磨きをかけたのではないでしょうか。

 ですから、若手に対し、物足りなさを感じているのだと思います。

スポンサーリンク

丸ノートは、2016年カープ優勝時から 

 丸と言えば、自分の打席が終わりベンチに戻った後、ノートを付けているのが印象的ですね。

 本人によれば、2016年から書き留めているそうで、起源は、当時の石井琢朗打撃コーチが、ナインにルーズリーフを配布したことがきっかけのようです。

 丸によると、ルーズリーフは9分割の配球表とメモ欄で構成されており、特に、対戦の少ない投手への取りこぼしを防ぐため、小まめに記入しているとか。

 内容としては、配球などスコアラーが見る以外の部分、「投球時のクセや間合い、タイミングを取る際の感じ方、さらには球筋」などだそうです。

 しかし、石井コーチは全員に配布したのに、いまだに使い続けているというのは、丸という選手、努力家ですね。

 この取組の成果が、驚異的な四球や出塁率に繋がっているようです。

カープ若手も見習うべき

スポンサーリンク

 片や、カープの若手はどうでしょうか。

 現在、レギュラーと言えるのは、セカンド菊池、レフト西川くらいでしょう。

 確かに、マクブルーム、秋山、野間、小園などもレギュラーに近いですが、キャッチャーも坂倉で決まりとは言えませんし、サードも新外国人選手の出来不出来がありますから、わかりません。

 ですから、末包、中村健人、中村奨成辺りは、レベルアップしてほしいですし、羽月や来季から支配下登録される二俣にも期待したいです。

 投手に関しても、いつまでも大瀬良、九里に頼る訳にもいきませんし、森下も近い将来、メジャー移籍が濃厚ですからね。

 

最後に

 丸は、2016年ころは、「この先もずっとカープで優勝したい」と話していましたが、FA権を取得した際、「レベルの高いところでやりたい」とコメントしており、その結果が巨人へのFAということで、カープファンの大多数は激怒したのではないでしょうか。

 あれから4年が経過しましたが、その感情が消えることはありません。

 ただ、丸がこれまで、死にもの狂いでやってきた血のにじむような努力については、リスペクトしかありません。

 巨人にFA移籍した選手の中で、数少ない成功例というのは、それだけ頑張ったのでしょう。

 これからもカープ戦以外で頑張ってほしいです。と同時に、カープの若手もがむしゃらに頑張ってほしいですね。

お知らせ

JCBカープカード

 現在、JCBカープカードに申し込むと、チケット先行発売や、球団主催のイベントに抽選で招待があるなどの特典が付いています。

 来季、新井新監督を迎え、ワクワク感あるれる試合を期待したいですね。

 お申込みは次のリンクから ↓↓↓↓

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 今回は、小さな大投手、通算197勝を挙げ、カープ低迷期を支えた長谷川良平氏です。良かったらご覧ください。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました