カープ防戦一方!! 最後は栗林が抑える薄氷の勝利で連敗脱出!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2022年)
DSC_0120

本日のヤクルト戦は3-2でカープが勝ち 

チーム 10
広島 1 0 0 1 0 0 0 0 0 1 3
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2

 昨日は、九里の力投むなしく、4番マクブルームの2打席連続ダブルプレーなど、投打がかみ合わず6連敗、借金も今シーズンワーストの8となったカープ。今日は先発野村を始め、リリーフ陣がヤクルトの猛攻に防戦一方も、延長10回松山の勝ち越しタイムリーで奪った1点を守り抜き、連敗を6でストップしています。

 

スポンサーリンク

野村は制球良く好投

 今日の先発野村は、制球よくストライク先行で投げ込んできました。

 初回は三者凡退、2回はツーアウト1,2塁のピンチを招くも長岡をファーストゴロ

 3回はワンナウト後、塩見、山崎の連打で1,2塁のピンチを招くも宮本をダブルプレーで切り抜けると、4回は三者凡退に抑えます。

 5回は、先頭の中村にツーベース、長岡に進塁打を打たれ、ワンナウトサード。ここで投手高橋にセンター前タイムリーを打たれます。ただ、塩見をダブルプレーでここは1点で食い止めました

 6回も先頭の山崎をフォアボール、宮本に送られると、村上を申告敬遠、ただ、サンタナをダブルプレーで切り抜けます。

 結局、6回、投球数96、被安打5、奪三振4、与四球3、失点1という内容でした。

 今日は、久々に野村らしい粘りのピッチングを見せてくれましたね。

スポンサーリンク

リリーフはコルニエル、ターリー、松本、栗林

 7回からは継投に入りました。

 ただ、7回、コルニエルは、先頭の山田を三振に打ち取るも、中村をフォアボール、長岡をファーストゴロで、ツーアウトセカンド。ここで青木にタイムリーツーベースを打たれます。コルニエルは昨日も回跨ぎで1回2/3を投げていただけに、疲れが出ていたのかも知れません。

 8回、ターリーも先頭の山崎にフォアボール、宮本のセカンドゴロが進塁打となると、村上を申告敬遠で1,2塁。ここで松本にスイッチします。

 松本はサンタナに対しツーストライクノーボールと追い込みながら、3球目をデッドボールで満塁。ここは痛かったですね。しかし、山田、中村を打ち取ります。

 矢崎が不在の今、8回はこの男に任せた方がいいかも知れませんね。肝っ玉も据わっています。

 松本は9回も登板。先頭打者長岡をヒットで出塁させるも、オスナをライトフライ。塩見、山崎を連続三振に打ち取ります。

 そして、10回、表に勝ち越したため、栗林が登板します。

 栗林は、キブレハン、村上を連続三振に打ち取るも、丸山にポテンヒット、山田、中村に連続フォアボールで満塁とされ、絶体絶命のピンチ

 ただ、最後は、長岡にライトフェンス手前まで飛ばされますが、何とかライト曽根が好捕しました。この場面、もし、ランナー1,2塁であれば、外野は前に守るので、そうなると、ライトオーバーのサヨナラ2点タイムリーで、負けとなるところでした。まさにヒヤヒヤものです。

スポンサーリンク

 ただ、今日は村上に対して徹底していました。5打席3打数ノーヒット3三振、申告敬遠2つ。

 ランナーなしの場面は三振に打ち取り、ランナーがいる場面、今日はすべて1塁ベースが空いていたこともあり、申告敬遠

 また、3つのダブルプレーを奪うなど、投手陣が良く粘りましたね。

スポンサーリンク

初回に先制

 今日も、先制したのはカープでした。ワンナウト後、羽月がツーベースを放つと、西川がタイムリーで打点を挙げます。ただ、今日はヤクルト高橋に手こずり、中々ランナーすら出ません。

 2回、3回と三者凡退。4回は、ツーアウトランナーなしから、坂倉がフォアボール、すかさず盗塁を決めると長野もフォアボール。ここで會澤がセンター前タイムリーを放ちます。

 ヤクルト先発の高橋は6回でマウンドを降りますが、リリーフした大西、清水、マクガフも含め、5回から9回まで一人のランナーも出すことができませんでした。

 そして延長10回、先頭の長野がヒット、代走に曽根、バッター會澤がバントしますが、最悪のダブルプレーで、この回も無得点とあきらめていました。

 しかし、矢野がヒット。続く代打松山が起死回生のタイムリーツーベースを放ち、遂に勝ち越しました。いやーここはよく粘りましたね。

會澤の走塁はどうなのか

 もうベテランでなのか、どこか悪いのかわかりませんが、會澤の走塁はどうなんでしょうか。

 7回、ワンナウトランナーなしからショートゴロ、ショート長岡がファンブルしますが、ファーストアウト。

 そして、延長10回、バントした打球を相手投手がセカンドへ送球し、曽根がアウト、更にファーストに転送され、バッターランナー會澤もアウト。

 どちらも、もう少し真剣に走っていればセーフだったと思うのですけどね。

最後に

 はっきり言って、野村と高橋 奎二ですから、今日も負けは覚悟していました。

 しかし、野村の予想外の好投。打線は沈黙しましたが、ワンチャンスを確実にモノにしましね。

 リリーフの松本、最後、栗林もヒヤヒヤでしたが、何とか抑えてくれました。

 これで、流れが変わってくれたらいいですね。

 

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

 

コメント

  1. max より:

    會澤の走塁は、残留してチームの「王様」になっているので誰も咎められないんでしょうね。
    優先起用される上に成績悪くても自分から二軍調整もしないし、日ハム時代末期の中田よりもタチが悪いかもしれませんよ。
    大瀬良とかもそうですけど、責任感から試合に出ているなんて言っても結果残せないなら無責任ですし、複数年契約自体、調子悪くても1年ぐらいならじっくり休めると捉えることもできるんですけどね。
    大瀬良の場合は挽回の余地はありますけど、會澤の場合は2年連続故障してるのでもう挽回の余地はないですけどね。

    賭博と同じ名前の人が抑えたのはまぐれかもしれませんし、期待しすぎると痛い目を見るかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました