カープ太っ腹!! 長野を無償トレードで古巣巨人へ!! まさかこれは〇〇の布石なのか

スポンサーリンク
雑感

長野外野手を巨人へ無償トレード

 カープは、長野外野手を巨人へトレードすると発表しました。長野選手は、2019年1月、FA移籍した丸の人的保障でカープに入団しましたが、カープ鈴木本部長が長野の入団経緯等を鑑み、巨人で引退すべきとして巨人に働きかけていたようです。

 

スポンサーリンク

長野選手の経歴について

 まず、長野選手の経歴を振り返ってみます。

 1984年佐賀県生まれの37歳、日大からHONDAを経て2009年ドラフト1位で巨人に入団しています。

 しかし、日大卒業時の2006年、日本ハムから4位指名を受けるも拒否、HONDA在籍時の2008年、ロッテから2位指名を受けるも拒否。いずれも巨人以外は行かないと公言していました。

 2010年、晴れて巨人に入団し、新人王を獲得するほか、3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞を獲得するなど、主力選手として活躍しました。

 ですから、人的保障でカープに来たときは驚きでしたよね。

スポンサーリンク

長野トレードの是非

 長野は、レギュラーとしては、既に峠を超えた選手ですが、数少ない右の外野手であり、代打要員、あるいは左投手先発時のスタメン要員として、まだまだ貴重な選手だったと言えます。

 ところが、今回、無償で巨人に復帰させるということで、何故、金銭ではないのか、あるいは交換要員はいないのか等、様々な声がありますが、個人的にはこれでいいのではないかと思います。

 今季まで指揮を執った佐々岡監督はベテラン偏重でしたが、来季は、新井新監督の下、新たなスタートを切ることになります。

 新井監督としては、勝ちにこだわりつつも、中長期的に見た選手起用を明言しています。

 新井監督は、選手との距離が近く、3連覇したベテランメンバーについて、結果が出ない場合、ばっさり、切ることができないのではないかと危惧されていますが、本人はその辺りも十分認識しているようです。

 ですから、思い切った采配をしてくれるのではないかと期待しています。

 そこに長野がいたらやりにくいという面もあったのではないでしょうか。

 最も、鈴木本部長によると、この夏くらいから巨人に打診していたとのことで、新井監督は直接かかわっていないようですが、結果的には、これで良かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

右の代打

スポンサーリンク

 カープは今季、代打の切り札として、左は松山、右は長野という構図になりつつありました。

 では、来季、左はそのまま松山が切り札的に使われるでしょうけど、右はどうでしょうか。

 一番手は堂林でしょうかね。まだまだ老け込む年ではないですが、外野を西川、秋山、野間で固めると堂林の出る幕がありません。

 堂林は、スタメンではダメだけど、意外と代打で活躍しますからね。

〇〇の布石か

 発想を変えると、これは何かの布石になるのではないかということです。

 例えば、他チームからベテラン選手を補充するので、このまま長野がいたらベテラン比重が高まるので、長野を出したという布石。

 懸念があるとすれば、ソフトバンクの松田です。

 昨日、メジャー130発、強打の三塁手、フランコ選手がNPBと契約するとの話題をブログで書きましたが、サードを守れる新外国人選手を獲得できないとなれば、ソフトバンクの松田を獲得する可能性もあります。

 奇しくも、ソフトバンクの松田は巨人が獲得調査を行っているとの情報もありますが、このタイミングで、長野を巨人に出し、巨人が松田獲得から手を引かせるといったことも・・・・・。

 さすがにこれは信ぴょう性は低いでしょうけど、無きにしもあらず。

 どちらにせよ、これで支配下枠が空きますので、来週行われるトライアウトとかで新たな選手を獲得する可能性もありそうです。

 

最後に

 今日は長野無償トレードというビッグニュースが入ってきました。

 長野本人のことを考えて、カープ側から働きかけた無償トレードということで、更に驚きましたが、鈴木本部長の人間性でしょうね。

 黒田や新井が慕うだけのことはあります。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメント

  1. max より:

    こんばんは。
    右の代打は會澤かもしれませんよ。
    はっきり言ってスタメンはきついですし、勝負強い打撃が戻れば代打で使えますし、第三捕手として入るといったこともできると思います。

    ただ、今回のトレードは長野をチームの不良債権代表に仕立て上げて事実上の構想外だけど戦力外にするのは惜しいから最後は巨人でみたいな感じに見えました。
    実際問題長野は人気はありましたけど費用対効果は最悪でしたし、生え抜きじゃないから長野だけ割りをくらったように見えます。
    同じように不良債権になってる松山、田中、會澤、中崎らが大して減額もされずに契約更改したらそれもそれでダメだろと思います。
    松山と中崎は3,000万ぐらいでいいですし、會澤と田中は1億以上減俸しないと筋が通らないと思います。
    他球団ならまず田中や中崎はクビですからね。

タイトルとURLをコピーしました