カープ崖っぷち選手は1軍生き残りを賭け必死なアピール!!

スポンサーリンク
雑感

本日のオープン戦では当落上の選手がアピール

 本日、カープは日本ハムとオープン戦を戦い4-2で敗れています。なお、この試合、1軍崖っぷちの大盛がホームラン、また、育成の二俣がツーベースを放つなど、1軍当落上の選手が生き残りを賭けて必死なアピールを行っています。

 

スポンサーリンク

育成の二俣、持丸がスタメン

 1軍キャンプに帯同している育成の二俣と持丸が揃ってスタメンに名を連ねました。二俣は6番サードでフル出場、持丸は9番キャッチャーで途中まで出場でしたね。

 目を引いたのは二俣でした。5回先頭打者として打席に立つと、宮西のストレートをライトに打ち返しツーベース。この回得点の足がかりを作ります。ヒットはこの1本だけでしたが、残り2打席でフォアボールを選ぶなど、しっかりと出塁を果たしています。

 本職はキャッチャーですが、高校時代はショートを守るなど、内野守備に問題はなく、本人もサードで勝負したいと意気込んでいます。これで支配下登録がぐっと近づいてきましたね。

 一方の持丸は、2回の守りで九里のワンバウンド投球を取れずサードランナーを返してしまいました。記録は九里の暴投のようですが・・・。 6回裏の守備から退いています。打席ではフォアボールがありましたが、ヒットは出ませんでしたね。 

スポンサーリンク

センター三番手の男、大盛もアピール

 こちらは育成から支配下を勝ち取り、センターのポジションを狙う大盛です。センターのポジションは宇草がリードしていますが、野間が復帰して調子を上げています。

 大盛は、この試合7回の守備から入り、打席の機会は9回のワンチャンスしかありませんでしたが、見事ライトへホームランを放っています。センター争いも熾烈ですね。

スポンサーリンク

堂林も負け時とアピール

 もう中堅の部類に入ってきた堂林ですが、この試合は、7番ファーストでスタメン出場を果たすと、2安打を放ち盗塁も決めています。

スポンサーリンク

 堂林もFA権を行使せず、事実上、生涯カープを選んでくれました。貴重な右打者なので、何とか1軍に残ってほしいですね。

投手陣は九里、黒原、栗林、床田のリレー

 投手陣は、先発ローテ―4本柱の九里、床田が揃って登板しました。九里は、3回を投げ、投球数37、被安打1、奪三振3、失点1と、まずまずの投球でした。

 また、床田も3回を投げ、投球数51、被安打3、失点1の内容でしたが、こちらも問題ないと思います。

 黒原は、前回登板で三者連続三振の快投を見せましたが、この試合では2安打、うち1本はホームランを浴びており、このあたりは試行錯誤しながらの投球となるでしょう。

 圧巻は栗林でしょう。5回1イニングの登板でしたが、危なげなく三者凡退に打ち取っています。

 この試合、カープは負けましたが、投手陣は総じて無四球と、キャンプの成果がでていると思いますね。

崖っぷち選手の見極め

 いよいよ、明日で沖縄キャンプが打ち上げとなります。

 沖縄では、誰一人離脱者はいませんでしたが、ここから、一人、二人と2軍落ちする選手が出てくるでしょう。これからサバイバルレースが本格的に始まりますね。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました