サイトアイコン カープファン歴50年 今年も懸命に応援するブログ

「今年のカープは走らせない」って本当にそれでいいのか!?

カープの現在の盗塁数は両リーグワーストの10

 かつては、機動力野球の代名詞のように言われたカープですが、今シーズン、ここまでのチーム盗塁数はわずか10個、両リーグトップのロッテ53個に比べ5倍以上の開きがあるほか、カープに次いで少ない西武、横浜DeNA、中日の20個に比べても倍の開きがあります。東出野手総合コーチは「今のメンバーでは走らせられない」と発言していますが、本当にそれでいいのか考えてみました。

 

スポンサーリンク

カープの戦い方

 特に1975年の初優勝以降、カープの野球は機動力野球と言われており、最近3連覇を達成した際にも、年間100前後の盗塁数を記録しております。

 以前、こちらのブログでも書いていますので、良かったらご覧ください。

カープ 今シーズンは機動力を使うべし 過去から検証した結果!!

盗塁数 順位
2021 63 4
2020 64 5
2019 81 4
2018 95 1
2017 112 1
2016 118 1
2015 80 4
2014 96 3
2013 112 3
2012 79 4

 上記の表は最近10年間におけるカープの順位と盗塁数を記載したものです。以上のとおりAクラスに入った年はすべて90個以上の盗塁を記録しています。

 機動力=盗塁ではありませんが、カープの野球スタイルは走る野球なので、それが無ければ浮上は難しいと思います。

スポンサーリンク

東出野手総合コーチの考え方

 東出コーチの考え方は、「今のメンバーでは走らせられない。(走力のランク的に)SとかAというより、BやCが多い。失敗の確率が高い中で、わざわざリスクを冒す必要はない」というものです。

 しかし、これは問題ありですよね。

 あの高橋慶彦氏が自身のユーチューブで、「機動力に足の速い、遅いは関係ない。要は走る姿勢を見せることだ」と話しています。

 かつての主砲、山本浩二氏と衣笠氏は、生涯ホームラン500本、盗塁200個以上を記録しています。これは張本氏と合わせ3人しか達成していない大記録です。しかも、衣笠氏は盗塁王も獲ったことがあります。

 山本浩二氏と衣笠氏は決して鈍足ではありませんが、とりわけ俊足という訳ではありません。しかし、クリーンアップを打つ強打者でも、走る意欲を示しているのです。

 ですから、「BやCが多くリスクが高いから盗塁しない」というのは、間違っているでしょう。それなら、他の11球団はカープよりもすべて俊足ぞろいなのかと言いたくなりますよね。

スポンサーリンク

 一体、走塁コーチは何をしているのでしょうか。確かに3塁コーチの河田氏は本塁突入のタイミングを計ったり見極めを行う必要がありますが、1塁コーチの小窪内野守備・走塁コーチは半分、仕事を放棄しているようなものです。

スポンサーリンク

機動力を使わない戦法

 これまで、年間のチーム最少盗塁は29個で3チームあります。

 まず、1985年ヤクルトですが、勝率383、借金28、首位阪神から26.5ゲーム差を付けられての最下位に沈んでいます。ちなみに、この1985年、カープは3位、チーム盗塁数は178個もあります。

 次に1993年の中日ですが、こちらは2位、ただし、ホームラン数が158本とリーグトップです。

 最後に1994年の巨人ですが、こちらは優勝しています。ホームラン数は122本とリーグ3位となっています。

 カープの場合、ホームランバッターが何人もいるならともかく、こちらもリーグ最少、これで盗塁をしないなら、結果はおのずとわかりますよね。

盗塁しなくても揺さぶりを

 もちろん、機動力は盗塁だけではありません。しかし、塁に出たら偽走して、相手の投手にプレッシャーをかけることも大事です。しかし、それすらしませんよね。

プレッシャーをかけることで、相手投手にコントロールミスも発生しやすくなるので、ここは考えてほしいです。

 また、最近、パリーグがよく重盗を仕掛けてきますが、以前、カープはどんどんやっていましたよね。最近はさっぱりです。

最後に

 今年のカープのように、盗塁数、ホームラン数ともにワーストのチームが上位に入ったという事例は聞いたことがありません

 とにかく、最近のカープは攻撃の引き出しが少なすぎます。ただ、打つのを待っているだけ、これでは勝てる訳ないでしょう。たまたま、これまでは繋ぐことができただけです。

 今年は東出コーチが1軍に戻ってきたので、期待していたのですが、こんな発言を聞いてがっかりです。速く挽回して、以前のスピード感溢れる攻撃を見たいものですね。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

 
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

モバイルバージョンを終了