初回の2つの走塁ミス、最後は島内が打たれ、カープ、横浜に初黒星!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2022年)

本日の横浜戦は3-4でカープが敗戦

チーム 10 11
横浜 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4
広島 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3

 昨日は、アンダーソンの鮮烈デビューで快勝したカープ。今日からは今シーズン6勝負けなしの好相性を誇る横浜DeNAとの対戦になります。初戦の今日はエース大瀬良が登板し、初回まさかの3失点となりますが、ここから立ち直る間に、打線が同点に追いつき、延長戦に突入します。しかし、11回に登板した島内が踏ん張り切れずに失点し、今シーズン横浜DeNAに初黒星となりました。

 

スポンサーリンク

エース大瀬良まさかの初回乱調も

 今日の先発はエース大瀬良でしたが、初回、2本のホームランで3点を先制されるなど、まさかの立ち上がりとなりました。

 ワンナウト後、2番大田にホームラン。3番楠本にはライト前ヒットを打たれた後、4番牧に再びホームランと、あっという間の3失点となりました。

 今シーズン、横浜相手に2勝しており、油断していた訳ではないでしょうけど、まさに電光石火のごとく失点しまった感じでしたね。

 ただ、2回以降、何度かピンチがありましたが、粘りのピッチングで追加点を許しませんでした。

 5回、ツーアウト3塁で大田を三振、6回ノーアウトから楠本にライト前ヒットを打たれますが、牧をダブルプレー。

 そして、最大のピンチは7回でした。ワンナウト2,3塁で、藤田をファールフライ、大田をフォアボールで満塁にしますが、楠本を三振でピンチを脱しました

 結局、7回、投球数122、被安打8、奪三振5、与四球3、失点3という内容でした。

 ここまで、4本柱の森下や床田も序盤大量失点するケースもありましたが、大瀬良は初回の3失点だけによく抑えましたね。さすがはエースです。

スポンサーリンク

ケムナ、ターリー、栗林と繋ぐが、島内は踏ん張れず

 8回以降は、ケムナ、ターリー、栗林、島内が1イニングずつ登板しました。

 ケムナはソトに12球粘られるも三者凡退、ターリーはワンナウト1,2塁のピンチを招くも、大和を三振、大田をセンターフライに抑えます。

 栗林は三者凡退に抑えますが、11回に登板した島内が抑えきれませんでしたね。

スポンサーリンク

 ノーアウトから戸柱にヒット、ここで倉本に送りバントを決められた後、神里にスリーベースヒットを打たれ1失点。倉本のバントの打球は投手前に転んだ打球で、すぐにセカンドへ投げたらアウトのタイミングでしたが、ここで島内がボールを握り替えたため、やむを得ずファーストに送球しました。

 ワンナウト3塁となり、この後は抑えましたが、このワンプレーが響きましたね。

スポンサーリンク

初回、2つの走塁ミスが響く

 初回、大瀬良が3失点しますが、打線はすぐに得点を挙げました。

 1番、堂林が初球を3塁線へツーベース。上本がショート内野安打、西川がセンター前ヒットで1点を返すと、マクブルームが内野安打で、ノーアウト満塁

 ここで坂倉がレフトへ犠牲フライ。ただ、セカンドランナー西川が2,3塁間に挟まれタッチアウトで、一気にツーアウトになりました。

 相手の返球処理が乱れたので、スキあれば次の塁をとの思いでスタートしたと思いますが、残念でしたね。

 ただ、この後、中村健人が内野安打を放ち、再び1,3塁のチャンスを作りました。

 しかし、今度は、中村がけん制タッチアウトでスリーアウトチェンジとなり、この回は2点止まりでした。

 この回、アウトになったのは坂倉の犠牲フライ、西川への挟殺プレーでのタッチアウト、中村健人へのけん制タッチアウトですから、押せ押せの場面、2つの走塁ミスを犯したことが響きましたね。

 3回にツーアウト2塁で、坂倉がタイムリーを放ち同点に追いつきますが、今永はこの後立ち直りましたので、走塁ミスが無ければもっと違う展開になっていたかも知れません。

最後に

 昨日のアンダーソンの快投で、今後乗って行けそうな雰囲気でしたが、またしても連勝はならず、なかなか上昇機運になりませんね。

 今日、今シーズン始めて横浜DeNAに敗れましたが、ここでズルズルいく訳にはいきません。明日は、森下が登板しますので、何とか勝ってほしいものです。  

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました