カープ新入団選手発表 黒原24 森16へ

スポンサーリンク

カープが本日新入団選手の発表会見を実施

 カープは、本日、新入団選手の発表を行い、会見とともに背番号も披露されました。そこでその背番号から気になったことを書いてみました。

 来季の背番号の予測ついて、先日、ブログに書きましたので、良かったらご覧ください

カープ来季の背番号はどうなるか!?

 

スポンサーリンク

黒原24 森16

 予想では黒原16、森を24としましたが、逆になりました。

 やはり、カープで24と言えば、カープ初優勝時の唯一の一軍左腕、渡辺、往年の大投手左腕大野、3球団競合の上、交渉権を得た当時高校生NO1投手河内など、いずれも左腕が付けています。

 ですから、ここは、ドラフト2位の森ではなく、1位の黒原に左腕のイメージを託したのでしょうか。

 逆に16は、今シーズンまで今村が付けていた番号ですが、かつては山内、長富、安仁屋、古沢、高橋直樹など、右腕が付けています。ただ、こちらも山内、長富などドライチの即戦力投手に与えられているいい番号です。

 ここで、カープ16番のイメージを変えてほしいですね。

スポンサーリンク

中村健人50、末包52

 予想では中村10、末包50としましたが、こちらは見事に外れました。

 まず中村健人の50ですが、一番強いイメージは栗原でしょうか。栗原は入団した2000年から2005年まで50を付け、その後は5に変更されています。

 栗原の後は、鈴木将光が付けています。鈴木は当時の高校生ドラフト1位で入団しますが、入団から退団まで同じ番号を付けています。

 鈴木の場合も、活躍すれば若い番号に変更されたのでしょうけど、なかなか活躍するまでには至りませんでした。その次は、今シーズンまで高橋大樹が付けることになります。高橋の場合は栗原とは逆に、入団当時の25をはく奪され50になったものです。

スポンサーリンク

 次に末包の52ですが、こちらは、全く思い浮かぶ選手はいませんでした。ほとんどが1軍で活躍することなく戦力外となっています。

 中村も末包も、活躍すれば、もっと若い番号に変更されると思うので、早くそうなるように活躍してほしいです。

スポンサーリンク

田村は60

 田村の60ですが、こちらは、安部くらいしか思い浮かびませんでした。ただ、安部も当時の高校生ドラフト1位で入団した選手です。田村は二刀流を断念しそうですし、打者としては好打者タイプですね。

 田村についてはこちらをご覧ください。

 カープに二刀流は似合わない!?

松本は45

 松本は45になりました。これは以外でしたね。

 というのは、45という番号、昔は及川、ランスなど強打者が付けていましたし、最近では松本、桒原と俊足好打のタイプの打者が付けるなど、打者のイメージが強いですね。

 ランスと松本の間で、高橋英樹、シュールストルムなど投手もいたのは事実ですが、これは思いつきませんでした。

 ただ、都市対抗野球を見た感じでは、すぐに戦力になりそうですし、期待大です。

高木は64

 高木は64ですね。同じキャッチャーで今のカープのレギュラー會澤も64からのスタートですし、會澤の後はやはり捕手の多田が付けています。多田はすぐにクビとなりましたが、會澤のように頑張ってほしいです。

10はマクブルームか!?

 今シーズンクロンが付けていた10ですが、新人が付けることはありませんでした。クロンと同様に、外国人選手のマクブルームが付けるのか、別の選手が今の背番号を変更するのか、はたまた、他球団の選手を入団させて付けるのか、わかりませんが、今後注視していきましょう。

(良かったらクリックお願いします)↓ 😛 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ PVアクセスランキング にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました