カープ秋山 8日中日戦で1軍デビュー

スポンサーリンク
雑感

秋山翔吾選手が8日に1軍登録の見込み

 カープに電撃入団し、現在2軍で調整中の秋山翔吾外野手が、8日(金)中日戦から1軍登録される見込みであることがわかりました。当初、佐々岡監督は当面2軍を示唆していましたが、今週にも1軍で秋山の雄姿を見ることができそうです。

 

スポンサーリンク

秋山の打順について

 気になる秋山の打順について、迎打撃コーチは1番、3番、4番であると答えていましたが、マクブルームが好調になってきた今、4番はさすがにないでしょう。となると、有力なのは3番でしょうね。

 今現在、私が考える理想のオーダーは次のとおりです。

打順 ポジション 名前
ライト 野間
セカンド 菊池
センター 秋山
ファースト マクブルーム
サード 坂倉
レフト 上本
ショート 小園
キャッチャー 會澤
ピッチャー ーーー

 1番は、最近、打席で粘りが出てきて、際どいコースはファールで粘れる野間

 2番は、やはり繋ぎ役はNO1、何でもできる韋駄天、菊池

 3番は、ヒットマン、2000本を目指す秋山

 4番は、7月絶好調、唯一の長距離砲マクブルーム

 5番は、開幕から不動の5番、最も頼りになる男、坂倉

 6番は、粘りに加え力強さも出てきた上本

 7番は、好不調の波が激しいものの、好調時は頼もしい小園

 8番は、選手会長、會澤

 もちろん、投手との相性でキャッチャーは変わるでしょうし、また、小園が不振の際には、ショートに上本が入り、レフトは中村健人、羽月あたりも候補になるでしょう。

 ただ、この打順であればジグザグを組めますし、繋がる打順になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

秋山は打てるのか

 現在、私も含めて、秋山がカープに入団してくれたことで有頂天になっていますが、問題は、活躍してくれるかどうかですね。

 確かに、オーナーは、「2軍にいても、その人間性、指導力などでカープの財産になる」と絶賛していますが、やはり1軍でバリバリ活躍してくれることを願っています

 過去、アメリカ球界から日本球界に復帰した野手は、阪神福留、オリックス中島など成績を落とす選手がいる一方、ヤクルト青木、阪神城島、日本ハム新庄など活躍した選手もいます。

スポンサーリンク

 いきなり、大活躍というのは難しいかも知れませんが、本人は新しいリーグ、新しい環境ということで、相当張り切っているのではないかと思います。

 故障が心配ですが、そこそこやってくれそうな予感がしますね。

スポンサーリンク

2軍での成績

 秋山は、2軍デビューの中日戦では、いきなり初打席でタイムリー、2打席目はフォアボールを選んでいます。続く第2戦は、三振、ショートゴロ、レフトフライと3打席ノーヒットでした。

 今日の試合ですが、1軍と同様に中止となりましたので、明日、明後日のソフトバンク戦でしっかり最後の調整をしてほしいですね。

西川の復帰について

 西川が登録を抹消されて、ちょうど1か月が経過しました。

 いまだに、トレーニングを再開したとの情報はなく、もうしばらく時間がかかりそうな感じですね。もし、秋山、西川両者がスタメンとなれば、6番レフト西川となりそうです。

 そうなると、かなりの打線になるのではないでしょうか。

 左偏重かも知れませんが、この中で左投手を苦にする打者はいませんからね。

8日中日戦がデビュー

 当初、佐々岡監督は、しばらく2軍調整を示唆していただけに、秋山の1軍デビューはもう少し時間がかかると思っていました。

 ですから、来週12日からの地元マツダスタジアムでの横浜DeNA戦がデビューではないかと思っていました。

 地元開催、しかも相手は秋山の出身地、神奈川県をホームグランドにしている横浜DeNAですからね。

 ただ、ファンとしてはやはり早く雄姿を見たいですよね。

 カープは、対中日戦の対戦成績が5勝6敗とほぼ互角ですが、バンテリンドームに限ると、1勝5敗と大きく負け越しています。

 ですから、もしかしたら、相性の悪いバンテリンドームについて、何とか秋山の力で流れを変えようと思っているのかも知れません。

最後に

 今週の金曜日に秋山が1軍登録される見込みということで、とても楽しみになってきました。

 残念なのは昨日、宇草が抹消されなかったことです。別に宇草に個人的な恨みがある訳ではありませんが、2軍で振り込んで調子を整えてから、1軍に復帰するプランを選んだ方がいいのではないかと思っています。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

  1. max より:

    秋山は3番より1番なんですよね。
    西武時代3番にした途端に打たなくなりましたし。
    2番に置いても面白いかもしれません。
    1番打者が2人いるという感覚で起用して、序盤に球数投げさせる作戦です。

    西川がいないと考えた場合
    1 センター秋山
    2 セカンド菊池
    3 ライト中村健
    4 ファーストマクブルーム
    5 キャッチャー坂倉
    6 ショート上本
    7 サード羽月
    8 レフト中村奨
    9 投手

    床田登板時は
    1 秋山
    2 菊池
    3 中村健
    4 マク
    5 坂倉
    6 上本
    7 レフト羽月
    8 キャッチャー會澤
    9 床田

    こんなところでしょう。
    ただ、調子の良い選手を優先して起用してもらいたいですね。
    小園が好調ならショートで小園、センターかレフトで上本の選択肢もありです。
    野間は自打球の影響もありそうなので宇草の方がいりませんけど下手したら野間抹消かもしれませんね。

  2. MAXさま
    いつもありがとうございます。
    確かに打順というのは、端から見る以上に選手にとっては繊細なものかも知れませんね。

タイトルとURLをコピーしました