森下が雨中の力投もターリーが一発に泣き、3位阪神に完封負けのカープ、Aクラスが遠のく痛い1敗!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2022年)
DSC_0120

本日の阪神戦は1-0でカープが負け 

チーム
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
阪神 0 0 0 0 0 0 0 1 × 1

 先週末、巨人に連勝し4位に浮上。Aクラス入りに向け今日から3位阪神との直接対決になります。初戦の今日は、雨の中、森下が力投しますが、カープ打線も青柳を打てず終盤まで0-0で進みました。しかし、8回ツーアウトランナーなしから、3番手ターリーが大山に痛恨のホームランを浴び勝負有り。3位阪神の背中が遠のく痛い1敗となりました。

 

スポンサーリンク

森下は雨の中、ピンチでも動じずさすがのピッチング

 今日の先発は、若きエース森下でした。

 森下は1巡目、1番から8番までパーフェクトに抑えますが、9番青柳に内野安打を打たれます。しかし、この場面、青柳のショートバウンドの打球を小園が弾いたものですが、セカンド矢野が見事にバックアップ。ファーストに矢のような送球を見せるも間一髪セーフでした。

 守備だけ見れば、矢野が菊池の後継者1番手でしょうね。

 中盤はピンチの連続でした。4回、ワンナウト後、近本、佐藤の連打で1,3塁のピンチ。ここは大山、ロハスジュニアを打ち取ります。

 5回は、ツーアウトから、青柳、中野の連打で1,2塁。ここは代打糸原をレフトフライに打ち取ります。

 6回は、先頭の近本にフォアボール、すかさず盗塁を決められノーアウト2塁のピンチ。ただ、ここも、佐藤、大山を連続三振、ロハスジュニアをフォアボールで歩かすも、マルテを三振に打ち取りました。

 ここは、雨が激しく、コンディションも最悪でしたが、さすがに森下ですね。

 結局、6回、投球数104、被安打5、奪三振5、与四球2、失点0という内容でした。

 今日は打線の援護なく、勝ち星には恵まれませんでしたが、最悪のコンディションの中、ピンチでも良く粘ったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

リリーフは松本、ターリー

 7回からは継投に入りました。

スポンサーリンク

 7回、松本は、先頭の坂本にヒットを打たれるも、青柳をバント失敗でフライに打ち取ると、中野、糸原を抑えます。

 8回、ターリーは、近本、佐藤を打ち取り簡単にツーアウトを奪いますが、大山に痛恨のホームランを打たれます。これは痛かったですね。 

スポンサーリンク

打線は青柳以下阪神投手陣に苦戦

 今日は、アンダースローの青柳が先発のため、1番から7番まですべて左打者を並べますが、上手く機能しませんでしたね。

 初回は3者連続三振、2回は坂倉の内野安打のみ、3回は三者凡退、4回は先頭の野間が出塁するも後続が倒れます。

 最大のチャンスは5回、先頭の小園がヒット、矢野が送ってランナーセカンド、ここで會澤がセンター前ヒットでワンナウト1,3塁のチャンスを作ります。ただ、ここで森下がスクイズ、キャッチャーゴロになり、サードランナー小園が三本間に挟まれ痛恨のアウト。

 すると、6回、7回、8回、9回と完璧に抑え込まれゲームセットとなりました。

最後に

 今日は青柳対策として、1番大盛、2番野間、3番西川、4番松山、5番坂倉、6番小園、7番矢野、8番會澤と、1番から7番まで左を並べましたが、このような極端な作戦は失敗に終わることが多いです。

 かつての西や秋山のように何回対戦しても勝てないのであれば、このような作戦も有効かも知れませんが、そうではないです。

 ましてや、青柳は、ここ2試合、打ち込まれており、この試合、背水の陣で臨んでいました。何か逆効果になったような気がしてなりません。

 この試合、ホームランを打たれたターリーも含め、投手陣を責めることはできないでしょうね。

 今日から始まった阪神との3連戦。3連勝すればAクラスでしたが、その夢は潰えました。ただ、まだ、Aクラスの可能性がある限り、明日から再チャレンジしてほしいですね。 

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

コメント

  1. max より:

    スタメンからして八百長ですよ。
    アホみたいな左右病ですし、マクブルーム休ませたいにしても松山ファーストはないです。
    おじさんが引っ張るのはやっぱりチームの足ですね。

    森下にスクイズさせるぐらいならヒッティングでいいと思いますけど。だって小園より打てると監督は思ってるんですから。

    • おはようございます。
      昨日は、やはり打線ですね。
      あの打順で自ら勢いを止めたようなものですから、責任は重たいですね。

タイトルとURLをコピーしました