遠藤、小林好投で先発6番手決着せず!! 一方打線は迷い道!!

スポンサーリンク
雑感

本日のオープン戦で先発遠藤は4回無失点

 先発ローテーションの6番手を争う二人、遠藤は先発し4回無失点、小林もリリーフで登板し3回無失点と揃って結果を残しており、6番手はいまだ決まりそうにありません。一方の打線は、再度打順をいじってきましたが、投手に比べ結果を残す選手が少なく、スタメンも苦労しそうですね。

 

スポンサーリンク

6番手は遠藤か小林か

 遠藤、小林共に好投しました。二人とも完璧とまではいきませんが、ランナーを背負っても落ち着いたピッチングで後続を打ちとり、無失点に抑えています。

 結局、遠藤は、4回、投球数43、被安打3、奪三振3、与四球0という内容でした。一方の小林は、3回、投球数36、被安打1、奪三振2、与四球1でしたね。

 カープ投手陣が今シーズンの課題にあげる与四球も、遠藤は0、小林は1ありますが、これは責めに行っての惜しい1球でした。ですから、二人ともよく投げたと思いますね。

 では、先発6番手は遠藤か小林かどちらでしょうか。今日の結果だけでは決めれないでしょう。ただ、当初、佐々岡監督は、小林を先発に入れ、遠藤をロングリリーフに起用する構想を持っていますので、果たしてどうなるでしょうか。

 いずれにせよ、二人とも内容が悪くて悩むのではなく、内容が良くての悩みですから、これは嬉しいことですね。

スポンサーリンク

ルーキー、黒原、松本は中継合格点

 リリーフでの起用を示唆しているルーキーの黒原、松本もそれぞれ1イニングを三者凡退で切り抜けており、このままですと、開幕1軍が濃厚になってきました。

スポンサーリンク

一方の野手は

 嬉しい誤算の投手陣に対し、野手陣は真逆ですね。主力クラスの西川、坂倉、小園、菊池はまずまず仕上がっていますが、レギュラーを確約されていない選手のアピールがイマイチです。 

 ただ、これは首脳陣がコロコロ打順を変えすぎるということも、選手にとっては戸惑いがあるのかも知れません。

 佐々岡監督は、昨日、実戦モードを想定し、DHを解除しましたが、今日は再びDH制を敷いてきました。また、今日も打線をいじり、1番に菊池を入れています。

スポンサーリンク

 首脳陣は一体何を考えているのでしょうかね。昨日のDH解除は何だったんでしょうか。また、菊池は2番が適任なのに何で1番なのか?公式戦でも菊池1番にする構想もあるのでしょうか。全く、よくわかりませんね。

野間は2軍に落とすべき

 今シーズン、キャプテンに指名された野間ですが、いいところがありません。

 特にひどかったのが、8回の打席、ノーアウト1塁で作戦はバントでした。しかし、初球ストライクのボールを中途半端にバントで空振りするなど、2球で追い込まれ、3球目、バスターに切り替えるも、落ちるボールを空振り三振。

 昨日、ツーベースを放ち、オープン戦初ヒットが出ましたが、ここまで11打数1安打、打率091と低迷しています。

 キャプテンだろうが、関係なく、こんなやる気の無い選手は即刻2軍に落としてほしいです。

中村奨成は結果が出ていないが

 結果が出ていない選手と言えば、中村奨成もオープン戦での打率が1割を切っています。

 ただ、今日もヒットはありませんが、当たり自体はそんなに悪い当たりではなく、何かのきっかけでヒットが出るように思います。

 また、課題の守備でも、今日はレフト線を切れていく打球に対し、スライディングキャッチを試みて、見事アウトにするなど、必死さが伝わってきますね。

まとめ

 公式戦開幕まで残り2週間を切り、オープン戦も残り5試合となりました。火曜日からのロッテとの2連戦、そして週末ソフトバンクとの3連戦、ここはもう選手を試す時期ではないので、本気モードで戦ってほしいですね。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました