今日も初回で勝負ありか! カープ今季ワースト5連敗でシラケムード

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0118

本日の中日戦は3-2でカープが負け

チーム
広島 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
中日 3 0 0 0 0 0 0 0 × 3

 昨日は延長12回ドローで、またもや勝ちきれなかったカープ、今日は怪我から復帰の森下が先発しますが、今日も初回、いきなり5連打で3失点、相手が高橋宏斗ですので、非常に苦しい展開になりました。8回、小園のツーランで追い上げるも、反撃はここまで今季ワーストの5連敗で、もはやシラケムードです。

 

スポンサーリンク

森下までも初回に失点

 先発は怪我から復帰の森下でした。

 何とか、立ち上がり抑えてほしいところでしたが、今日も、岡林にヒット、大島の打球はセンター上本がダイビングキャッチを試みるも後逸し2,3塁。

 上本は責められないでしょうね。

 ここで、細川にレフト線を破る2点タイムリーツーベースを打たれると、石川にセンター前ヒット、宇佐見にライト前タイムリーと、何と5連打で3点を先制されます。

 この後は併殺に打ち取りますが、今のカープ打線を考えると、痛い3失点となりました。

 2回以降は、ヒット1本に抑えただけに、何とも悔やまれます。

 結局、7回、投球数117、被安打6、奪三振4、与四球5、失点3という内容でした。

 今日は珍しく5四球ですし、野手のリズムにも影響したかも知れませんね。

スポンサーリンク

リリーフはターリー

 8回はターリーが登板。

 簡単にツーアウトを奪いますが、福永にストレートのフォアボール。

 何で、こうなんですかね。

 ピンチランナーを誘い出してアウトにしますが、それなら、なんで簡単にフォアボールなんか出すのか。

 意味がわかりません。

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、小園、野間、上本、西川、坂倉、菊池、デビットソン、堂林、森下でした。

スポンサーリンク

 秋山が昨日の怪我の影響で抹消されています。 

打線は8回に2点を返すのがやっと

 今日は相手が高橋で、しかも初回3失点となれば、なかなか難しかったですね。

 初回、ツーアウトから上本がヒットを放った後、ヒットがでません。

 7回、ツーアウトから坂倉フォアボール、菊池がヒットで1,3塁のチャンスを掴むもデビットソンがサードゴロ。

 8回、ワンナウト後、代打田中がフォアボール、そして小園がバックスクリーンにホームランを放ち1点差に詰め寄りますが、ここまででした。

 

 

最後に

 今日も初回に3失点では苦しいですね。

 この打線の状態ですから、初回で試合が決まったといってもいいでしょう。

 残念ながら、阪神の追撃はもう諦めるしかない段階に来たように思います。

 ここはCS狙いに切り替え、相手のエースが投げる日は、捨て試合として、それ以外の試合に、床田、森下などを登板させて調整していくしかないかも知れません。 

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 1957年、カープに移籍すると、この年、一軍でのプロ初出場を果たし、1960年代、カープの正捕手として活躍、打撃力は弱いものの、2度のサヨナラヒットを放つなど、印象に残るバッティングを披露、引退後は指導者として、道原、達川らを育てるとともに、古葉、阿南両監督に仕え、5度のリーグ優勝と3度の日本一に貢献した田中尊氏

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました