カープ2位なるか!? 明日のDeNA戦は大一番

スポンサーリンク
雑感

カープとDeNAのゲーム差は2

 カープは昨日、中日相手に6点差をひっくり返すも、栗林、大道が得点を奪われ痛いサヨナラ負け、一方、3位のDeNA,4位の巨人はいずれも勝利しており、DeNAとは2ゲーム差、巨人とは4.5ゲーム差、カープの残り試合数が少なく、2位確保が微妙になってきました。

 

スポンサーリンク

カープの残り試合

 カープは残り7試合。

 対戦相手はDeNA、巨人、ヤクルトが1試合、中日、阪神が2試合となっています。

 ここまで、カープはDeNA、巨人、ヤクルトには勝ち越し、中日には五分、阪神には負け越しています。

 また、地元マツダスタジアムで6試合、敵地では東京ドームで1試合です。

 相性からいくと、まずまずかとは思います。

スポンサーリンク

明日のDeNA戦が大一番

 DeNAとの対戦成績は勝ち越しているものの、厄介なのは明日の先発が、現在、最多勝の東ということです。

 東はカープ相手に3勝0敗。防御率1.95、しかもマツダスタジアムにおいては防御率1.20と、セリーグ球場では一番の数字で、全く敵地を苦にしていません。

 一方のカープは大瀬良、DeNA相手に今季は1勝、防御率3.18となっています。

 この数字だけを見ると、カープが劣勢。しかも故障者続出です。

スポンサーリンク

明日、万一負けると

 明日、カープが負けると、その差は1ゲーム差

 DeNAの方がカープより3試合多く残しているので、圧倒的に不利になります。

救いはDeNA、巨人の星のつぶし合い 

 救いは、DeNAが巨人と4試合、残しているということです。

 DeNAは今季、巨人に対し9勝12敗と負け越しており、ここで、巨人が勝ち越すようなことになれば、カープにとっては有利でしょうね。

 ここもポイントになりそうです。

先発投手陣の奮起に期待

スポンサーリンク

 カープ自体も、決して調子がいい訳ではありません。

 特に先発投手陣が、九里以外、総崩れの状態です。

 明日は大瀬良、九里は日曜日の2試合投げるでしょうが、後の4試合、床田、森下、森と、大瀬良がもう1試合投げるのか、また、玉村、遠藤でも上げるのかどうかというところですかね。

 床田、森下は抹消しているので、しっかり調整してきてほしいです。

上本、菊池、西川、野間は

 現在、主力の故障者は上本、菊池、西川、野間です。

 上本は、本日、2軍で実戦復帰し3打数1安打、ただ、明日もファームで調整し、23日の巨人戦から合流するようです。

 菊池、西川は21日以降、再登録可能ですので、こちらも最短で23日以降になります。

 野間は27日以降となっています。

最後に

 とにかく、明日が大一番となるでしょう。

 明日勝てば、2位に大きく前進すると思います。

 大瀬良が何とか粘ってほしいですね。 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープランキング
広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブをアップしています。

 1980年代、カープの足のスペシャリストとして、主に代走専門11年間在籍するものの、打席はわずか31、ヒットも5本、長打もツーベース1本だけ、また、守備に就くことも極めて少なく、通算62盗塁を記録した今井譲二氏です。なお、現役引退後は、地元、熊本に戻り、野球専門学校・プロフェッショナル・ベースボール・アカデミーの塾長として、令和の三冠王、ヤクルトの村上や、阪神の岩貞らを育てています。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました