カープ玉村の好投、大技、小技で4連勝 勝率5割に!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0118

本日の巨人戦は4-2でカープが勝ち

チーム
巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2
広島 0 0 2 2 0 0 0 0 × 4

 4連敗後3連勝で、借金を1としたカープ、このまま4連勝としたいところ、初回、いきなりオコエに先制ホームランを打たれますが、2巡目となった3回以降、秋山のタイムリー、マクブルームの犠牲フライ、デビットソン、田中広輔のホームランで逆転、最終回、栗林が中田にホームランを浴びますが、4-2で逃げ切り、4連勝、勝率5割に戻しています。

 

スポンサーリンク

玉村が好投

 今日の先発は玉村でした。

 初回、初球をいきなりオコエにホームランを打たれますが、動揺することなく、3人で抑えます。

 2回は、ワンナウト後、大城にヒットを打たれるも後続を抑えます。また、3回、ワンナウト後、再びオコエにヒットを打たれますが、坂倉が盗塁を刺します。これは大きかったですね。

 すると、4回三者凡退、5回不運な当たりでランナー一人許すも後続を断ちます。

  6回は、ツーアウト後、岡本にヒットを打たれますが、中田を抑えます。

 ただ、7回、先頭の大城にヒット、ブリンソン、代打吉川と2者連続三振に打ち取ったところで、降板しています。

 結局、6回2/3、投球数99、被安打7、与四球0、奪三振5、失点1という結果でした。

 やはり、昨日の床田同様、与四球0と制球力が良いので、安定していましたね。

 昨年からも成長を感じます。

スポンサーリンク

リリーフは、松本、ターリー

 7回イニングの途中でマウンドに上がった松本は、松田を三振に打ち取ります。

 8回は、ターリーが登板し、オコエをライトフライ、坂本をサードライナー、長野をセンターフライと三者凡退に抑えます。

 9回は、先頭の岡本の打球、この回からショートに入った小園が好捕、ファーストに入った韮沢も上手く取ります。

 続く中田にホームランを打たれますが、大城、代打丸を打ち取り、試合終了となります。

スポンサーリンク

スタメンは野間、田中広輔が復帰

スポンサーリンク

 今日は、巨人の先発が右の赤星ということもあり、菊池、野間、秋山、マクブルーム、西川、デビットソン、坂倉、田中広輔、玉村と、野間、田中広輔がスタメンに復帰します。

大技、小技で逆転

 カープは先制されますが、3回、ワンナウト後、菊池がヒット、野間のランエンドヒットで1,3塁、ここで秋山タイムリーで、再び1,3塁、ここでマクブルームが犠牲フライで逆転します。

 4回も、マクブルーム、田中広輔のホームランで中押しに成功。

 今日は、足を使い、タイムリー、犠牲フライ、ホームランと、大技、小技を使い、いろんな手段で点を取れているのは、3連覇当時を思い出す、強いチームの点の取り方ではないでしょうか。

最後に

 今季、4連敗でスタートしますが、雨を挟んで4連勝で勝率5割に戻しました。

 やはり、恵みの雨になったようですね。

 小園が外れ、打線が繋がり、先発投手が粘っていますし、いい流れではないでしょうか。

 また、デビットソンが今日もホームランでリーグトップの第4号と、嬉しい誤算もあります。

 火曜日からは中日と2連戦、そして週末にはヤクルトと3連戦、この勢いで頑張ってほしいですね。

(良かったらクリックお願いします)↓😄

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 
広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 今回は、地元、呉港高校から南海に入団すると、1966年には、二塁手と三塁手、2つのポジションで、ベストナイン最多得票を集めるなど、南海の優勝、日本一に貢献、その後、カープに移籍すると、ムードメーカーとして、選手を鼓舞、初優勝には絡めませんでしたが、選手への影響力を誇示した、ゴリさんこと、国貞泰汎氏です。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました